筑前の国からこんにちは!

北九州市を中心に、福岡県とその周辺の情報を発信していきます。

紫陽花の小径を分け入って

2020年07月03日 18時25分05秒 | アジサイ

紫陽花は梅雨がよく似合う花ですね。

いつも行く公園は紫陽花の花が様々な雰囲気の小径を作ってくれ、
一日散策を楽しませてくれました。

下の地図のスタート~エンドまでが散策路です。
本文を見るときの参考にしてください。




*********************************


公園に入ってすぐに茶店裏の野草園で紫陽花の小径はあります。
小径はかなり狭く植物とに触れながら散策です。

入口




ガクアジサイ
小径を分け入ると咲いていました。


*******************

野草園を出て茶店前の睡蓮の池の前に出てきました。

池には睡蓮が顔を見せ、ナガバミズアオイ(長葉水葵)が満開で、池の奥でひっそりと紫陽花が咲いていました。




**********************
池の畔を抜けて、紅葉の森の入口に憩いのテーブルセットが迎えてくれました。
この時期は、横で咲く紫陽花を見ながら癒やされます。


********************
紅葉の森の中は紫陽花がこの時期散策者を楽しませてくれます。
この路は小径ではなく散策路ですね。




*******************
散策路を暫く歩くと、一段下に紫陽花の小径を下り友好の森があります。
素敵な東屋がありここでも癒やされます。

紫陽花の咲く階段を降りていきます。


緑に囲まれた友好の森の東屋です。
周囲を様々な彩りの紫陽花に癒やされます。


十分癒やされた後は、紫陽花の階段を登り先程降りた来た散策路に戻ります。


***********************
大花壇の横の散策路は紫陽花の小径です。
休憩するベンチもあちこちに置かれてゆっくりと散策できます。




一通りの紫陽花を見て回りました。

この公園で見る紫陽花は、深い緑に守られ日陰のなかで
ひっそりと艶やかに咲くことができて幸せそうに見えます。


コメント (12)

散歩が楽しくなる足裏サポート治具

2020年06月19日 17時04分20秒 | 健康

新聞、TV,ネットなどの情報から、これはアイデア商品は使ってみたいなと思っても、
本当に効果があるかどうかわからないことや高価な場合、諦めることが多いです。

そこで、その商品の原理を考えて自分で試作品を作り使って効果を調べることがあります。

今回のその商品とは、足の裏に付けるもので歩く時に軽く歩けるようになるそうです。

作り方は、とても簡単で安価で済み、そのまま今も使っています。


半年前頃の歩くときの不具合(なぜ使ってみたかったか?)

歩く時なんとなくいつもより足の運びが重くなり、20分くらい歩くと左足がしびれた感じになり、
股関節が痛くなり休まないと堪りませんでした。

5分くらい休むとまた歩けるようになります。

そんなこともあり、家内と一緒に行く買い物も少し苦労していましたし、
階段や、坂道を自然と避けるようになっていました。


そんな時、新聞の広告に「驚くほど足が楽になるというアイデア商品」が出ていました。


商品の原理

足裏のアーチを補強し、足指の親指と小指と踵の3点で体を支える治具です。

広告を読んでも、自分に効果があるか確信が持てないし、価格は約6千円でした、
今の歩きにくい状態を改善できるかもしれないと思い興味がありました。

4ヶ月前の2020年2月に新聞広告を見ただけで、原理はなんとなく理解できるし、
安く自分で作れそうなので、作って試すことにしました。


実際の効果

効果は、とても有りました、30分以上歩いても足の痺れ、股関節の痛みも出なくなり、
歩く時、とても足が軽く足が出るように感じました。

その結果、坂道や階段も苦手意識が少なくなり、
今まで何度も鳥居の前で引き返した中間市にある埴生(はぶ)神社の長い階段(300段くらい)も登り、参拝したり、
今まで一度も降りたことのない北九州にある河内(かわち)堰提の200m以上、下にある公園にも降りることができました。

汗と息切れはすごくしたのですが、足は全くどうもなかったのです。


治具の作り方(概要)

原理は、ゴムの力を利用して、親指と小指を足裏側に押し付け、
足裏のアーチ部を足の甲側に引っ張るだけです。

これにより、親指と小指と踵の3点で体を支え、足裏のアーチを確保するものです。


材料

すべて百均で買い揃えました、ワンコインでOKです。

フェルト布 1枚

ゴム紐 白と黒の2色 各1

ガーゼ

縫い糸 

************************

作り方

不格好ですが、実物の写真です、以下の作り方の参考してください。
黄色の○が縫い付けるところです。


1.フェルトを自分の足裏に合わせてカットします。
足裏の半分くらいの大きさです。

2.黒いゴム紐で、自分の足のに合わせてゴムの強さを調整してカットします。
親指と人差指の間、小指と薬指の間を通して踵を回し、適度な力になるように調整する。

3.白いゴム紐で足の甲と裏を適度の強さになるようにカットして要所を縫い付けます。

4.親指部がゴム紐では痛かったので写真の黒ゴム部をガーゼと入れ替える。
痛くなければなくてもよい。

5.足裏のフェルトの形を装着して修正して完成する。
実際に装着して歩いて当たり方を調整する。

試作して足裏に付けて歩いて付け心地など細かい手直しをして今の所2セットを作り歩いています。

履き心地が良く十分このまま使用できます。



装着した状態

外出する時は、この治具の上から靴下を履きます。

上から見たところ


横から見たところ


足裏から見たところ



治具を2セット作り、外出する時は、入れ替えながらいつも装着して出かけます。

おかげで足回りの疲れはほとんど感じることが無くなり、
足回りの不調が出る前以上に長い時間を快適に歩けるようになりました。



コメント (22)

血圧低下へのトライ・・・首まわしによる効果

2020年06月14日 11時12分56秒 | 健康

健康を維持するためには、血圧管理はとても大事ですね。

20年前、高血圧の指摘を受け、今も降圧剤を処方して飲んでいます。

並行して、血圧低下への自分の取り組みとして降圧剤の処方以外に
自分で酢玉ねぎを初めとした食事療法もしてきました。

また、呼吸方法と血圧がとても関係していることはわかったので、
その方法として息を吐く時、口をすぼめてゆっくりと吐き出すと良いことを知り実行中です。

そんな経過があってそれなりに血圧も安定しています。

最近、ネットの記事で首まわしが血圧に効果があると出ていたので早速試してみました。

これは驚くほど血圧を下げてくれ、今までの努力を上回るほどでした。


その経験を今回まとめました。

方法はいたって簡単で、朝起きて、いつものようにしばらく安静し血圧を測ります。

その後、できるだけ大きく首を回します。

私ごとですが、時々、首の位置によってコキッと音がしたり、首の筋か筋肉が痛いところがある場合があります、
その位置を中心に音が止まるまであるいは痛くなくなるまで優しく回します。

数回転くらいで2~3分くらいかけています。

その結果は、驚異的で平均で高い方で約20、低い方で約15も下がりました。

下がりすぎて、低過ぎが心配になることさえあります。


その血圧低下は、朝起きて測定する時に顕著に現れ寝る前ではその傾向は少ないので、
寝ている時に首に無理がかかっているのかもしれません。

頭部は心臓よりも高い位置に有り、基本的に血を回らせるためには高い血圧必要とするので
わずかの首周りの血管の状態が血圧に大きく影響しているのでしょう。

いずれにしても、首回しをしたことによって首周りの血管が流れが良くなり
脳に血が巡りやすくなり、心臓の負担、血管の負担が軽くなることは間違いないでしょう。


詳しい測定結果は割愛しますが、首回しは5月1日以降実施しており、その前後5日づつ測定しました。

結果、以下のように深呼吸をしただけでは、高い血圧は0.8、低い血圧は4しか下がらないのに対して、
首回しをした後は高い方で実に約20、低い方で約15も下がり効果が大きいことが分かりました。



                                                                                         血圧比較 (測定5回の平均)
                                                         首まわし (今回の新方法)              深呼吸のみ(従来方法)
                                                                           
                                                             高              低                                             高              低  
                                      推奨値      135~100     85~60                   推奨値    135~100     85~60     
                                       1回目       128.8              90.6                       1回目        128.8           89.6   
                                       実施後     107.4               75.8                      実施後        128             85.6   
                                            差          21.4               14.8                                          0.8               4


今回、首回しの血圧に対する効果をどういうふうに表すとよいのか
測定毎の数値がかなり違い悩みました。

今日になって平均値で比較みたら良いのではと思いつき、
計算してみると明らかに差があることがわかりました。

在職中は、なんでもなく使っていた平均値も10年も離れると使い方を思いつかなくなるものですね。


昨夜ブログをまとめ終わってそのまま就寝しようとしてふと頭によぎったことがあります。

朝起きてからの首まわしでこれほど血圧が下がるのは、首に負担をかけて状態で寝ているのではないか、
それは枕の高さが自分の合っていないのではないかとこの年になって初めて枕について考えました。

ネットで枕の高さと首の状態に付いて調べると、現在の枕の高さや使い方があまり良好な状態ではなさそうでした。

今後、枕の高さと首回しによる血圧変化や朝起きたときの目覚めなどを調べてみようと思います。

もしかしたら、瓢箪から駒が出てくるようなことになったら嬉しいですね。


青く澄んだ響灘と遠くに霞んで見える島影

スッキリした気持ちは響灘の海を見渡したときの気持ちに近いです。



 

コメント (12)

観葉植物ポトスが一番のお気に入り

2020年06月08日 11時27分24秒 | ガーデニング

3年前から我が家の中心場所に、観葉植物ポトスが堂々と居座っています。

買ってきて、早や3年目を迎えます。

ガーデニングを始めた当初は、主に花を育てていましたが、
陽に当てたり色々手間がかかり割に、花を見る期間はわずかです。

理想が外の光も十分に入らない家の居間で花や植物を楽しみたいのに
それが叶えられず満足出来なくなりました。

そんな思案をしている時、観葉植物ならあまり太陽の光に当てずに部屋の中に置いて
いつでも楽しませてくれるので良いなと思うようになりました。

いろいろ観葉植物を調べた結果、選んだ観葉植物はポトスでした。

適度に成長し、柔らかな葉が家の中を癒やしてくれるように思えました。


ポトスの成長は、遅いのですが知らない間にゆっくりした速さで成長し姿が変化していきます。

毎日、葉水をやるのにその姿の変化を気が付かないものですね、
気がついたときにはどんな形に仕上げようかとワクワクしながら葉水を与えながら毎日を送ります。

蔓性なので柔らかな針金などで形を自由に変えられるので、楽しみです。


現在の姿

今日は6月7日で撮影は2月18日の姿を整形した正面から見た最終形です。
4ヶ月前ですが姿は変わりません。
大きさは、およそ高さ60cm,幅50cm,奥行き60cmです。
赤いマークは成長つるの先端で3箇所です。


***********************************

購入から現在までの姿の変化

2017年6月27日

購入時 


鉢植え変え後


*****************

2018年1月18日(購入後7ヶ月後)
成長がゆっくりです。
定期的に水と肥料を与えるだけで手間がほとんどかかかりません。



************************
2019年6月3日(購入後2年後)

かなり成長して見ごたえがあります。
針金で整形しました。
針金で今後成長する方向性を与えると思い通りの姿になることが分かりました。


**********************

2020年2月18日(2年8ヶ月後)

かなり蔓や葉が伸び放題になって、整形をしないと見苦しくなりました。


整形前

右から見たところ                                                                                     正面から見たところ                  

     

・・・・・・・・・・・・・・・・・
整形後
無駄な蔓や葉を落とし、将来育ってほしい姿を想定し針金で伸びる方向を形を作りました。
この先の形への思いと針金で行う作業が殊の外楽しいものでした。
赤い紐を成長している蔓の先端3箇所につけました。

右から見たところ                                                                                     正面から見たところ                  

                                                                                                                   最初の写真と同一です。
    

我が町北九州市は、新型コロナの発生した街として連日TVなどを賑わしています。

最近になる少し落ち着きを取り戻しつつありますが、経路不明者数も多く外出が怖くて仕方ないです。

紫陽花、花菖蒲が咲いている今、ブログネタを撮りに外出する気が起こりません。


良い機会と考え、日頃変化があったときや手を加えた時に
撮りためていた写真を元にブログをアップしました。

3年も前から記録と記憶をたどると、結構時間がかかりますが、
思い出しながらまとめていくのもまた良いものです。

コメント (16)

ペラルゴニウムエンジェルアイズ(ビオラ)・・・4年の歩み

2020年06月01日 20時22分30秒 | ガーデニング


4年前に購入したペラルゴニウムエンジェルアイズ(ビオラ)が今年も元気に咲いてくれました。

花言葉は「あでやかな装い」で、それ以外にかっては同じ名前で呼ばれた四季咲きゼラニウムと
同じ花言葉の「君ありて幸福」「尊敬」「決心」などです。いい花言葉ばかりですね。

エンジェルアイズは、小輪の花をかわいらしく咲かせ、たくさんの枝を生やすことが特徴で、
コンパクトな草姿から自由な形に仕上げやすい花です。

買った最初の頃は、花姿が緑で包まれその上を花が緑の葉を覆い尽くす感じでしたが、
2年前から茎が木質化してきて育てる情熱を失いました。

なんとか最初のような緑の葉に乗っかるように花が咲くようにならないかと
2018年12月に伸び切った木質化した茎をすべて切り払い、新たな茎の成長を期待しました。

100%満足では有りませんが、一応目的に近い花姿に戻りました。



2020年5月5日
最近の状態で、今は花がもっと少なくなっています。
一番良い状態では有りませんが、なんとか満足しています。


*********************************

2016年の購入時期から2020年の上記の状態になった経過を時系列にまとめました。

2016年9月16日
購入してすぐのときです。
花も葉も茎も生き生きして世話をしても気持ちよかったです。


2016年11月3日
花は落ちましたが葉も茎も緑でイキイキしています。


**********************

2017年5月10日
なんだか全体的に痩せてきて茎が木質化してきました。


2017年11月7日
木質化した茎が目立ち、処置をどうするか悩みながら育てている頃です。


**********************


2018年5月27日
茎の木質化が目立ち始め、スカスカした感じが嫌でした。


2018年7月2日
木質化した茎が嫌になってきたころです。



2018年12月10日
伸び切った木質化した茎は全体の花姿をスカスカにした感じにさせるために、
新しい茎が出ている茎以外はバッサリと除去しました。
枯れても仕方ないと覚悟しました。

選定する前


剪定後

バッサリと切ってしまいました、またいっぱいの新鮮な茎と葉がついてくることを願いました。


**********************

2019年3月28日
あまり心配しなくてよかったです。
若々しい緑の茎が生えてきました。
嬉しかったですね。


2019年7月3日
木質化した茎が少なくなってきた。
花姿を整えたかったのですが、まだ早すぎなのでそのままにしました。


2020年5月5日
最近の状態で、今は花がもっと少なくなっています。
一番良い状態では有りませんが、なんとか満足しています。
最初の写真で重複させています。


最近は、あまり面倒を見ることもなく外に置いて水や肥料を与えています。

こちらは冬も0℃以下になることはないので外で冬越しが出来ます。

一時期は朽ちた花や葉を除去したりして丁寧に面倒見ていたのに
今は室内にある花や植物ばかりに手を入れています。


ブログにまとめていると、外で健気に咲く花も丁寧に面倒を見ていこうという気になります(笑)。
緑豊かな葉がこんもりとなり、花が踊るように咲いてくれる姿を目指したい。

来年はそんな姿に近づけまた報告したいものです。

コメント (16)