アスペルガーの息子が巣立つ日…進学にまつわるあれこれ

アスペルガーの息子が進学すると言い出した!貯金ゼロのシングルマザーの私!!どうする?!すべて赤裸々に描いていきます

障害を持っているということ 2

2016-10-17 13:21:25 | 息子のこと
小学校にあがり、幼稚園とは違うことを求められる。

規律であったり、ルールであったり。

どれも当時の彼には理解できなかったこと。


体育館の掲示物を全部破いて落としてしまったり、

プールに入ることができなかったり、

身体測定では裸になることができなかったり。

とにかく彼は「できない」「できない」と言われ続けた。


お母さんがもっとゆったりとかまえて、おおらかな気持ちで向かい合ってください

そうも言われた。

確かに当時の私は余裕がなくて、子供にはきびしく接していたとは思う。

相談できる相手も場所もなかった。

仕事では日常的に障碍者を見ていたので、少なからず、同じ要素を持っていることは半ば、確信していた。


彼が小学2年の夏休み。

忘れもしない、私の勤務する施設で夏祭りが行われた夜。

お客さんとして来ていた、特別支援学校の先生に、「うちの息子、ちょっと違う気がするんですよね」

と打ち明けた。といっても、かなり軽い気持ちで、半ばグチで言ったことが、このあと大きな進展を見せる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 障害を持っているということ 1 | トップ | 障害を持っているということ 3 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。