堂蓮記<北海道富良野成田山布部不動堂>

毎月の『御心言』と不定期の『祈願講釈』と徒然なるままの箴言・戯言・読書感想等・北の大地の坊主富良野生活記。

戯れに語る!〈向合方向持合〉

2010-09-30 22:31:00 | 日記
〈戯言・向合方向持合〉

真正面真正直正心誠意向き合う、手を組み肩を並べ足並み揃え同じ方位方角方向を向く。

向き合う事、同じ方向を向く事、此二つ持ち合わせ場面局面、希望目標課題に応じて使い分ける。

其際、身内仲間内其他と言えども道理観て公私のけじめつけ筋道を通す。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戯れに語る!〈向合〉

2010-09-30 22:13:15 | 日記
〈戯言・向合〉

身内仲間内其他を問わず、先ずは向き合い、話し合い、意見交換、相談、諌言が出来ないと問題は解決せず、事態は大きく、傷口は深く、痛手は広がるばかりで有る。

育てる事、任せる事、信頼する事も出来なくなる。

成長する事、反省する事、改善する事も出来なくなる。

感謝も謝罪も許す事も出来なくなる。

黙殺、無視、ほとぼりが覚めるのを待つばかりの繰り返しとなる。

逆上逆切れ、掌返し、揚げ足取り、水の掛け合い、堂々巡りの悪循環となる。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戯れに語る!

2010-09-30 12:40:17 | 日記
〈戯言〉

『てんとうむしまたまどぎわにあつまる』

『あきふかまるほどにむしはもどりくる』

『あきのおひさまをもとめむしあつまる』

『てんとうむしおてんとさまのひだまり』

『ひだまりをもとめむらがりあたたまる』

『てんとうむしかめむしはんみょうがくる』

南無
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戯れに語る!〈玄米直食〉

2010-09-30 07:59:38 | 日記
〈戯言・玄米直食〉

玄米を買ったので玄米を食べて居る。

昔、米不足の時はタイ米を食べて居た……。

タイ米が無くなった時は、麦を食べて居た。白米を混ぜずに麦だけで食べて居た……。

麦だけで炊き、茶碗に盛り食べて居た……。

麦だけだと粘りが弱いのかポロポロしていたが、モシャモシャ食べて居た。

当時、タイ米並に麦が安く手に入ったので、麦を購入し食していた。

粟や稗は、インコの餌だったが、すでに人が食べるには高かったのだ。

かつては白米が高級品だったそうだが、今や玄米や粟や稗が高級である。

今回、古米の玄米が安く手に入ったので、玄米だけで食べて居る。

水加減がなかなか難しく、最初は柔らか過ぎ、次は固かった。

今時はネットで検索したらすぐ分かるだろうが、あえて水加減を楽しみながら、食べて居る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

戯れに語る!〈言志四録?〉

2010-09-30 07:27:28 | 日記
〈戯言・言志四録?〉

『言志四録(ゲンシシロク)って何なの?どんな本?』

と、聞かれたら此様に答えて居る。

「NHKの〈龍馬伝〉に出ている幕末維新の志士達が原動力の一つとした一冊ですね。」と、だけ答える様にして居る。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加