大阪城での四季のうつろい

相棒や友人たちとの日々の行動を記録するため、平成17年リタイア後ブログをはじめました。

見真堂・布袋堂

2017年06月21日 | 四天王寺
四天王寺西門を入ってすぐの極楽門の手前左手に見真堂・右手に布袋堂があります。

見真堂(写真上左)と親鸞聖人像(写真上右)。
浄土真宗の祖である親鸞聖人を顕彰し建立。堂の手前に立派な親鸞聖人の銅像。
本尊を阿彌陀如来とし向かって右に聖徳太子像、左に六字名号の掛け軸を祀る。

浄土真宗の親鸞聖人は「見真(けんしん)大師」というお名前がありますので、見真堂=親鸞聖人堂として浄土真宗信者が多く参拝。
一昨年の10月からは、毎月21日と22日限定ですが、見真堂の堂内にてご回向が出来る。

布袋堂(写真上)
大阪七福神めぐりの1番札所。
俗に「乳のおんばさんのお堂」と呼ばれる。一説には元来聖徳太子の乳母を祀ったのが始まりで、布袋の乳の豊かさと母乳がよく出ることを祈願することから結びついたといわれる。

ここの布袋尊は、豊かなお腹は福を呼び、背中の黄金袋は財を呼び、手に持つひょうたんは諸願成就が叶うといわれています。
毎月21日、布袋堂法楽が厳修。

昨日、母の三回忌の法要を六時堂と亀井堂で済ませてきました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海紅豆

2017年06月17日 | 植物
先日、大阪女学院のヘールチャペル訪問の際、チャペルの南側で海紅豆に出会いました。

この樹には懐かしい思い出があります。
数十年前、購入した時のこの樹の状態は、高さ1m、径10㎝ほどで細い枝が一本のみで葉もなく、まるで丸太を植木鉢に差し込んだ状態でした。
付けられていた花の写真は、真っ赤で珍しい形をしていましたので購入しました。

春先に購入してから物干し場に置いて水だけは遣っていたのですが、なかなか芽が出ず枯れているのではないか、と思われ、とうとう父に愛想をつかされごみとして出されるため庭に降ろされていました。

数日後、ごみとして出す日相棒が「芽が出てます」と。
急遽、物干し場へ移動、その後開花し美しい真っ赤な花を見ることができました。

海紅豆(アメリカデイゴ)
マメ科、南アメリカ原産の落葉低木。江戸末期に渡来。
鹿児島県の県木であり、アルゼンチン、ウルグアイの国花。

日本では庭木や街路樹として使われる。寒さに弱いため関東以南で栽培可能。
日当たりのよい北風の吹かない暖かい所へ植え、肥料は与えすぎない様にする。

花期は6~8月頃,枝先の長い花序に深紅色の花をつける。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ヘールチャーチ 大阪女学院

2017年06月14日 | 史跡
大阪城の南、難波宮跡公園の東南に位置する大阪女学院の「ヘールチャーチ」が、今年5月登録有形文化財に指定され、記念講演会に参加して来ました。
この学校には、勤務時代の数年間毎年のように訪問をしたことがあり、また大阪城までのウオーキング時にも何度も正門前を歩いていましたので当時のことが懐かしく思い出されました。

ヘールチャーチ
昭和26年竣工。建築設計ウイリアム・メレル・ヴォーリズ。

昭和20年6月の大阪大空襲で大部分が瓦礫と化したキャンパス。
焦土の中、米国長老会教会の視察団が来日の際当時の西村次郎副院長は「あなたたちが焼いたのだから復興資金を出してほしい」とユーモアを交えて依頼。
その甲斐あって昭和24年に20万ドルの資金贈呈を受け校舎建設が一気に進み、昭和26年北校舎とヘールチャーチが竣工。
学院の創設に携わったA・D・ヘール宣教師一家を記念して「ヘールチャペル」と名付ける。

戦後復興期を代表する建築物として今年5月登録有形文化財に指定。
また、適切な維持保全で永年活用されている建物に贈られるBELCA賞も受賞している。

ウイリアム・メレル・ヴォーリズ
明治38年アメリカから伝道を行うため来日、太平洋戦争のさなか帰化し一柳米来留(ひとつやなぎめれる)と改名。

建材やオルガンの輸入、メンソレータム(現近江兄弟社)の販売等を行った近江セールズ社を創立。
当時疎外されていた結核患者を救い続けた近江療養院を開設。
幼稚園から高等学校にまで及ぶ教育活動。

建築においては住宅から学校、教会、デパートからホテル、オフィスまで幅広く手掛け戦前だけで1500件を数える。
その建築物はクリスチャンマインドによっていて、依頼主の求めにふさわしい様式を選択し、住み心地の良い、健康を護るに良い、能率的建物を目指した。

四角い外観ですが内部には曲線が多く取り入れられていて、ステンドグラスも見た目には地味な色合いですが光線によって変わる色合いが落ち着いたやさしい感じを与え教会らしさを醸し出していました。
こんなに近くにヴォーリズの作品があるとは知りませんで、相棒とも良い時間を持つことができラッキーでした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第4回関西花の寺

2017年06月10日 | 関西花の寺
昨日は、第4回関西花の寺、今回は兵庫県の3ヵ寺へ。
難波7時集合、梅田から中国道、舞鶴若狭自動車道、北近畿豊岡自動車道を経由して豊岡へ。

バスは、真っ青な青空から降り注ぐ明るい陽射しを受ける早苗や青々した山並みを望みながら約3時間のドライブ。
最初の参拝寺隆国寺に到着、石垣に囲まれた趣は城郭のようです。

隆国寺
曹洞宗。
室町時代、山名家の四天王垣屋隆国公の菩提寺として開基。
本尊は、聖観音菩薩で60年に一度開帳の秘仏。

本堂内の襖には、虎・孔雀・鶴(中にコウノトリも)等が画かれ岸派(江戸時代)の作品。
遣明使節団が持ち帰った牡丹を本尊に供え境内にも植えたことから、現在では但馬のぼたん寺として有名。

境内には白い花が満開、ヤマボウシでした。
また、花は小ぶりですが赤、青、紫と色とりどりに咲く山アジサイが見頃でした。

出石にて昼食。バスで小1時間、應聖寺へ。

應聖寺
天台宗。白雉年間天竺の法道仙人により開基。
播磨守護職赤松家の祈願所として七堂伽藍を整え再興。

法話の際、当寺は沙羅双樹の寺として有名で境内には200株程度あるが、今朝点検したところ咲いているのは樹の先端の一輪のみ、と。
境内には沙羅だけではなく色々な花が咲いていて、セッコク(写真下左)も見頃です、と。

一輪の沙羅の花の下には、涅槃の石像。(頭と足を造られ胴体部分にはサツキが植えられています)
先代のご住職が余命3か月を宣告されてから刻み始め、12年を要して完成後亡くなられたそうです。

バスで移動90分、鶴林寺へ。

鶴林寺
天台宗。
排仏派から逃れていた高句麗の僧恵便法師の教えを受けるため、この地を来られた聖徳太子が精舎を建立し四天王寺聖霊院と名付けられたのが当寺の始まり。

養老2年、太子の遺徳を顕彰するため七堂伽藍を建立、その後慈覚大師円仁が入唐の際立ち寄られ薬師如来を刻して国家の安泰を祈願され、以後天台宗となる。

天永3年鳥羽天皇から勅額を頂き、鶴林寺と改め隆盛を極めた。
今でも、刀田の太子さん・播磨の法隆寺と呼ばれ人々の信仰を集めている。

太子堂(平安時代)。本堂(室町時代)は、建立当時から残り何れも国宝である。
室町時代建立の三重塔は、江戸時代に大修理が行われ、仁王門と共に県の指定文化財。

ここでも沙羅はつぼみでしたが、菩提樹の花が満開で香りと共に楽しめ、広大な境内は往時の面影が偲ばれました。

海岸線道路の渋滞情報により中国道へ回って難波着7時30分。
梅雨に入った所でしたが、素晴らしい好天に恵まれ目的の沙羅の花には一輪出会え。また多くの花にも出会えた楽しい旅で相棒共々満足の一日となりました。

今回は、加古川上流の豊岡市から下流の加古川市までを旅しました。
ご住職のお話しの中に、つぼみに出会ったら「頑張って咲いてね」、また散った花に出会ったら「よく頑張ったね、ご苦労さん」、と心の中で声掛けをして花を見るように心がけたいと思いました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

坐摩神社とアジサイ

2017年06月07日 | 史跡
先日、坐摩神社のアジサイが見頃、との新聞記事がありましたので相棒と共に見に行ってきました。
地下鉄本町駅から徒歩数分南御堂の西側。

表門には立派な三ツ鳥居、境内には高さ1m位に揃えられた鉢植えのアジサイが色とりどりに妍を競っています。
正面の拝殿でお参りを済ませて、境内を一巡。

坐摩神社(いかすりじんじゃ・通称ざまじんじゃ)
摂津国一ノ宮。
神武天皇が即位されたときに御神勅により宮中に奉斎されたのを起源とし、神功皇后が新羅より御帰還の折淀川南岸の大江の岸田蓑島、のちの渡辺の地(現在の天満橋の西方石町附近)に奉祀されたのが始まり。

平安時代の延喜式に摂津国西成郡の唯一の大社と記される全国有数の古社。
天正10年(1582年)豊臣秀吉の大坂築城に当たり替地を命ぜられ、寛永年間現在地に遷座された。

神功皇后が応神天皇の御安産を当社に御祈願になり、近くは明治天皇がお生まれになるとき特に宮中より御祈願があり、当社の秋季大祭当日(旧暦)に皇子が御降誕されたことから、安産の神として広く信仰を集めている。
明治元年、明治天皇大阪行幸の際当社に御親拝になり境内での相撲を天覧されました。

坐摩(いかすり)の語源は諸説ありますが、土地又は居住地を守り給う意味の居所知(いかしり)が転じた名称といわれています。

境内には、「上方落語寄席発祥の地」の碑があり、江戸時代後期に初代桂文治がこの地で初めて寄席を建て大道芸であった落語を室内の高座で演じる現在の形に改めたのが寄席興業の始まりで、天満天神繁盛亭に引き継がれている。

オフィス街の真ん中にある坐摩神社で、こんなに見事なアジサイに出会えるとは思っていませんでした。
現在、地植え、鉢植え合わせて約30種類・200株が栽培されていて、今月中旬まで楽しめるそうです。

白いまりのような形の「アナベル」・ピンクのガクアジサイ「ダンスパーティー」・鮮やかな赤色の「パリ」などが紫の花に混じって目を引きます。
梅雨入り前、相棒共々満足の一日でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加