癒しの音楽家でーす! ありがとうございま~す。

(登場するストーリーは、全てリアルフォトとノンフィクションのみで綴られています)

【高野熊野は地球を救う】晴れ乞いの儀式。

2008-08-26 20:07:53 | 癒しの音楽

・・・・・。

 

 

本宮に朝が来る。

 

 

日の出前、

ヒグラシと様々な鳥達による、

この世のものとは思えない様な、摩訶不思議なオーケストラ。

これも本宮の魅力のひとつ。

 

 

大斎原にも朝霧がかかる。

 

 

明治の台風で崩れ川をせき止め、

旧社殿をごっそりと流し尽くした山は、

平成の今になって再び再発を畏れ削られる。

その上に現れる龍雲。

このエリアの深い歴史の因縁を感じる。

 

 

熊野の仙人との出会い。

 

縄文時代の立石(ストーンヘンジ)に連れて行かれ、

その前での「晴れ祈願」の奉納演奏。

 

 

その仙人より、熊野の断崖絶壁で岩山に開いた穴をまるで石笛(いわぶえ)の様に吹く映像を観せられ絶句。

こんな方が今も日本に存在する事に・

熊野は奥深いを、またしても再認識させられる。

 

 

この立石は、縄文時代よりどんな地震にも倒れないらしい。

 

 

一見、ただの岩ではありますが、

 

 

後ろに回ると、

古代の叡智に基づき計算し尽された構造が解る。

垂直にカットされた要石が支える。

誰がこの岩を・・・。

 

 

奉納演奏の始まり。

 

 

ここは本当に天上と近い感じのする場所で、

 

 

音を出すに連れ、

 

 

彩雲が・。

 

 

夜の大斎原での稽古では、

妖艶な月が顔を覗かせていました。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【高野熊野は地球を救う】本... | トップ | 【高野熊野は地球を救う】白... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。