労働相談センター・スタッフ日記

NPO法人労働相談センターと東京東部労働組合の記録

東部労組多摩ミルク支部ストライキ続報!

2016年12月28日 13時20分35秒 | 労働組合

写真=臨時団体交渉で経営者に怒りの声をあげる多摩ミルク支部組合員

東部労組多摩ミルク支部ストライキ続報!
経営者は中身のある回答を持ってこい!進展なければ争議の拡大だ!

固定残業代の廃止、要員補充、冬季一時金の支払いなどを求めてストライキで闘っている全国一般東京東部労組多摩ミルク支部は、12月28日朝、多摩ミルクグループ(多摩共同配送センター、横倉運送、エイチ・ビー・エスの3社)の経営者との臨時団体交渉を東部労組本部事務所で持ち、あらためて要求実現を迫りました。経営者は来年1月6日までに要求に対して再回答することを約束しました。

東部労組多摩ミルク支部は、第1波として12月22日午前11時~同25日午前11時までの72時間ストライキ、第2波として同26日午前11時から同27日午前11時までの24時間ストライキを打ち抜きました。経営者から「話し合いの余地はないのか」と組合に連絡があったため、「組合は最初から門戸を開いている。会社が交渉を決裂させたから争議状態になったのではないか」と返答。経営者は「妥結するためにはどうすればいいのか」と言ってきたため、臨時の団体交渉を急きょ開くことに決まりました。

団体交渉で組合員は争議状態を招いたのは経営者が労働者の生活や健康にまったく配慮しなかった結果であると怒りの声をあげました。経営者は「ストライキはせめて3日前に予告してほしい」と哀願しましたが、組合員は争議権を制約するようなことはやらないと断りました。同支部は、来年1月6日までに経営者が行う再回答で進展がなければ、第3波ストライキなど争議を続行・拡大することを宣言しました。

東部労組多摩ミルク支部のストライキ闘争を応援してくれている皆さん!争議は越年することになりましたが、組合員の士気は高いです!経営者が引き続き不誠実な対応を取るのなら、勝利するまで体を張って身銭を切って徹底的に闘い続ける決意です!皆さんの支持・応援の声は組合員を勇気づけています!引き続きのご支援をよろしくお願いします!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【速報】12/26~27 東部労... | トップ | 東部労組マルゴー支部 雇用... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

労働組合」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。