秒速答案

2016-05-25 16:36:36 | 司法試験関連

25日から加藤先生の本試験秒速答案が資格スクエア本試験特集ページにアップされ始めていますね。受験生的には「「見るべきか、見ないべきか、それが問題だ」という心境だと思いますが。笑

しかし、ひと夏完全に情報を遮断するのも難しいですし、結局は気になってモヤモヤ気分に陥るのは目に見えています。そもそも、答案例と比較して論点を落としてるからダメとか、そういう単純な話ではないので、ある程度情報取集しておいた方がいいとは思います。試験直後の時期だからこそ、具体的に検討できるので。

勇気を持って読んでみては如何でしょうか?

Comment (1)
この記事をはてなブックマークに追加

第2次規範の重要性について

2016-05-25 10:09:40 | 司法試験関連

講義では本当にいつもうるさく言っていることですが、考慮ファクターを第2次規範としてあげないと、結果的に当てはめ段階で自分が行き詰まります。問題文の事実を拾うための「チェックリスト」としては、第1次規範のみでは抽象度が高すぎて機能しないことが多いからです。第1次規範は寧ろ最後の決めゼリフ的に機能するものであって、それ自体は事実を拾い上げていくには漠然としていることが多いのです。

刑事訴訟が一番わかりやすいと思うのですが、必要性・相当性・緊急性という例の「3兄弟」規範だけでは、実際に何をどう当てはめればいいのかの手がかりになりません。なので、結局何となく思いついたままに問題文から事実を拾うことになるので、配点対象になっている重要な事実を落としたりする危険性が高まるのです。またモデルとなる判例の事案との違い、すなわち「本件事案の特殊性」に気がつくこともできません。「あてはめ」が苦手な人は、おそらくこの辺のことを理解できていないのだと思います。

特に最高裁が社会通念審査や事例判断審査をしている以上、裁判官として要求される能力は、事案に応じて考慮すべきファクターがなんなのかを「事実関係から汲み上げる能力」だと思います。当局は司法試験で採用したいのは、優秀な裁判官と検察官です。だとすれば司法試験で要求されるスキルも裁判官や検察官の資質として要求されるものと同じになるはずなのです。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

答練の際に意識してほしいこと

2016-05-24 18:22:30 | 司法試験関連

自分の答案を読み返す際に,「主語・述語が対応しているか」,「主語が何か明確か」,「指示語の内容が明確に読み取れるか」,「自分の設定した問いに応えているか」,「規範で挙げた考慮要素につき全て当てはめた上で結論を出しているか」などの「形式面」の確認をすると良いと思います。

頭では分かっていても,書き進めるうちにこれらの要素が不十分になってしまうことが往々にしてあるからです。意外に見受けられるのが主語がハッキリしないというものです。大事なことは,第三者たる読み手が読み取れるかどうかであって,「自分はこういうつもりで書いた」というのは主張自体失当です。読みにくい答案,論旨不明瞭な答案という低評価になります。

第6回の刑事訴訟法の身柄拘束の違法性如何など典型です。「逮捕状に基づく逮捕が違法かどうか→逮捕状の疎明資料は違法収集証拠になっていないか→疎明資料の収集手続は別件捜索差押ではなかったか」,という形で論点が入れ子構造になっています。そのため,まずガツッと書くのは捜索差押の適法性如何なのですが,別件捜索差押か検討した後に,「したがって,本件捜索差押は違法であると考える。よって,違法である」と書いてしまうと,「よって違法である」のは「何か」と言えば,素直に読めば「本件捜索差押」になります。これを「本件逮捕がよって違法である」と読んでくれる人はまぁ,いないでしょう。だとするとこの答案は,身柄拘束の違法如何という設問に形式的に応えていない形で終わっていることになってしまいます。これは極端な例ですが,このような「端折り」は多くの人の答案で見かけます。

また,論旨不明瞭な答案や一読して分かりにくい答案の場合,どうしても読み返すことになりますが,この「読み返す」というのが受験生にとって曲者で,どうしても読み手はジックリ読んでしまいます。ジックリ読まれると,細かいところも読み込まれてしまう危険性があります。「何を言っているのか」と確認しながら読むので「本当にそう言えるか?」なんて厳し目に見てしまいます。そのため,ボロが出やすくなります。そう言う意味でも論旨不明瞭な読み返し必須の答案は危険なのです。また夏場に他人の書きなぐった!?答案を数百通も読まされるわけですから、機嫌も悪くなるのも否めないですよね。

「読みやすさ」は、字だけの問題ではありません。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

例外を認めるための思考パターン

2016-05-24 15:45:18 | 司法試験関連

以下は去年の記事ですが、内容的にかなり重要なので再掲します。最近、講演会や講義においてかなり頻繁に言及している話です。

<原則:解除の意思表示に条件をつけてはならない>

「債権者が,相当な期間を定めて催告をし,当該期間内に履行がないことを「停止条件に」解除の意思表示をした。解除の効力は生じるか」。

本件解除の意思表示には,問題文にあるような「停止条件」が付いている。そして,解除の意思表示には条件つけてはならない,という原則がある。したがって,解除の効力は生じないのが原則である。

しかし,例外は認められないか。そもそも「条件付けの禁止」が「原則」とされた理由は何か。それは解除の意思表示に条件を付すと,相手方の地位を不安定にするからである。つまり,「条件をつけることそのもの」が悪いのではなく,条件をつけると一般的に「相手方の地位が条件成就に左右され不安定になるから」,条件付け禁止を原則にしただけなのである(条件は,将来到来するかどうかが不確定なものにかからしめるものなので)

だとすれば,形式的には「条件が付されて」いても,相手方の地位が「不安定にならなければ」,条件付け禁止原則の背景にある「趣旨」に反することにはならない。そこで本件条件の内容を見てみると,解除が相当な期間内における債務者自身の債務履行如何にかからしめられるだけであって,債務者の地位を不安定にするものではない(債務者は本来債務を履行すべきものでもある)。よって禁止原則には反せず,解除は有効になりうる。

これが原則に対する例外を認める典型的な思考パターンです。表面上の「原則」が絶対的なものなのではなく,その原則を導いた「理由」・「制度趣旨」に反するのかどうかが重要だ,というアプローチです。民訴法などでもよく見られる出題パターンですね。

以前、民法で出た、「物上代位と相殺」の判例の射程を問う問題も同じです。「相殺への期待が合理的ではないから」物上代位を勝たせたのだ、とすれば、「相殺への期待が合理的な場合」は、話が違う、ということで、相殺を勝たせても良い、という結論がありうることになるわけですね。わざわざ事実関係を詳細に載せてきたところから読み取ることになります。

 

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

長い夏

2016-05-22 16:29:18 | 司法試験関連

5月に本試験が終わり、9月上旬の合格発表まで110日ほどあります。約4か月ですから、1年の3分の1にあたります。この時期は、今年受験してきた人たちはどうしても中だるみ状態に陥りやすいです。バイトしたり交友を深めたりする時期でもあります。

ただし、9月に受かれば問題ないですが、落ちた場合は状況は一変します。上記のように1年の3分の1にあたる長さがあります。9月から再起動では、「もう1年」ではなく、もう「3ぶんの2年」なのです。これが怖いところです。

確かにやる気を出すのが非常に難しい時期です。9月〜直前期までの時のような勢いで勉強をする人はあまりいないのではないでしょうか。しかし、来年合格を目指さなければならない人は、この点を強く意識した方がいいです。「ちょっと体を休める」にしては、あまりにも長いのです。1年の3分の1を「流した勉強」で過ごしたことになるからです。特に短答で駄目だった人は、6月から全力で走り出す必要があります。多くの人がスパートをかけていない時期だからこそ、差を詰めることができるのです。合格するまで戦いは続きます。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

リオ決定試合観戦

2016-05-22 13:12:55 | 雑感

昨日はTBSのプロデューサー様から「バレー見に来ない?」とお誘いを受けたので、「にょ!行きます!」ということで、東京体育館へGOしました!とてもいい席!とにかく周囲のシートには「電通」「フジテレビ」のシールが貼られまくっていました(笑)そんな席で観戦。

祝!女子バレー、リオ・オリンピック出場!めちゃくちゃしびれました!超興奮したし楽しかったさー!決定試合を見られるなんて何て幸運なんだ!しかし長い試合だった。見てるだけで疲れました。

スポーツみると何だか気合が入りますね!

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

スーパーマンの秘密

2016-05-21 23:51:49 | 雑感

「マン・オブ・スティール」以降、スーパーマンが赤パンツではないことに気が付いた人は勝ち組。気が付いたかしら?

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

敗因分析は具体的に

2016-05-20 22:07:23 | 司法試験関連

本試験組・予備試験組ともに、短答の敗因分析をきちんとしましょう。

模試などの結果も含め、苦手科目は何か、正答率が高い問題を落とす傾向はないか、できない問題の分野は何か、条文系ができないのか判例系ができないのか、など具体的なファクターまで落とし込んだ分析が必須です。「できなかった」、「知識が足りなかった」では「敗因分析」の名に値しません。

敗因が具体的であればあるほど、対応策も的を得たものになるのです。例えば、同じ「知識不足」でも、判例系と条文系では対策の取りようが違いますよね。これが大事なのです。

自己採点である程度結果が見えてしまった人も多いと思います。辛いとは思いますが再起動開始です。夏の間に頑張った者だけが来年の勝利を手にできると思ってください。やりきりましょう。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

思い立ったが吉日

2016-05-20 16:57:31 | 雑感

お気に入りの子がいたとして,デートに誘うとする。この時,運悪く相手方に彼氏がいれば,多分,断られるであろう。ところがタイミングを半年ずらし誘ったとして,その時相手が彼氏と別れてしまっていたとしたら,俄然OKが出る可能性が高くなる。

何の話をしているのか,と思われた思うが,「全て物事は,タイミングが極めて大きな要素になってくる」ということが言いたいのである。やり方が正しくとも,時季が悪ければ上手くいかない。商売の世界においても,いくら良い商品でも売るタイミングを誤ればまるで売れないなんて事はざらにある。時代がついてきていないと言う時もあるからである。世の中が難しく,同時に面白いのはこういう「タイミング」の問題があるからだと思う。

本格的な試験対策の開始時期にも当然「タイミング」がある。受験生と話をしていて,正直「気が付くのが遅いんだよなぁ」とか「もうちょっと前に来れなかったのかなぁ」と思う事が多々ある。成功する人は,気が付くのも早いがその後の動きも早いと思う。成功しない人はそもそも気が付かない人もいるが,多くは気が付いても動きが鈍い,動かない,というパターンが多い。しかも動かない理由等には,特に合理的な理由があるわけでもなんでもない。これは非常に勿体無いし,意識の持ちようで幾らでも修整が効く話である。

もし,来季にかけるのであれば,動くのは「今」である。つまりタイミングは「今」である。早ければ早いほうが良いに決まっている。今ならスケジュール的にも余裕があるし,時間があるので色々な手が打てる。遅くなればなるほど打つ手は限られてくるし,「ノルマ」もきつくなってくる。もしこなせなければまた1年持ち越しになる。この繰り返しだ。

試験直前に慌てても,1年かけてできなかったことをラスト1ヶ月でできるようになるなんて考えは本当に甘すぎるのだ。直前期に焦るくらいなら,1年前から動くべきである。合理的に振舞えは合格できる。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

連絡事項

2016-05-20 14:33:33 | 雑感

何となくやっている民法判例まとめ、試験も終わったので復活します。

んが、メインのパソコンがファンの故障で短期入院中です。データはそっちにあるので退院まで少々お待ち下さいませ。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

試験を受けるということ

2016-05-20 11:33:17 | 予備試験関連

予備試験の短答を受けた受験生から多くのご連絡を頂いています。勉強開始して間もない人も受けており、「厳しい結果になりそう」というものが多いです。

しかし、準備万全ではなくても受験したということ自体、称賛に値します。やはり「受けてみないと見えない世界」というものがあるのです。

今まで見たことのない世界に触れることで、これからの勉強が変わります。なぜなら意識が変わるからです。結局、人から言われているうちは、頭ではわかっていても、「腑には落ちていない」という状況なのです。自分は甘かった、記憶ができていない、勉強方法に問題があった、穴が多い、というのを本番中に痛感させられるのです。悔しいですし屈辱的でもあります。しかしこの経験は受けた者のみが感じられる「特権」なのです。

是非、その貴重な「特権」を活かして、来年合格につなげてください。

Comments (3)
この記事をはてなブックマークに追加

昨日は

2016-05-19 22:33:35 | 予備試験関連

昨日は某所にて、予備試験受験を決めている1年生・2年生30名強を相手に、講演会をば。超盛り上がりました!自画自賛ながら会心の出来。

懇親会にも20名強が参加してくれまして意見交換、檄を飛ばすなど何かと大盛り上がり。ゲストに法科大学院生1名、予備試験合格者2名(大学2年時合格者も)にも参加してもらったので懇親会でも大いに意見交換をしていました。

やはり最年少合格者の答案が話題の「2期論文対策講義」には興味津々のようでしたね。

Comments (2)
この記事をはてなブックマークに追加

弁護士のリアル

2016-05-19 22:02:07 | 雑感

資格スクエアがこんなのやるみたいです。

https://www.shikaku-square.com/shihoshiken/event-slogan201605

5月29日17時半より開催。試験後の気分転換や、情報収集になるのではないかなと思いますので、興味ある方は遊び行ってみてください。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

来シーズンへ向けて2

2016-05-19 21:04:21 | 司法試験関連

本試験が終わったばかりであれですが,正直「今年は駄目だ」と感じている人も多いのではないか,と思います。

「駄目」な理由は,|仕の出来が悪すぎる,∀席犬亮蟇えがない,の2つだと思うが,,砲弔い討麓己採点段階である程度予想はつく客観指標である。115点〜120点というのが基準点ラインの目安。部分点次第の面もあるが,自己採点で110点を切っていると厳しいかもしれない。

このような場合は,来季に向けて即時始動しなければならない。しかも,抜本的な方向転換が必要になるケースもある。基準点は越えているにせよ,120点とか125点と言う場合は,基礎体力面で劣っているのは否めないので,仮に基準点を越えていても,この夏はあまり手を抜かないほうがよいと思う。最終合格していれば問題ないが,仮に駄目だった時のダメージがでかすぎるからである。合格したにせよ,基礎知識で不安があるままでは実務に出たとき(下手すれば2回試験で)つぶれかねない。どちらにしろ,基礎体力の補充作業はやって損は無い。

論文の手応え如何,というのが一番判断が難しい。誰でも「やっちまった」という部分はあるし、極めて主観的判断にならざるを得ないからである。それでも,ある程度の「水準」というのはあろうから,「手応えのなさ加減」によっては,来季に向けて即時勉強を始めるべきであろう。

発表までの100日間,長いようで短い,短いようで長い。しかし9月に合格を決めるまでは,全員不安定な状況にいることに変わりは無い。かなり酷だとは思うが,夏の間も誰もがある程度の勉強はすべきである。お勧めは,直前期に「やればよかった,やりたかった」,と思ったものをやるのが良いでしょう。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

来シーズンに向けて

2016-05-18 14:15:12 | 司法試験関連

本試験が終わって間もないですが、短答の自己採点をして、既に来年に向けて動き出している人も出てきています。精神的には「やっと終わったばかりなのに・・・」というのが本音でしょうが、皆さん頑張っています。本試験に向けて勉強をしてきた現状レベルを利用して、一気に弱点補強をするというのは、今の時期しかできません。ここで力を落とすのは非常にもったいないのです。来季逆転するためには、この夏の前半の過ごし方が勝負だと思ってください。

短答をクリアーできないデメリットは採点してもらえないという点にあります。来年に向けての指針として採点結果は大きいので確かに痛いです。そこで、まず今のうちに丁寧な再現答案を作成しましょう。記憶が鮮明なうち忠実な再現をしましょう。秋以降合格答案・不合格答案などと比較対照して、ある程度の分析ができるようにするためです。これは重要な作業です。

あと、本試験中、悩んだこと、苦労したこと、力不足だと感じたことなど、気がついたことを各試験科目ごとに逐一書き出しておきましょう。本試験中に困ったこと全てが来季に向けての改善ポイントになるからです。これも今しかできません。

そして何よりも、L2に問題があるのか、L3に問題があるのかをきちんと見極めることです。旧司法試験的な問題を全然こなしたことがない人は、夏の間にL2です(7科目で300問〜400問程度です)。実力がない段階で本試験型の答練を意気って受けても何の効果もありません。物事には順番があるのです。

今年受けたこと自体を無意味なものにするか、それとも来年に向けて意味のあるものにするか、その人次第です。

Comments (6)
この記事をはてなブックマークに追加