癒しの音楽家でーす! ありがとうございま~す。

(登場するストーリーは、全てリアルフォトとノンフィクションのみで綴られています)

お大使様の手の込んだ・ いや、粋な計らい?

2007-06-28 12:19:26 | 癒しの音楽

去年の暮れの熊野行きで高原熊野神社と出会い、

 

その時、突然現れた虹。

 

当時空海が見たとも植えたとも伝えられる境内のクスノキの巨木。

 

その後、空海が若かりし頃修行したと伝えられる大阪槇尾山蔵岩での奉納演奏。

 

 

そして・今年の2月より急激に動き始めた一連の不思議な流れ。

二上山での奉納演奏。

 

 

高原では奉納演奏の日時も決定し、大祭にも参加。

 

しばらくして・高原の直前に、

熊野3連チャンの演奏のお話が舞い込む。

大斎原にそのツアーの御報告と安全祈願に参拝した時に現れた

彩雲。

 

 

太地町 梶取崎では、

 

鳶が舞い・3頭の鯨が現れ、

 

古座川町の一枚岩では、演奏中だけ雨が止み、

 

岩山の稜線は怪しく光り、カジカの鳴き声とのアンサンブル。

 

本宮町 七越峯 大斎原に向けての演奏では、

 

 

光の輪が現れる。

 

 

本宮 奥宮の船玉さんでの奉納演奏。

 

 

遂に、高原熊野神社での奉納演奏。

たぶん・このときに何かが・

スイッチONされる。

 

この時も、やはり大きな光の輪が・。

 

その後、私の今年のメインでもあった9月に予定されていた

「高野山 砂曼荼羅」が突然中止となる。

中止のお詫びと報告にお山へ。

 

でもその後もまだまだ現れる空海の影。

 

 

帰りに空海が高野山を開いたときに護摩を焚いたとされる立里荒神に参拝。

 

 

山の頂上にある本社殿では、龍の風が吹き荒れ、

そこでその風の音より曲を戴く。

「森の声」

 

演奏態勢にない時で初めての体験。

 

山を下りた次の日・

今回の壇上伽藍での出演依頼のお話が届く。

 

 

和歌山空海院での、龍降ろしの奉納演奏。

 

 

宝塚 竜王山での奉納演奏。

 

そして、カナダ。 

 ペンバートン 先住民の居住地での奉納演奏。

 

今、目に観得ない世界では、お大使様が強力に動かれているとお聞きします。

こんなご時世では、当然の事とは思いますが・

 

私の、この半年程の

自分の意思じゃないところでの事象も、

ようやく線となりツナガリ始め、

 

今回高野山壇上伽藍へのお導き。

 

誰もがどれだけ頑張っても、ツナゲ続ける事の出来ない様な、この一連の熊野や高野へのナガレ。

 

まったくその次に何が起こるのか・何処に行くのか・

今・何も解りませんが、

 

それだけに逆に、

 

先の観得ない事ほど確かな事、と・

 

思ってしまうのでありました。

 

癒し音楽 MA RECORDS】 YASUNOBU MATSUO

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 7月1日(日) 高野山 壇上... | トップ | 高野山 高野山声明と松尾泰... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。