癒しの音楽家でーす! ありがとうございま~す。

(登場するストーリーは、全てリアルフォトとノンフィクションのみで綴られています)

七色(なないろ)観音奉納演奏。

2009-07-23 19:38:16 | 癒しの音楽

村の方と・外から入られた方により、

朝早くよりこの日の為に、

滞りのない地場調整が行われた事をお聞きしました。

 

 

こんな気が沸き立つ場所では、よく見かける枝振りの樹。

 

 

 

観音堂のある高台の敷地に入る直前の湧き水を溜めた場所。

そこで、神聖な空気に変わる

たぶんここが、この日の結界された入り口だったのでしょう。

温かく包み込まれる様な風が、

観音堂のある上方から停めどなく流れてくる。

 今回はそんな場所での演奏でした。

 

 

演奏の始まり。

鳶(とんび)が演奏直前に上空に円を描く。

 

神の使い・・・

  

 

一曲目、

涙が溢れて来る。

初めての場所ですが、何故か近しい感じを受ける。

 

 

ずっと温かい風が降り注ぎ

新たな曲が降りる。

 

 

村のこの観音様を護られている方や、

今回この場所に導いていただいた方皆様のサポートにより、

本当に素晴らしい奉納演奏となりました。

 

 

あとでお聞きしたのですが・

演奏途中、意識を失う方が顕れ、

この場所がどれだけピュアーな空間になっていた事を再認識。

 

 

鎮守の杜は音に反応して揺らぐ。

 

 

これも観音様の発現でしょうか・

柔らかな3本の雲の筋。

観音様のエネルギーは本当に柔らかで温かい感じのものです。

不思議ですが、

私はこの時、これを何の違和感もなく感じられる事が出来ました。

 

すべては音に始まる。

音を観る力・

それが観音力!

 

これこそが真に、

大自然のエネルギー!

 

これからの地球の人類を救う力。

 

 

太陽が顔を覗く。

梅雨の天気予報を逆なでしていました。

 

 

この観音堂の高台から眺める景色は、

すでに数年前?・

観た事のある、私の夢に出てきた場所でした。

 

 

さらに驚いた事には、

それが新宮の全龍寺の末寺であった事。

今回お導きいただいた誰もが知らなかった事で、

これまで私が2回も演奏をさせて戴いた新宮の全龍寺の末寺とは・

私もそれを知り、少し動揺しました。

 

 

すべてはご縁の元に。

 

無事奉納演奏を終えての記念撮影。

向かって左が、村を護られている地元の皆様。

右が、私達地球防衛軍の混成軍です。

 

 

演奏についてのご相談ご依頼はこちらまで。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 音を観る事を感応する! 新... | トップ | いざ大丹倉!熊野の大自然の... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。