大阪城での四季のうつろい

相棒や友人たちとの日々の行動を記録するため、平成17年リタイア後ブログをはじめました。

漫才鑑賞と中之島バラ園

2017年05月14日 | 催事
道頓堀角座の入場券が当選し、JCOMさんから送付されましたので相棒と行って来ました。
漫才鑑賞は初めての体験で会場の道頓堀角座も初訪問です。

戎橋筋から東へ数十m、相変わらず外国人が幅を利かせている道頓堀筋から少し奥まった所に角座はあります。
表にいるスタッフから入れ替え無しです、と言われ観覧客6割がたの会場へ。
本日の出演者の内私達の知っているのは、トリを務める海原はるか・かなたさんだけでした。
他の出演者は、シンデレラエキスプレス、大森くみこ(活動写真弁士)、チョップリン、チキチキジョニー、ひぐちん、よふかしイエローさん達でした。

皆さん得意のネタを演じられ、久しぶりに漫才で笑いました。
鑑賞後、天気も回復して来ましたので中之島バラ園へ。

淀屋橋から地下通路を利用、結果的にバラ園まで行けました、この地下通路がこんなに長いとは知りませんでした。
難波橋から中之島バラ園へ。

午前中の雨で出足は悪いのでは、との思いを覆し多くのバラ愛好者が訪れており、彩り鮮やかで豪華な花々を愛でたりベンチで一休みしたりと思い思い楽しんでおられます。
相棒は美しいバラに囲まれご機嫌、またスマホで写真を撮るのに夢中です。

明治24年に大阪市最初の公園として開園した中之島公園のバラ園は、2009年にリニューアルされ現在310品種・3700株が現在5分咲きで開花中です。
都心の真ん中でこんなに静かでゆったりと過ごせる公園として、大阪市民はもとより多くの方々から親しまれています。
今後バラも成長を続け、益々皆さんの憩いの場所・バラの名所となることでしょう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三鈷の松 | トップ | 嵯峨野散策 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Ruri)
2017-05-14 21:42:17
お懐かしいお顔です
スマホは、やっぱり綺麗に撮れるようですね。
私も迷います。
まだ、ガラケーで、事足りている思っていますから、でも綺麗な写真は撮りたいし・・・です。
Unknown (akisetsu)
2017-05-15 20:50:01
Ruriさん、
写真はきれいに撮れるようです。
料金があまり変わらないのでスマホに変えました。相棒はよい玩具が出来たようでラインなど楽しんでます。
私はラインはまだ必要としませんので手を出していません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。