after you

変化する、日々の暮らしの記録です

一の坂川に沿って

2017年05月26日 16時13分33秒 | AF-S 105mm F1.4E ED

Nikon AF-S NIKKOR 105mm F1.4E ED ( f/1.4 NikonD3X )

後河原で生まれ、仕事場に選んだ山口ですが、仕事を調整したことも影響して、このところ行くことが少なくなりました。

でも時間が取れると一の坂川周辺や竪小路、そして大殿大路付近を歩きます。

そこには様々な生活や暮らしがありますが、古い街並みとそこに暮らす方達の町に対する思いが、いまも息づいています。

そうした風景は変化しますが、変わりながらも受け継がれているようです。記録にとどめたい光景です。


こんな居酒屋、いつか立ち寄ってみたいものです

もうすぐ一の坂川にもホタルが舞います

(全て開放で撮影。新しい105mmは本当に素晴らしいレンズです)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MC561J/A

2017年05月19日 18時57分56秒 |  AF-S 24mm F1.4G ED

Nikon AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED58mmF1.4G( NikonD3X )

仕事で一生懸命働いてくれているのが_MacPro 2010 MID です。7年前のモデルなので引退寸前かもしれません。

なのに手離せない訳があります。銀箱と呼ばれるこのタイプは2012年で最後になりますが、素晴らしい拡張性を備えているからです。

今のApple にはありませんが、PCを発展させていく楽しみが盛り込まれています。

その一つがCPUの変換です。CPUはボード自体が引出せる構造で、当初ここに2.4GHzクアッドコア Xeon 5620が乗せられていました。

これを 3.46GHz までアップグレードできますが、今回は電源への負担とコストを考え、2.93GHz_6 core Xeon 5670×2にしました。

メモリーを48GBに増設し、ビデオカードは性能が倍のものに交換。以前USBは3.0に、起動ディスクはSSD_SATAIIIにしているので、

Mac は定年前から一気に40代に_そんな印象です。もう少し、Macとともに、私も働けるかもしれません。


一昨年、父が大胆に剪定したので心配でしたが、ブラシの木が元気を取り戻し、沢山の花をつけました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第29回

2017年05月12日 21時37分04秒 |  AF-S 24mm F1.4G ED

Nikon AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED58mmF1.4G( NikonD3X )

29回目を迎えた「山口100 萩往還マラニック大会」の始まりは五月二日、250kmの部のスタートで始まりました。

午後6時前、数百人のランナーがスタートに備えます。

ゴールは二日後の五月四日、ランナーを迎えるスタッフも朝のうちは余裕の表情です。

ゴールする方もまばらなので、気軽に撮影に応じます。

それから数時間後、タイムアウトが迫るとそんな余裕はどこにもありません。次々とゴールされる方々の対応に追われます。

そして午後六時過ぎ、タイムアウトで大会を終えました。

この大会も来年終わりをむかえます。その後の計画は未定のようですが、多くのファンが次の何かを期待されているかもしれません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Bee

2017年05月05日 18時15分42秒 | AF-S 105mm F1.4E ED

Nikon AF-S NIKKOR 105mm F1.4E ED ( f/1.4 NikonD3X )

小指の先ほどのハチくんが、庭先で働いています。bee_はハチですが、「よく働く人」という意味も持っています。

謙遜になることができれば、小さな存在から多くの事を学べる象徴かもしれません。

そしてこの方達も働き者です。これから48時間かけ250kmを走破するために出走地点の瑠璃光寺に向かうランナーです。

そして私と妻も_夜明け前からタイムアウトまで_約14時間の撮影の始まりです。



友人からいただいたジャーマンアイリスが、たくさんの花を咲かせ始めました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鮎の子

2017年04月28日 22時06分40秒 | AF-S 105mm F1.4E ED

Nikon AF-S NIKKOR 105mm F1.4E ED ( f/1.4 NikonD3X )

周南に仕事に出かけ、お昼、側にあった小さな川のそのほとりで食事を取りました。水曜日に降った雨で幾らか濁りが残る中

鮎の子供が目の前にある、小さいけれども水量のある関を懸命に登ろうとしていました。

その川に鮎が遡上していることは、ほとんど誰も知らないかもしれません。

九州から来た友人が周南には水量の豊かな川がたくさんあるので驚いた_と言っていましたが、

かつて_それは昔と言っても良いかもしれませんが、県内の多くの川には鮎の稚魚が遡上していました。

存在が知られると竿を持った怖い人間に追われてしまいますが、この川ではそんなことはないはずです。

その子の_こどもたち_がまた帰ってきてくれると良いのですが。

(正確ではありませんが、庭に咲くコブシの仲間です)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自宅周辺

2017年04月21日 23時00分14秒 | AF-S 105mm F1.4E ED

Nikon AF-S NIKKOR 105mm F1.4E ED ( f/1.4 NikonD3X )

先週、友人たちと花見を計画したのですが、その日はあいにくの雨。忙しい人達ですから「また今度」はウソになります。

それで料理を持ち寄り我が家に集まりました。

道の向こうににアパートが建ち、窓越しに桜を見ることができませんが、楽しい午後の集まりになりました。

メダカも鉢の底から伸びてきたオモダカを楽しんでいます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

改装工事

2017年04月14日 21時15分46秒 | AF-S 105mm F1.4E ED

Nikon AF-S NIKKOR 105mm F1.4E ED ( f/1.4 NikonD3X )

仕事と雨を避けながら、ひとりコツコツと進めた改装が終わりました。

強浸透性プライマー(シーラー)の上に、塗料は屋根も壁も扱いやすい水性シリコン、木部にはキシラデコールを、

窓などの建具は水に強い赤松を使いました。

この先何年も快適な状態を保ってくれると良いのですが。

 

玄関前に花蘇芳(ハナズオウ)があります。元気の良い木ではありませんが、きちんと季節を伝えてくれる賢いヤツです。

作業を始めた頃は小さくてまだ固い蕾でしたが、今日が満開のようです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヤギくん

2017年04月07日 19時49分02秒 | AF-S 105mm F1.4E ED

Nikon AF-S NIKKOR 105mm F1.4E ED ( f/1.4 NikonD3X )

週の半ば、友と田畑が残る郊外を歩きました。まだ田畑は冬の状態から大きく変わっていませんが、

植物たちは人の目をよそに、この時節を楽しんでいるようです。



そこで目にしたのが、遠目に「ポニー」と間違えてしまったヤギ君です。段々畑を任されて、伸びる草と格闘しています。

声をかけると尻尾を振り、離れると追いかけてきます。彼も一人で寂しいのかもしれません。


 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

向島小学校

2017年03月31日 19時48分01秒 |  AF-S 24mm F1.4G ED

Nikon AF-S NIKKOR 24mm F1.4G ED ( f/2.8 NikonD3X )

事務所を造って17〜8年が経ち、傷みが出てきたので、仕事の合間を利用して大規模な改装をおこなっています。

屋根と外壁の塗装(塗替え)、窓とドア(建具)の造り替え、雨トイの追加・・などなどです。

この仕事場は父、そして友人や子供たちの協力でできたもので、愛着が染み付いています。外装はほぼ終わり、建具の製作に入りました。

こうしていると時間が経つのも忘れ、気がつくと季節はどんどん進んでいます。今日は冷たい雨が降る嵐のような天気でしたが。


防府市佐波川



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

水仙

2017年03月24日 19時17分00秒 | AF-S 105mm F1.4E ED

Nikon AF-S NIKKOR 105mm F1.4E ED ( f/1.4 NikonD3X )

庭は妻が裁量権を持ち、多くの草花をうまく育てています。タラの木を切って陽当たりが良くなり、いま球根類が花を咲かせています。

私は毎年収穫が期待できるスダチと山椒、そして鉢植えのブルーベリーと露地のベリーに視線を注いでいます(水と肥料は妻が世話を)。

ここでも妻に感謝です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加