新井律子建築設計事務所のブログ
大阪・北浜で住宅の設計を中心に仕事をしています
 



1月17日、日曜日 丹生都比売(にうつひめ)神社の御田祭(おんださい)に行ってきました。

お昼は近くにあるお気に入りの古民家カフェ客殿です。お米が美味しい!天野米3キロ、買って帰りました。

  

丹生都比売神社の由緒は紀ノ川より紀伊山地に入り標高四五〇メートルの盆地天野に当社が創建されたのは古く、今から千七百年前のことと伝えられます。天平時代に書かれた祝詞である『丹生大明神祝詞(にうだいみょうじんのりと)』によれば、丹生都比売大神は天照大御神の御妹神さまで稚日女命(わかひるめのみこと)とも申し上げ、神代に紀ノ川流域の三谷に降臨、紀州・大和を巡られ農耕を広め、この天野の地に鎮座されました。
私の大好きな神社です。最初に訪れた時はこんな処に、これ程美しい神社があったのかとそのすばらしさに感動しました。

    
また、白州正子さんは、『かくれ里』の「丹生都比売神社」の中で次のように書いています。
まだかまだかと思ううち、峠を二つばかり越えたところで下り坂となり、いきなり目の前が明るくなった。見渡す限り、まばゆいばかりの稲の波だ。
こんな山の天辺に、田圃があろうとは想像もしなかったが、それはまことに「天野」の名にふさわしい天の一角に開けた広大な野原であった。もしかすると高天原も、こういう地形のところをいったのかも知れない。
 周囲をあまり高くない、美しい姿の山でかこまれ、その懐に抱かれて天野の村は眠っていた。ずいぶん方々旅をしたが、こんなに閑かでうっとりするような山村を私は知らない。

御田祭が始まりました。これは「県指定無形民俗文化財」として指定された豊年万作を祈る農耕神事(芸能)です。

 丹生都比売神社楼門の下で行われ、起源は古く、平安末期から似た形のものがあり、変遷の上、江戸時代から現在の形ができたものといわれています。
    

田人、牛飼、一石、早乙女、田づ女、礼の坊等により演じられる農耕儀式で、田作り、種まき、田植、稲刈り、休憩などの所作で、五穀豊穣を祈ります。

凍えそうでしたが、狂言を見るようで大変楽しい経験でした。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年も、田村一博さんと石田瑞夫さんからご案内いただきました。

田村さんは金沢美術工芸大学美術科で彫刻を専攻し、もともとは石のモニュメント作家として活躍されている方です。

工房を漆の町金沢で持っておられることもあり、造形と漆の合体を思いつかれ、石で作った器や磁器、陶器に漆を合わせた作品を制作されています。

泉佐野「新井家住宅」にて10月17日(土)から25日(日)までの開催です。

ご興味のある方は是非行ってあげてください。

新井家住宅 泉佐野市中庄1380

新井家住宅については http://www.arai-ksj.info/araike.html

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




築約40年の戸建て木造住宅のリフォームです。
主な要望は、
1.楽しくお料理ができるキッチンに

2.予算が合えば和室をリビングに変更したい 

3.明るい雰囲気に 

4.寒さ対策(床から冷気が入ってくる)

5.収納をたくさん

リフォーム前の写真です。クラッシックなイメージが強すぎる様に思いました。
  

 

プランとしては独立型キッチンをアイランドキッチンに変更。

システムキッチンは「藤屋」さんにお願いしました。別注キッチンですが、デザイン的にすばらしく素敵です。

 

ダイニングとの取り合いはワインラックで仕切りました。

 

和室の押入・床の間を壁面収納に変更。内部は棚とハンガーパイプで収納力は大丈夫だと思います。

 

床の傾きを直しリビングとダイニングに床暖房を設置しました。断熱材も補填しました。
インテリアは、いままで買い揃えられてきたイギリスのアンティーク家具に合うように、開口部にモールディングをまわしクラッシックなイメージにしました。

  
既存の梁型・建具も白に塗装し明るい雰囲気に変更しました。

工事は鈴木工務店の斎木さんが一期工事と二期工事とわけて約二ヶ月間でしたが、大変気を配りながらの丁寧な仕事をしていただきました。お疲れ様でした!
庭の緑が映え、モダンに!しかし今までの暮らしと違和感を感じない空間に変わりました。

奥様から「家に居ることが楽しくなりました」と感謝の言葉をいただきました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年最初の投稿です。なかなか時間がとれませんでした。

3月29日(日)まで、東近江市五個荘では「商家に伝わるひな人形めぐり」が開催されています。姉から「すごいらしい」と聞き、家族で行ってきました。

五個荘近江商人屋敷等の各会場では、商家に伝わる御殿雛などの家宝雛を始めとした、古くは江戸時代からの人形や現代の創作雛人形など約100組を鑑賞することができます。特に今年は20周年記念として、さまざまな特別イベントも開催されています。
最初は、藤井彦四郎邸
藤井彦四郎は、「小町糸」「スキー毛糸」の製造販売、積極的な海外視察など時代を敏感にとらえて一代で成功しました。

屋敷地には、総ヒノキ造りの客殿(滋賀県指定文化財)と洋館、土蔵が立ち並んでいます。それと近江商人の像が入り口にあります。

   
中にはいると、御殿雛が飾られています。

 
 
圧巻です。それぞれの時代によりお顔や衣装が異なります。
洋館内部には英国製の古い自転車、暖炉、ピアノ等、素敵な物ばかりが置かれています。

  

建てられた方のセンスの良さを覗うことができます。
 
2番目は中江準五郎邸
昭和初期、朝鮮半島や中国で三中井百貨店を築いた中江家4兄弟の末の準五郎の本宅です。
1934年(昭和9年)に三中井百貨店を創業し、戦前まで本宅を金堂に置き、朝鮮半島・中国で約20店舗を経営し、百貨店王と呼ばれました。

中に入ると、近江の麻をまとった現代の創作雛人形がずらりと並んでいます。

 

地元の作家「東之湖(とうこ)」さんの作品です。丁寧に創られた十二単の衣装はすばらしいです。色も素敵です!
市松人形   

男雛と女雛の並び方は京都風と関東風では左右が反対。写真の並びは京都風です。公家中心の社会である京都では「左が上位」。上の写真のように男雛は座る側の方から見ると左、見る側からすると向かって右です。
蔵の中には五個荘が生んだ郷土玩具・小幡人形と土人形を多数展示紹介していました。
小幡人形が気に入り、「購入できるかどうか?」案内の方にお聞きすると、「近くの弘誓寺で『ひなの匠三人展 』を開催していて作家の方がおられるかも知れない」と教えていただきました。
早速小幡人形を求め、弘誓寺へ。


道沿いの水路で鯉が気持ちよく泳いでいます。


九代目当主 細居 源悟さんの「小幡でこ」を購入しました。
お猿さんは、平成4年の年賀切手に採用された人形、後ろは三味線猫。
人は死んで名を残し、猫は死んで三味線を残すとか・・・。細居 源悟さんにお聞きしました。
今から約300年前に初代である細居安兵衛さんが作り始めたそうです。
3番目は外村繁邸
四代目外村宇兵衛の分家になります。外村繁は「草筏」「筏」「花筏」などの近江商人を題材にした小説や自らの人生をつづった数多くの作品を残しました。
蔵は「外村繁文学館」として第一回芥川賞候補にもなった繁の作家人生を公開しています。
 
4番目は外村宇兵衛邸
四代目宇兵衛元亨は、これからは洋服の時代と考え、1918年(大正7年)に御幸毛織を株式会社化し、高級紳士服メーカーの礎をつくりました。
宇兵衛邸は、茶屋・四阿・母屋・庭の整備を行い、明治期の姿に修復した屋敷です。
    

仕丁です。京風はまん中に沓台(くつだい)、左右に台笠と立傘をもった人形を飾ります。関東風では台傘(日傘)、立傘(雨傘)沓台(くつだい)を持ちます。行幸されるときの形で関西風では箒、熊手、ちりとりをもちます。御所内の清掃係りを表現しています。

 御所をまねて造られたのだそうです。
最後に近江商人博物館を訪れました。
まだまだ、たくさんの歴史ある雛人形が展示されています。さらに、近江商人を生み出した東近江地域の歴史、近江商人の商法や家訓、その暮らしや文化、教育などさまざまな角度から、紹介されていました。


たくさんのお雛様にお会いできて幸せです。江戸・明治・大正・昭和と、こんなにたくさん素敵なお雛様が受け継がれていて感激です。

ルンルン気分で帰途に着きました。

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今年の「紅葉狩り」は、絶好の季節となった11月23日、高校の友達と3人で奈良に行きました。友達の大学の友人が奈良市内に住んでいるとのことで、おいしいランチのお店、紅葉の美しい場所を詳しくアドバイスして頂きました。まずはランチを予約。コースは近鉄奈良から吉城園~戒壇堂~大仏池~二月堂~浮見堂を見て帰る7キロコースです。


県庁を左へ吉城園(よしきえん)に向かいます。入り口で「今日は一番きれいな紅葉を見られますよ!」とうれしいお言葉。吉城園は興福寺の子院である摩尼珠院(まにしゅいん)があったところとされています。明治に奈良晒で財を成した実業家の邸宅となり、大正8年(1919年)に現在の建物と庭園が作られました。中にはいると苔に紅葉の落ち葉もかわいらしく、紅葉も真っ赤に色づいています。

  

かや葺きの田舎家風のたたずまいを持つ離れ茶室と苔の庭。中ではお茶会が催されていました。

 

ランチは「ムッシュ・ペペ」のオニオングラタンのお勧めランチ。おいしく頂いて戒壇堂に向かいます。


ここに入るのは始めてです。754年、聖武上皇は光明皇太后らとともに唐から渡来した鑑真(がんじん)から戒を授かり、翌年、日本初の正式な授戒の場として戒壇院を建立しました。戒壇堂・講堂・僧坊・廻廊などを備えていましたが、江戸時代までに3度火災で焼失、戒壇堂と千手堂だけが復興されています。増長天・広目天・多聞天・持国天に踏みつけにされている邪鬼、苦しそうでした。

 
戒壇院裏手にある大仏池。大銀杏の下にも黄色の絨毯が敷かれ、すばらしい眺めです。この景色だけで来た甲斐がありました。しばらく「うっとり」眺めていました。
  
二月堂へ。旧暦2月に「お水取り(修二会)」が行われることからこの名がついているとの事。
上からの眺めはすばらしいです。お天気に恵まれ、遠くに生駒山が見えました。
 
すぐ横の手向山八幡宮の銀杏もきれいでした。

浮見堂はたくさんのボートが浮かび、若者たちが楽しんでしました。

最後は奈良ホテルでお茶を頂いて帰りました。還暦を過ぎた3人娘、「良かった!良かった!来年も来たい!」と満足顔で、おしゃべりがつきません。
本当に楽しい一日でした。家から17,000歩の工程、まだまだ若いかな?



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ