新井律子建築設計事務所のブログ
大阪・北浜で住宅の設計を中心に仕事をしています
 



11月22日(金)三休橋筋 まち歩きに参加しました。
10時、大阪市中央公会堂に集合、栴檀の木橋を渡り吉田理容所見学、三休橋筋中心に適塾・愛珠幼稚園・旧八木通商ビル・旧大中証券ビル・浪速教会・芝川ビル・船場ビルディングを巡り、最後に綿業会館の内部を見学・ランチ、約三時間の街歩きです。

 

青い「はっぴ」の案内人は、森山さんと篠原さん。よろしくお願いします。

  栴檀の木橋
   
昨年9月、台風により倒れて撤去されたセンダンの木が、大阪市信用金庫の寄付により新たに植えられました。
  昭和5年開業の「吉田理容所」
2代目当主の吉田金吾さんから説明を受けました。お店には開業当初のままのドイツ製鏡が並びレトロな雰囲気を醸し出しています。当時の散髪代は安いお店では25銭でしたが、吉田理容所は1円、財界人や文楽、歌舞伎関係の顧客が多かったそうです。
  「適塾」は耐震改修工事のため休館でした。
  「愛珠幼稚園」明治13年開園、現存する幼稚園としては日本でも2番目に古い歴史をもつ。民間の手によって建てられた幼稚園としては日本最古となっているとの事。
 「旧八木通商ビル」外壁を曳き家で保存活用したマンションに生まれ変わりました。
  「旧大中証券ビル」・「浪速教会」
 「芝川ビル」   「 船場ビルディング」
  「綿業会館」
会館の方にご案内いただきました。東洋紡績専務取締役・岡常夫の遺族から贈られた100万円と関係業界からの寄付50万円、合わせて150万円(現在の75億円に相当)を基に、1931年12月日本綿業倶楽部の施設として建設されたそうです。設計は渡辺節らによりなされました。   岡常夫の像

  会員食堂

 談話室  タイルタペストリー

   会議室「鏡の間」

  特別室

  頂きます!

 おみやげ(三休橋筋沿いFOCE)付きでした。

前日の「吉兆」への失望と打って変わり、大大満足のまち歩き&グルメツアーでした。三休橋をこよなく愛す人々の心意気を感じました。ありがとうございました。
            
    



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 船場博覧会201... 紅葉、散り始... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。