諦めそうになったとき

2017-03-06 18:26:06 | 司法試験関連

本番では、「もう駄目だ」と諦めたくなるような局面に出くわすことがあります。この時、粘れるのか粘れないのかでその年の合否が決まります。

「諦めるわけない」というのは素人考えで、諦めてしまう人が出て来るのは事実です。あまりにも苦しいと「とにかく楽になりたい」という考えが過るんですよね。

こんなとき、「なにくそ、諦められるか!」と踏ん張れるかどうか。そのとき心の支えになるのは、「今」なんです。そう、「今どれだけ努力しているか」にかかっています。

あんだけ頑張ったのに諦めてたまるかよ!という気持ちになれるかどうか、それは日々の積み重ねで決まります。

本番で「これ以上は頑張れなかった」と思えればこっちのものなんです。まだまだ日にちはあります!やりきりましょう!

ジャンル:
ウェブログ
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 条文マーキング講義(刑事訴... | TOP | ジャックスと学費ローンで提携 »
最近の画像もっと見る

post a comment


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

Related Topics

Trackback

Trackback  Ping-URL