東京砂漠脱出計画~i Norge~

2009東京砂漠を脱出して富士山麓へ
2012息子の進学で都内へ舞い戻り
2016縁あってノルウェー移住

Norskprøve

2016-12-09 18:10:38 | ノルウェー語 Norwegian
試験の日の朝は早起きしました

普段は9時始まりの学校ですが
試験は8時開始で30分前集合
キッチリ7時半5分前に学校へ着いたのに玄関まだ開いていません

なんでやねん…

こういうところが根本的に違うよねーと思いつつ
待つことしばし

まだあたりは真っ暗
学校の窓に飾られたクリスマスを待つための明かりがキレイです



少し経って他の受験者が2人現れて
すぐに先生も到着

7時40分ですけどね…

この度の受験者はなんとたった6名でした
うちわたしを含む3人が学校の生徒で顔見知り
残りは学校をとっくに終わっている人たち

試験を申込むときにレベル (nivå) を選ぶのですが
6人のうち2人ずつが同じ nivå を受けるとわかり
会話テストのペアがその場で判明(会話テストは2人セットで受験)

わたしのお相手はノルウェー在住5年のロシア人女性
3人の子持ちで仕事もしていて
試験も過去2回経験済み
今回は大学で勉強するためにB2に挑戦というツワモノ

ちなみに nivå は
A1-A2、A2-B1、B1-B2 の3つから選ぶのが一般的で
(実際には上は C2 まであるらしい)
それぞれ受験した nivå 以下の判定を受ける仕組み

例えば nivå A2-B1 を受験した人は A1以下/A1/A2/B1 のいずれかの結果を待つことになり
どんなに出来が良くても B2 をもらうことはできません
(ただし会話のテストは例外)

今回、担任の先生からやや無茶ぶり的な nivå B1-B2 を勧められたのもそういうわけで
たとえ高いレベルの試験を受けてちっともうまくいかなくても
別に不合格になるわけではなく
失うものは何もないというわけです

それにしてもさすがに難しかった…
学校7ヶ月通っただけで挑戦するにはハードル高かった…

でも何はともあれ終わりました
やっほー!



試験の内容、また今度書きます
(たぶん)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪の日々その2 | トップ | ゴールデンイーグル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。