だらだら無気力ブログ!

だらだらと毎日を過ごす映画好きな野郎のブログ。
映画の感想や日々の思ったことを書いてます。

永遠の0

2013-12-28 23:51:10 | 映画(あ行)

日本
ドラマ/戦争

    * * * * * * * *

放送作家として活躍する一方、小説でもヒットを連発する百田尚樹のデビュー
作にして一大ベストセラーとなった同名小説を「ALWAYS 三丁目の夕日」の
山崎貴監督が映画化した戦争ドラマ。
現代の青年が、零戦パイロットだった祖父の戦死の謎を調べようとかつての
戦友のもとを訪ね歩く中で、戦争の不条理と向き合っていく姿を描く。
出演は零戦パイロットの青年・宮部久蔵に岡田准一、その妻・松乃に井上真央、
そして2人の孫で調査を進める青年・佐伯健太郎に三浦春馬。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

司法試験に落ちて進路に迷う青年、佐伯健太郎。ある日、今の祖父とは血の
つながりがなく、血縁上の祖父が別にいることを知る。
その実の祖父の名は、宮部久蔵。太平洋戦争で零戦パイロットとして戦い、
終戦直前に特攻出撃により戦死していた。
そこで宮部について調べ始めてみると、かつての戦友はみな口を揃えて宮部を
臆病者と非難した。天才的な操縦技術を持ちながら、生きて還ることに執着
した腰抜けだと言うのだった。
にもかかわらず、なぜ宮部は特攻に志願したのか。
やがて、ついに宮部の最期を知る人物に辿り着く健太郎だが…。
                                                              (allcinemaさんより抜粋)
    * * * * * * * *

一本目に観た『ウォーキング with ダイナソー』にがっかりしたので、
このまま帰るのもアレなので、続けて本作を観ることに。

最後の所は蛇足かな。

昔は、この手の映画を見ても涙腺が緩むこと無かったんだけど、最近は
年取ったからなのか、妙に涙腺が弱くなったのかうるうるしちゃうシーンが
あって、個人的にはなかなかに見応えある内容で良かった。

空母赤城をはじめ零戦のCGなどは見事な出来映えで素晴らしかったし、
岡田准一をはじめとする俳優陣の演技がよかった。

ただ、あれだけ生にこだわって生きて妻子の元に戻ることに固執していた
宮部が特攻隊に志願したのが何だか逃げに思えた。
教え子達が特攻隊として戦果を上げることなく無駄死にしていく様を
見ていて精神がおかしくなってたのかもしれないが、生きて妻子の元に戻る
っていう決意はその程度だったのかなぁって思えてしまった。

最後に現代のシーンで健太郎の前に零戦に乗った宮部が現れるシーンは、
余計だったような気がする。

お薦め度:★★★★☆(4/5)

にほんブログ村 映画ブログへ

クリックしてくださった方、ありがとうございます。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (8)   トラックバック (53)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウォーキング with ダイナソー | トップ | 武士の献立 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ふじき78)
2013-12-29 09:45:12
宮部が特攻隊に志願する心情が詳しく語られない事と、最後のタイムスリップみたいな奴はあかんですね。

でも、よく作ってあると思います。揺さぶられました。
>ふじき78さん (はくじ)
2014-01-04 22:23:02
こんばんは。
コメントありがとうございます。

最後のタイムスリップみたいなところを覗くと、
結構ジーンとくるものがあって、涙ちょちょぎれるん
ですが、最後のアレで涙が引いちゃった感じです。
とは言え、素晴らしい作品です。
蛇足も必要 (iina)
2014-01-12 09:03:01
>あれだけ生にこだわって生きて妻子の元に戻ることに固執していた宮部が特攻隊に志願したのが何だか逃げに思えた。
この箇所は、やはり映画を見る者に伝わりませんね。
異常下での軍隊生活に精神がおかしくなったのでしょうか。

「ダイナソー」にがっかりのコメントですが、当方も「プレーンズ」と「ルパン三世vs名探偵コナン」は、がっかりでした。
そんなときは、だらだらさんイエイエはくじさんのように、お口直しに映画をもう1本見る手もあります。なにしろ、むかしは2本立てとか3本立てが当たり前の時代でした。
うーん (sakurai)
2014-01-16 10:10:58
あの宮部の飛行はありだと思ったなあ。
あの最期の表情は准ちゃんの最高のショットだったと思います。
単なるひいき目かな。
何と言っても年寄りたちの言葉が素晴らしかったです。
特に田中さんと夏八木さん。
遺言として拝聴しました。
最後のアレは… (りお)
2014-02-03 19:18:45
こんにちは。
わたしも、最後のアレは蛇足だと思いました。
わざわざ姿を見せなくても良かったのになーって。
でも、はくじさんはこの作品の評価が高いんですねえ。
>りおさん (はくじ)
2014-02-05 00:19:17
こんばんは。
コメントありがとうございます。

個人的にはあの演出でちょっと萎えましたが、
全体的にウルっとできたので評価高めです。
うーん…。 (Ultima)
2014-08-01 09:25:29
最後のアレは、現代の三浦春馬(孫)がおぼろげでしかなかった祖父の姿がはっきりと認識できた瞬間の表現だったと思います。
そういう文脈の中で、祖父の宮部久蔵が孫に「日本の将来を頼むぞ」と敬礼して特攻に出かけていったシーンだと解釈しています。
小林よしのりの『戦争論』でも冒頭に「今の平和は、誰のおかげで手に入ったか? タダで手に入ったと思ってるような日本人…」という感じのメッセージで始まりますが、孫もそれと似たような心境に陥ったのでしょう(歩道橋から平和そうな人々のカットがインサートされるところからも)。

私も最初にそれらのシークエンスを見たときはクサイ演出かなと確かに思いましたが……しかし、孫のドラマを収束させるには必要な部分だったと思い直しました。
見せ方の工夫次第で違った印象になったのかもしれませんが、作劇法としては間違いではないです。孫の気持ちを投げっぱなしで終わるよりかは良かったのでしょう……。
>Ultimaさん (はくじ)
2014-08-03 12:52:21
こんにちは。
コメントありがとうございます。

そういう解釈なんだろうなぁと思ってはいたんですが、
その前にくさい演出で何だかなぁっていう気持ちの方が
まさっちゃいました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

53 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
永遠の0~脱力低空飛行 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。百田尚樹原作、山崎貴監督。岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋 ...
映画『永遠の0』観たよ~ウゥッ・・・(´;ω;`)  (よくばりアンテナ)
わはは。 公式HPで自分の名前入りのポスター画像が作れるっていうんでやってみた♪ ま、そういうことです。 原作で さんざん泣いたので、 まともに作っていれば絶対泣いちゃうってわかっていたので、 映画が始まる前からハンカチ用意してました。 隣の人も...
「永遠の0」☆青い空に泳ぐゼロ戦 (ノルウェー暮らし・イン・原宿)
今年の本屋大賞で話題の百田尚樹原作のベストセラー小説「永遠の0」だから、気になっていたのだ。 とはいえ、ジャニーズアイドルとイケメン若手俳優の起用では、期待も薄いなぁーと思っていたのも正直なところ。 ところがっ!!こんなにいい映画だったとはっ!
永遠の0 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4,5点】(P) 映画のラストで冒頭の葬儀シーンの重さを知ることに。
永遠の0 (うろうろ日記)
試写会で見ました。 【私の感覚あらすじ】春馬君が本当の亡くなったお爺さんの軌跡を
『永遠の0』 (時間の無駄と言わないで)
映画館で泣いちゃった。 でも邦画にありがちな重い病気か人死にで泣かせるタイプじゃなかった。 そもそも特攻隊っていうあざとく狙っていけば幾らでも涙を搾り取れる題材なのに結 ...
劇場鑑賞「永遠の0」 (日々“是”精進! ver.F)
心に、生き続ける… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201312210001/ 【送料無料】永遠の0 [ 百田尚樹 ]価格:920円(税込、送料込) 【送料無料】【コミック・書籍全巻セット】【3倍】永遠の0(コミック版) 1-5巻...
「永遠の0」祖父の生きた足跡を知った先にみた生き抜く努力の先に本当に守るべき者たちの姿がある事を残された人たちに継承していた (オールマイティにコメンテート)
「永遠の0」は2004年に祖母を亡くした孫の娘と息子がかつて祖母の夫であった祖父の太平洋戦争での足跡調べていく事でかつて祖父がどんな人物であり、何を託して行ったのかを知 ...
映画 永遠の0 (こみち)
JUGEMテーマ:映画館で観た映画    ゼロ戦が旋回する姿や航空母艦が水上を走っている姿は   美しかった。そして宮部久蔵の人物像を追って行って判った事実は悲しいものでした。そして、祖母松乃と清子を支えた賢一郎や景浦が ...
永遠の0 (あーうぃ だにぇっと)
永遠の0@イイノホール
『永遠の0』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「永遠の0」□監督 山崎 貴□脚本 山崎 貴、林 民夫□原作 百田尚樹 □キャスト 岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田 岳、新井浩文、染谷将太、       三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中 泯、山本 學、風吹ジュン、    ...
生きねば!『永遠の0』 (水曜日のシネマ日記)
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを実写版映画化した作品です。
永遠の0  監督/山崎 貴 (西京極 紫の館)
【出演】  岡田 准一  三浦 春馬  井上 真央 【ストーリー】 祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵の存在を聞いた佐伯健太郎。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争の終戦間際に特攻隊員として出撃した零戦パイロットだったという祖父のことが気に掛....
永遠の0 (Akira's VOICE)
命を生む零。  
『永遠の0』を新宿バルト9シアター9で観て、イビツだとしても好きよふじき★★★★(ネタバレあり) (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【★★★★おそらくイビツな映画】 原作未読。 これには泣かされる。 でも、私はひねくれ者だから、 映画としては変な作りじゃないかって異は唱えておきたい。 ...
永遠の0/岡田准一、三浦春馬 (カノンな日々)
百田尚樹さんの同名ベストセラー小説を岡田准一さんの主演で『ALWAYS』シリーズなど手がけてきた日本のVFXの名手・山崎貴監督が映画化した作品です。今夏に零戦開発者の堀越二郎さん ...
『永遠の0』 2013年12月7日 東宝試写室 (気ままな映画生活(適当なコメントですが、よければどうぞ!))
『永遠の0』 を試写会で鑑賞しました。 面白い映画でした 戦争ってなんだろうと考えてしまいますね。 【ストーリー】  祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)の存在を聞いた佐伯健太郎(三浦春馬)。進路に迷っていた健太郎は、太平洋戦争...
永遠の0 (花ごよみ)
百田尚樹の同名小説の映画化。 監督は山崎貴 主演は岡田准一。 この小説の主人公、 宮部久蔵を演じます。 孫の健太郎には三浦春馬。 井上真央、染谷将太、新井浩文、濱田岳等が共演。 健太郎(三浦春馬)が血のつながった 祖父である宮部久蔵(岡田准一)が、 な...
映画「永遠の0」を観ました!!(2013-20) (馬球1964)
映画「永遠の0」を観ました!!息が出来ません!!
永遠の0 (とりあえず、コメントです)
百田尚樹著のベストセラー小説を山崎貴監督&岡田准一主演で映画化した戦争ドラマです。 原作がとても良かったので、この物語をどのように映像にするのだろうと楽しみにしていました。 丁寧に主人公の心を追った展開に、静かに激しい時代の波に引き込まれていくような作品...
映画「永遠の0」 (FREE TIME)
映画「永遠の0」を鑑賞しました。
永遠の0 ★★★★★ (パピとママ映画のblog)
零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視点から、“海軍一の臆病者”と呼ばれたパイロットの真実の姿を、現代と過去を交錯させながらつづっていく。主人公の特攻隊員役...
ショートレビュー「永遠の0・・・・・評価額1650円」 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
60年後に、届いた想い。 実に見応えのある、堂々たる力作である。 百田尚樹の原作はだいぶ前に読んだが、なんと文庫本のベストセラー歴代1位を更新する大ヒット作となったらしい。 長大な原作の映像化がどうあるべきか、おそらく既読者は色々言いたい事も多いだろう...
永遠の0 (★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★)
2013/12/21公開(2013/12/10試写) 日本 144分監督:山崎貴出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功、夏八木勲 [Story]祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父...
永遠の0 (はるみのひとり言)
試写会で観ました。原作未読、サザンの曲が流れる予告でもうお腹いっぱいで、映画はそこまで感動しないんだろうなとちょっと冷めた状態だったんですが・・・すごく良かったです!感動しました。ウルウルなりっぱなしでした。祖母・松乃の葬儀で実の祖父の存在を知った健太...
永遠の0 (ハリウッド映画 LOVE)
監督:山崎 貴 出演:岡田准一, 三浦春馬、井上真央、 濱田岳、 新井浩文、 染谷将太、 三浦貴大、 上田竜也、、、
[映画まとめ語り 『ハンガーゲーム2』『プレーンズ』『永遠の0』(時間無くマジ寸評)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・『ハンガーゲーム2』  面白かった。  独裁国家が、自国の統治を盤石にするために、1年に一回、選ばれた国民の殺し合いのゲームを行う中での、それに選ばれたヒロインの物語、の前作で勝ち抜いてからのその後の続編。  前半は、なかなか肝心のハンガーゲー...
永遠の0 (ダイターンクラッシュ!!)
2013年12月26日(木) 20:40~ 109シネマズ川崎1 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 木村ヤマト以来の汚名返上 『永遠の0』公式サイト JAZZ WITH KAZZの小林和仁氏が、決して認めない山崎貴。ドラえもん最終話(素人作)の盗作疑惑のある...
永遠の0 (試写会) (風に吹かれて)
臆病者の戦闘機乗り公式サイト http://www.eienno-zero.jp12月21日公開原作: 永遠の0 (百田尚樹著/講談社文庫)監督: 山崎貴  「リターナー」 「ALWAYS 三丁目の夕
永遠の0 (Diarydiary! )
《永遠の0》 2013年 日本映画 祖母の死をきっかけに戦争中に亡くなった祖父の
永遠の0 (いやいやえん)
これは戦争ものじゃなくて、ヒューマンドラマでしょうね。 司法試験に落ちて進路に迷う健太郎は、祖母の葬儀の日に驚くべき事実を知らされる。実は祖母にはなくなった夫がいて再婚だったというのだ。 本当の祖父の名前は、宮部久蔵。60年前の太平洋戦争で零戦パイロ...
永遠の0 (映画情報良いとこ撮り!)
永遠の0 海軍一の臆病者と言われた祖父宮部久蔵のことを知りたくなり、戦友を訪ね話を聞く。 佐伯健太郎は、進路の迷いからか、彼の人生から何かを得ようとしているのか? 腕はピカ一だった祖父が、生きて帰ることにこだわったこととは。 健太郎は、自分の人...
「永遠の0」みた。 (たいむのひとりごと)
年末にふさわしい大作映画だった。『男たちの大和』あたりからか、日本の戦争映画もずいぶんと趣きを変えてきているように感じていたが、この作品も、この時代に精いっぱい生きた歴史的には名もなき兵士の生き様と彼
永遠の0 (そーれりぽーと)
先に観に行った甥っ子(小学六年生)が絶賛していた『永遠の0』を観てきました。 ★★★★★ 戦争を知らない世代の日本人に命の尊さと戦争の愚かさを改めて訴え掛ける、とても大切なメッセージのこもった映画です。 こんな命の礎の上に戦後反映した国家の総理大臣が、散...
期待していたんだけどなあ…(ソードアート・オンラインとか魔女っこ姉妹のヨヨとネネとか) (アニヲタ、ゲーヲタの徒然草(仮))
明けましておめでとうございます! 今年も宜しくお願いします。本年もアニメ、映画(あと、今年は大河を見る予定なのでそれも入れるかな)などの感想を書いていくつもりです。相 ...
永遠の0 (勝手に映画評)
130万部の同名の大ヒット小説の映画化。本日二本目。そして、今年(2013年)最後の作品です。 実は(と言うか、当然に)原作も読んでいて、今回の映画鑑賞のために再読してみました。泣きました(苦笑)。 その原作の感動がどこまで、映画で描かれていたtかというか、う~...
永遠の0 (にきログ)
さて、こちら年末年始の戦争もの映画ですね 私は数年前に原作をすでに読んでいて、今回の映画も楽しみにしていました ちなみに原作の感想はこちら 読んだのが数年前だったため細部はうろ覚えでの鑑賞でした あらすじ 祖母の葬儀の席で会ったことのない実の祖父・...
永遠の0 (心のままに映画の風景)
司法浪人の佐伯健太郎(三浦春馬)は、祖母松乃の葬儀で、賢一郎(夏八木勲)が実の祖父ではないことを知る。 本当の祖父は、太平洋戦争で特攻により戦死した宮部久蔵(岡田准一)であると教えられた健太郎は、姉の慶子(吹石一恵)に、宮部について調べてみようと誘...
永遠の0 2Hドラマ(中身60分)で良かったかな。 (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【今年1本目】 妻と約束していたので今年最初の映画はこれになった、ファーストディで109シネマズ湘南。 元旦のテラスモール湘南はすっごい大賑わい、孫への買い物をしたり、あらと&うっちーとこの王子への出産祝いをむちゃくちゃ思い入れ込めて(妻には「それでええ...
永遠の0 2Hドラマ(中身60分)で良かったかな。 (No War,No Nukes,Love Peace,Love Surfin',Love Beer.)
【今年1本目】 妻と約束していたので今年最初の映画はこれになった、ファーストディで109シネマズ湘南。 元旦のテラスモール湘南はすっごい大賑わい、孫への買い物をしたり、あらと&うっちーとこの王子への出産祝いをむちゃくちゃ思い入れ込めて(妻には「それでええ...
「永遠の0」 (ここなつ映画レビュー)
次男がこの作品を観たいと切望した時、原作未読の私は、戦争を美化した話だったら嫌だな、と思ってなかなかうん、と言えませんでした。 戦争は、怖い。でも戦闘機はカッコいい。単純な小学生男子の発想。特に戦闘物が好きな次男にしてみれば、ゼロ戦が戦闘する所、見た...
永遠の0 (愛猫レオンとシネマな毎日)
有楽町のTOHOシネマズ日劇にて鑑賞。 上映されたスクリーン1は、スタジアム形式の大劇場で、約950席もあります。 昨年の暮れ、ここで「レ・ミゼラブル」を見て、大きなスクリーンと観客のマナーの良さに 感動しました。 地方に住んでいると、映画を見ることに...
永遠の0 (to Heart)
この空に願う、未来――壮大な愛の物語。 製作年度 2013年 上映時間 144分 原作 百田尚樹 脚本 山崎貴/林民夫 監督 山崎貴 出演 岡田准一/三浦春馬/井上真央/濱田岳/染谷将太/新井浩文/三浦貴大/上田竜也/吹石一恵/山本學/橋爪功/夏八木勲 零戦搭乗員の悲劇を描いた百田...
【永遠の0】語り継ぐ物語 (映画@見取り八段)
永遠の0     監督: 山崎貴    出演: 岡田准一、三浦春馬、夏八木勲、井上真央、濱田岳、新井浩文、染谷将太、三浦貴大、上田竜也、吹石一恵、田中泯、山本學、風吹ジュン、平幹二朗、橋爪功 公開: 2013年12月21日 2013年12月25日。劇場観賞。 原作は百田尚...
永遠の0 (迷宮映画館)
泣いた!泣きおさめ。
永遠の0 (映画的・絵画的・音楽的)
 『永遠の0』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)戦争物の映画は正直あまり見たくはないのですが、評判がとてもいいものですから、映画館に出向いてみました。  物語(注1)は、司法試験に4回落ちている健太郎(三浦春馬)が、姉の慶子(吹石一恵)と一緒に、自分の血の...
永遠の0 (タケヤと愉快な仲間達)
監督:山崎貴 出演:岡田准一、三浦春馬、井上真央、濱田岳、染谷将太、吹石一恵、風吹ジュン、橋爪功、夏八木勲 【解説】 零戦搭乗員の悲劇を描いた百田尚樹のベストセラーを、『ALWAYS』シリーズなどの監督・山崎貴が映画化した戦争ドラマ。祖父の歴史を調べる孫の視...
永遠の0 (映画三昧、活字中毒)
■ 新所沢レッツシネパークにて鑑賞永遠の0 2013年/日本/144分 監督: 山崎貴 出演: 岡田准一/三浦春馬/井上真央/濱田岳/新井浩文 公開: 2013年12月21日 公式サイト 2004年。司法浪人中の佐伯健太郎は、母方の祖母である大石松乃の葬儀で、祖父の賢一郎は...
永遠の0 (♪HAVE A NICE DAY♪)
戦争を扱った作品だから・・・どうしようかな~・・・と思いながらも 観に行って来ました。 やっぱり切なくて号泣ではないのだけど 何度も涙が。なので終わって鏡を見たら しっかりと泣いた目になってました。 この戦争があった時代というのは、本当に お国の為に命を...
永遠のゼロ (LIFE ‘O’ THE PARTY)
原作は未読。 だから純粋に映画だけに関してのわたくしの印象・
永遠の0 (B-scale fan's log)
公開中 山崎貴監督     出演 岡田准一、三浦春馬、吹石一恵、     井上真央、吹雪ジュン、夏八木勲 他 新評価 3.0 (いい映画) ずいぶん前に書店で「店員が薦める本」とあったで、 戦史好きとして手に取ったものの、そっと戻した小説。 映画化で話題な...
永遠の0 (miaのmovie★DIARY)
永遠の0 DVD通常版(2014/07/23)岡田准一、三浦春馬 他商品詳細を見る 【eien no zero】 制作国:日本 制作年:2013年 司法試験に落ちて進路に迷う佐伯健太郎は、祖母・松乃の葬儀の日に 驚くべき事実を知らされる。実は自分と祖父・賢一郎には血のつながり が無く...
永遠の0 (のほほん便り)
岡田准一、「図書館戦争」といい、大河といい、もうアイドルという枠におさまらない、華を持ち併せた、堂々の役者さんですね。彼の熱演が素晴らしかったです。孫の佐伯健太郎(三浦春馬)による、聞き取り方式というか、関わった方々の語り部方式で、だんだん、顔も知らな...