新井律子建築設計事務所のブログ
大阪・北浜で住宅の設計を中心に仕事をしています
 



6月3日、素晴らしいお天気に恵まれ、暮らし方研究会セミナーが行われました。

今回は国が海外の賓客をお迎えする迎賓館、東京の洋風建築の赤坂離宮に対し、和風建築で纏められた京都迎賓館を見学しました。

京都迎賓館は平成17年に建設され、平成28年7月から一般公開が始まりました。日本の伝統的住居である入母屋屋根と数寄屋造りの外観を映し、築地塀を巡らせた品格のある和風の佇まいを体現しています。
建築は、築地塀・正面玄関・聚楽の間・夕映えの間・藤の間・桐の間など、数寄屋大工・左官・建具・表具・畳・錺金物・漆・載金・庭園・石造工芸・垣などの伝統技能者による伝統的技能を活用して完成されました。調度品についても、西陣織や蒔絵、漆の技能を惜しげもなく活かした家具が配置されています。


案内人の指示に従い、ワクワクしながら正面玄関から迎賓館内部に入ります。堂々とした正面の扉は樹齢700年の欅の板を使用しているそうです。

 


最初に訪れた「聚楽の間」はロビーとして位置付けられた空間で、京指物の技能と有職織物を用いた安楽椅子が並んでいます。座面の朱色の布地は一際華やかで素敵でした。竹工芸の花籠や桐塑人形、木製照明器具など、どれを取っても日本の伝統技術の奥深さが実感されました。

「夕映えの間」は大臣会合などの会議や立礼式でのお茶のおもてなし、晩餐会の待合いとして使用されています。

  


比叡山と愛宕山、京都を見守る二つの山の幻想的な山容が東西の壁面を飾っています。縦2.3m、横8.6mのつづれ織りで描かれた絶妙の色使いは、眺める者の心をやさしく包み込んでくれます。これだけ様々な技術を駆使して織り上げる機会は、滅多にないだろうと思わせるほどの大作でした。

「桐の間」は和食を供する和の晩餐室です。一際目を引くのがテーブルで、全長12mの一枚板の天板の表面は漆仕上げで鏡のようでした。

約1時間の見学でしたが、京都の伝統工芸の粋を集めた建築美や庭園美、そして調度品の数々を存分に楽しめました。

見学終了後、午後2時半から4時半まで「NPO法人京都観光文化を考える会・都草」の田村さんの案内で、京都御苑歴史散策ツアーを行いました。

自由参加でしたが、セミナー参加者の大半の方が参加され、歴史に彩られた清々しい新緑の御苑を存分に愉しめました。
素晴らしい伝統の奥深さを実感し、日本が世界に誇れる技をいつまでも引き継いで欲しいと切に思いました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




高齢の母を三か月に一度、今津にある目医者さんに連れて行きます。

5月27日、その帰り、神戸動物王国に行きました。

この動物園は高齢者に優しく、駐車場の空きがありませんでしたが、高齢者ということでスペースを空けていただきました。65歳以上割引、私も嬉しいです。‼

まずは、ドッグパフォーマンスショーで本場ニュージーランドの羊飼いによるシープドッグパフォーマンスと、元気いっぱいフリスビードッグパフォーマンスを観覧。 

賢い、思わず、拍手‼ 

次に「アクアバレー」エリアでは「ペンギンおやつタイム」

 

カピバラが、たくさんの子供たちから餌をもらつています。少し太り気味、お互い気を付けましょう!

「熱帯の森」エリア

ミナミコアリクイさん、落ちないで!

ワタボウシタマリン、おじさん顔です。

ベニコンゴウインコ、きれいな色をしています。

外に出て

「ホースライド」乗馬体験(引き馬)ができるライドコーナーがありました。

ポニー300円、馬500円、ラクダ800円、有料ですがたくさん並んでします。

母もお気に入りで  座ってずいぶん長く見て楽しんでいました。

最後に「アジアの森」ではレッサートークが始まりました。

レッサーパンダたちにスタッフが給餌をしながら、生態の説明をして、楽しみながらレッサーのことを知ることが出来ます。

餌は「りんご」でした。

ここでは、自然の中にいるような感覚になるだけではなく、動物たちの野生味をより身近に感じることが出来る為に、通路と展示エリアの間には、ガラスや柵などの隔たりの替わりに水の流れる堀を設けることで、景観を損ねることなく動物たちを見る事ができる「ウォーターモート方式」を採用しています。

動物は、子供だけでなく、みんなに安らぎと元気を与えてくれます。

高齢者も意外と多かったです。母は少し疲れたようでしたが、無理をしても歩いてもらう方が良いと思っています。

それに動物好きで、楽しんでいたのが何よりです。


 

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




構造材の生け捕りです。柱は45センチ角、大梁は50センチ×60センチの大きさです。

大黒柱を生け捕りました。

残念ながら、シロアリ被害を受けて中が空洞化しています。以前に芯材を入れて補修しています。

 

切り取り後は、機械であっけなく土埃をあげ崩れ落ちました。

4月16日、母屋の解体は無事完了しました。ご近所の皆様には土埃でご迷惑をお掛けしました。

これは45センチ角の柱です。工務店の作業場に持ち帰ります。

寂しさが残りますが、切り取られた部材で、来年三月完成予定の資料館で復活します。

全体の解体は5月中旬に終了したとのことです。この写真は5月24日に打ち合わせの時に撮影しました。広い!



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




3月13日から解体工事が始まりました。

3月25日撮影。

座敷・床の間の屋久杉の天井板は貴重で、丁寧に外してもらって保管します。

取り壊しまでわかりませんでしたが、荷物を出した土間の隅にある女中部屋の内部です。壁一面に雑誌の切り抜きが貼られています。お嫁さんの写真、憧れていたのだと思います。なんだか切ないです!今の当主さんが生まれた時には、女中さんは居なかったとお聞きしました。

3月31日撮影。屋根の薄い板は今のルーフィングです。トントン板とも言われていました。

「竃さんが5つ」大所帯です。

 差し鴨居・長柄鼻栓が凛々しいです。

4月6日は構造材の切り取りを行いました。大梁・柱・差し鴨居など資料館に利用します。民家解体の経験のある大工さんで、手慣れたものでした。

 

大量の木材です。

大きな梁と柱。仕口も複雑です。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大西家住宅の解体が、3月から始まりました。

解体前に、建物と井戸とお稲荷さんのお祓いを神主さんにお願いしました。解体前のお祓いは工事の安全祈願の他、長く住んだ家や土地に感謝するために是非行うのが良いと思います。

また、庭の灯篭や敷石と手水鉢を今回建てる資料館の外構に使いたいので、生け捕りを暮らし方研究会会員の江夏庭苑事務所にお願いしました。

沢山の石灯篭がありましたが、この形は珍しいです。

 

石の移動・設置は重いので、ひと苦労です。お疲れ様でした。

 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ