DAY BY DAY

その先へ

駿河湾沿いを走る

2016年10月18日 | 静岡県
駿河湾沿いを走る


徳島脱出から浜名湖畔まで走り、宿に着いたのが11時頃だった。
フロントの綺麗な尾根遺産が優しく労って(営業スマイル?)くれたので、
おじさんは、一気に疲労回復したのでありました(笑)

温泉に浸かり、爆睡した翌朝はちょっと寝坊。それでも夜明け前に出発・・・








夜が明け始めた頃の、浜名湖西岸・・・





ここから焼津へ向かい、最初の目的地、大崩海岸への入り口・・・








絶壁の中腹を走る県道416号線だ。結構キワドイ道路だったりする。
右側にはホテル。遮るものが何もないので、駿河湾が一望できるホテルかと。
早速トンネルを抜けると・・・









幅員は5mほど。大型車両の通行は出来ない。
全長はおよそ5.4km。しかしまぁ、よく造ったねぇ・・・





行き交う車両がほとんど無かったので、ササッと写真撮ったが・・・駐停車は厳しいかな。
だけど、夕日の時なんかは、綺麗だろうな~。

先を急ぐと・・・





最も古いと言われる「石部(セキベ)海上橋」だ。全長は360m。








山沿いには、旧隧道が残っていた。昭和46年に崩壊し、廃道となったようだ。
地図で見ると海の上に存在していたが、実際も海の上(当たり前か)

ちなみに、数台止められるスペースがあって、天気がよければ富士山が見えるらしい。
さらに進むと・・・





久能の海岸通り、通称いちごロードへ。ここは、完全2車線の快走路だ。








いやぁ、こう言ったシーサイドは気持ちいいね~~(^^)
何故か通行量も少なくて、快走できました! そして・・・





世界遺産に登録される前に、やって来たぞ(笑) 名前は知っていたが、初めての訪問。
実は駐車場がよく分からず、住宅地をウロウロしてしまった(^^;;











アカデミックな所なんだ。羽衣伝説・・・ちょっと切なく感じるのは私だけ?

付近の御穂神社には、羽衣の切れ端が保存されているそうだが、
いったい、どんなお姿をされていたのだろう・・・

ここは、地元の方の散歩コースになっているようで、たくさんの散歩人?とすれ違い、挨拶を交わした。
そんな日本の朝を満喫した後に・・・








ここでは糖分の補給(笑) いちごロードを走ってきたので、いちごミックス味(笑)
建物の屋上が展望台を兼ねているそうなので・・・








富士山を眺めながら、いちご味の糖分補給を済ませる、怪しいおじさんだった・・・(^0^;)
最後に向かったのは・・・








田子の浦港の近く、だったかな。
たくさん積まれたコンテナを背景に、車入れの写真撮影って思ってたけど、場所が分からなかった。
視野が狭くて(心も狭いけど・・・(沈) 見つけ方が下手くそだね(T.T)

さてと、今日はなるべく早く帰らなくちゃなので、さっさと帰りませうか。

浅間神社で何かお祭りだったのだろうか、しばし渋滞。
新東名駿河湾沼津SAでは、なんと!駐車場渋滞・・・日曜日は、様子が全く変わることを思い知った。



三日間のまとめ

総走行距離・・・2073.5km
平均燃費 ・・・13.1km
ジャンル:
ドライブ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大鳴門橋~渦の道 | トップ | 出流山5合蕎麦、そして奥之院へ »
最近の画像もっと見る

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。