checkman

ハイエースカスタムショップ チェックマンのマッタリBlog

ボディ補強について

2017年01月24日 | SUSPENCION & BRAKE

以前のブログで以下の記事を書いた事を覚えていますか?

確率的には携帯で見ている人は殆ど覚えていないと思います。

確率的にパソコンで見ている人はシッカリ覚えている人が多いみたいです。


まっ! もう一度以下を読んで下さい。





エクスダンパー入れるか? 下半身強化バー入れるか? どっちを先にした方が良いと思います?


と質問された





どちらが先かは その時の本人の予算次第になってしまうので 何とも言えないが・・・


例えば


エクスダンパーを入れてステップツー仕様になりました。


『おーーーっ! 正にみんなが言ってるレビュー通りの性能じゃないか!』 と思うはず


だけど 数年、数万キロも走ればダンパー性能も低下する  と同時にボディも相当ヤレてくる


 



こーれーおー 
プライベートサンデイレーサーを例にしてみましょう



A君はサーキットレースを趣味で始めました。


チューニングショップに行く根性が無いため、笑 足回りなどは全て通販で手に入れました。


足は上位マシンも履く有名なメーカー品をチョイスした。 
※私の経験上 市販品とサーキットバージョンは減衰設定は全く異なります。


車高調のバネレートはフロント12K リア10K


そして、サーキットを走行したところ 満足いくコーナーリングとタイムが出ました。



ここからA君は困り始めます。


足を入れ替えてコーナーリングの姿勢が安定してきた為、


更にタイムを縮めるため もっとハイグリップなタイヤを選びました。


ところがハイグリップタイヤを入れると現在のバネレートでは姿勢が安定しない事(ロールの誘発)に気が付きました。


A君はバネレート変更を行いました。 今度はフロント14K リア12K


『おーーーっ俺の選択は間違いない メッチャ姿勢が良くなり LAPタイムも0.5短縮したやん』






それからと言うもの 最終的なバネレートは20Kと18Kにもなり


LAPタイムは落ち込む一方でした。


A君は恐る恐るチューニングショップを訪れました


そして、今までの経緯を話しました。





何故バネーレートを上げていかなければ
車体の姿勢が安定しないのか!?


そーれーはー


走った分 車体がヤレて


ヤレた分バネレートアップで補っていた事を知らされたのです。


なので 本当は下半身強化バーから装着することが望ましいんですよ!

100%を感じたければ足とボディ補強パーツ全部同時装着することが一番いい



でっ A君はどうなったか!? 

Bodyを入れ替えるか  
フルスポット溶接+補強バーでマシンを作り直すか  
レースを辞めるか

3択問題を出されることになった



と こんなお話を以前にしていた訳です。


そして昨夜のエクスブレースについての中西氏レビュー


フルブレース装着なので、予告どおりの濃い口を感じられたと思います。


その中で『エクスダンパーの減衰設定を4ノッチダウンさせて良い所を見つけた』と書いてあります。


それで良いのです! 正解です!!


車体を硬めて硬くない足で走る これが本来 車に求められるサスペンションセッティングだと私は思います。


その方が乗りやすいし 乗ってても疲れないんですよ!




例えば 他社の安価なショックでロールが気になるとか もうちょっとシッカリした足が欲しいな~

なんて思ってる人がエクスブレース装着したら 

下半身強化しただけなのに足が変わった! コーナーリングの姿勢が変わった! と必ず思うハズです!


特にスーパーロングのキャンピング仕様など車輌重量が増している車体はヨジレが大きい分 

足回りや コーナリング姿勢に大いに不満があるのでは無いでしょうか?


スパロンやワゴンGLは最初にショックを換えるより、ボディ補強を先に行った方が満足度は高く 
その後の足のセットアップもやりやすくなるハズです。






エクスブレースでボディ剛性をセッティングする場合、
サイドバーが ある時~ 無い時~ でセッティングして下さい。

こちらも以前に説明しましたよ!

『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« EXブレース出荷完了 | トップ | 【重要】EXブレースの付属部... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL