ONCC 史跡探訪クラブ

史跡探訪の活動記録・紹介

第1回 双ヶ岡、 御室桜

2021-04-09 | 日記

 4月6日、14名で、兼好法師ゆかりの双ヶ岡と仁和寺の御室桜を見に行きました。
 各自で昼食を済ませて、12時30分に阪急西院駅に集合しました。


JR嵯峨野線の花園駅から西の双ヶ岡の南麓から三の丘を目指します。


二の丘の頂上付近は伐採されており、南東には京都タワーも遠望できます。


一番北側の一の丘からは仁和寺が眼下に望めます。


一の丘は直径44mの円墳で、横穴式石室があり、被葬者は秦河勝が有力とのことです。


兼好法師は、二の丘の西麓に住んでいたので当初、お墓は西麓にありましたが、
後世に東麓の長泉寺に移されています。


長泉寺の近くに、オムロン発祥の地の碑があります。 
立石電機が大阪から移ってきた時に、地元の御室からブランド名となりました。


仁和寺の南西に第58代光孝天皇陵があります。 
仁和寺の造営を始めましたが完成を見ずに崩御されました。


第59代宇多天皇が仁和寺を完成させました。御殿からは、池越しに五重の塔が見えます。


花びらが淡緑色の珍しいサトザクラの御衣黄(ぎょいこう)です。


背丈の低い御室桜越しに、五重の塔が見えますが、残念ながら、曇ってきました。


観音堂の前には、千手観音と繋がって救いを授けてくれる千手ひもがあります。


三つ葉ツツジもほぼ、満開です。


シャクナゲもほぼ、満開です。


中門からは仁王門の右手に双ケ岡の一の丘が見えます。


京福北野線の御室仁和寺駅の看板は右から左に書かれています。
帷子の辻経由で西院駅に戻りました。

遅咲桜の御室桜も例年より早く、満開となっていました。


番外 淀川下り

2021-04-05 | 日記

 4月2日、番外編として、三十石船で淀川下りをしました。
一旦は収束していたコロナが徐々に増える傾向でしたが、屋外でマスク着用して16名で
実施しました。


昼食を各自で摂って、12時45分に枚方市立鍵屋資料館に集合しました。


大座敷には立派なお雛様が飾られていました。


大座敷は折り上げ格天井が立派で、館長さんが、鍵屋、枚方宿、三十石船等について
説明してくれました。


堤防からは鍵屋全体がよく見えました。


我々の乗る船が着岸しています。


船内は机が2列でベンチに腰掛けます。


今回の一本松海運の三十石船は下り便が茶菓子とお茶が付いて、4800円でした。
どれもなかなか美味しかったです。


淀川三十石船舟歌保存会の方、2名で気の合った舟歌を披露してくれました。
昔は4名の船頭が息を合わせる為に歌ったそうで、全国大会もあるそうです。


鳥飼仁和寺大橋は唯一の有料橋ですが自動車は100円、歩行者は10円とのこと。


城東貨物線 淀川橋梁は、赤川鉄橋と呼ばれJRの単線の傍に自転車と人の橋があり、渡った
ことがありますが、おおさか東線で複線化になり、今では渡れなくなり、残念です。


蕪村の故郷の説明を聞いている内に大川への分岐点の毛馬のこうもんが近づいて来ました。


閘門は淀川と大川との水位が違うので設置されています。閘門内の水位を淀川と同じに
なると船が入り、入口の扉が閉じられます。


その後で、水位を出口側と同じまで排水します。岸壁の水の濡れ具合で、約1m位
下がったのが分かります。


大川と同じ水位に下がると、出口の扉が開きます。


大川沿いの桜は満開でとても綺麗でした。


造幣局の八重桜も咲き始めていました。今年の通り抜けは予約抽選制でしたが
それも中止のようで残念です。


寝屋川との合流点に来ると、大阪城が見えます。


終点の八軒浜には、多くの観光船も発着していました。

約2.5時間の船旅でしたが、昔の人にとっては、歩くよりも早く、快適な交通手段だったと
思われます。


第8回 明知鉄道 明智町

2021-03-22 | 日記

  3月19日、青春18キップを利用して、岐阜県の明智鉄道、明智町に行きました。
 コロナ対策で授業日が変更になったりで、参加者は6名でした。
 7時35分にJR大阪駅に集合し、7時45分発の新快速で米原、大垣、名古屋で乗り継ぎ、
 11時55分に恵那駅に到着。


恵那駅からは、残雪の恵那山がまじかに見えます。


北西には 遠くに御岳山が綺麗に見えました。


明知鉄道では年間を通じて色々な企画列車を運行していますが、今回はじねんじょ列車でした。


明智光秀をイメージした列車が入線しました。3両編成の内、食堂車が2両と一般車が1両です。
12時25分に出発。


鮎の甘露煮やイナゴの佃煮、名物の寒天を使った色々のお料理に、じねんじょを乗せる
麦飯の入ったご飯と盛り沢山でした。


途中の飯沼駅は日本一勾配の急な駅です。33パーミルの傾斜が分かるように待合室の
基礎が黄色に塗られています。


途中の極楽駅には 金色の紫雲の椅子があり、座りたかったですが、停車時間短く断念しました。


食べ終わった頃、13時19分に終点の明智駅に到着。 明智光秀公ゆかりの赤色コースを参考に出発。


旧遠山邸の彼岸桜は残念ながらつぼみが膨らむ程度でした。


町の南の高台に落合砦(土岐明智城、多羅砦とも呼ばれる)があり、三の曲輪に光秀公産湯
の井戸があります。 結構、深く底は見えません。


二の曲輪には出丸があり、見晴らし台からは眼下に町の主要部がよく見えます。


一旦、下まで降りて、東の沢を進むと光秀の母の於牧の方のお墓があります。 
1741年に建立されましたが、世評をはばかって、名前は書かれていません。 
非業の最後を迎えた丹波の八上城は今秋のお楽しみに。


貯水池は二つに分かれていて、奥の池に入れた水は、小石や活性炭の層で濾過し
底から手前の池に流せるようにしています。現在の上水道と同じです。


池の土手には ショウジョウバカマ?も咲き始めていました。


明智城(白鷹城)の本丸跡は結構、広く大きなお城だったことが分かります。
武田勢と織田、徳川勢の攻防戦もありました。


城攻めの際、横移動を妨害するための大竪堀も残っています。


本丸、出城の南西中腹に、天神社があります。


天神社のすぐ隣に光秀公学問所があり、ここで勉強していたようです。


お城の北西中腹の龍護寺の境内に、光秀公の御霊廟(供養塔)と生誕の地の石碑があります。


龍護寺の西側の八王子神社の境内には光秀公お手植えの楓と柿本人麻呂社があります。


乗換駅の金山駅で途中下車して大急ぎで南広場に移動して見上げると、丁度、お月様(左)の
近くを宇宙ステーションきぼうが通過しているのが、見えました。 通行中の人達にも教えて
あげると喜んでもらえました。

ここまでは、順調に来たのですが、JRに戻ると、米原~彦根近辺で電気関係のトラブルで
大幅に遅れるとのこと。 直前のダイヤ改正で終電車の繰り上げが心配でしたが約1時間
遅れで、23時20分に大阪駅に着き、全員無事に家路に付けました。
皆さん、御苦労様でした。

 

 

 


第7回 阪急西国七福神

2021-01-10 | 日記

 1月5日、毎年恒例の七福神巡りをしました。
今回は身近な阪急沿線の西国七福神で9時に清荒神駅に15名集合して、一番目の清荒神に向かいました。

緩やかな参道には、まだ人通りも少なく、屋台もちらほら。山門を入ると左手に布袋像があり、誰かのお腹みたいと・・・。

 

水掛地蔵の所には、コロナ感染予防で柄杓が外されており、水は掛けられません。

 

阪急の宝塚線、今津線の初詣に便利なぐるっとパス500円を購入して移動。

 

中山寺は駅から近いし安産の神様でもあるので、そこそこの人出です。

 

中段まで登った左手に寿老神のお堂があります。

 

可愛い寿老神像が祀られています。

 

電車で池田駅に移動し、西の呉服神社へ向かいます。

 

入って右手に恵比寿神社があります。

 

恵比寿神は耳が悪いので、社の横にあるたたき板を叩いてからお祈りします。

 

駅に戻って、一旦、散会してそれぞれで昼食を。 池田店限定のバーガーを食べましたが、なかなかの食感でした。

 

箕面駅から少し急な道路を登り詰めると西江寺の階段が。ヒエーという人も。

 

大黒天像は暗くてどこにあるかよく分かりませんがともかくお参りを。

 

西国七福神讃歌の楽譜がありました。作曲は宝塚歌劇団の名誉理事の方でさすが阪急。

 

滝道まで下ってから、上流の瀧安寺へ。ここでも弁財天はよく分かりません。

 

蛍池駅の南東にある圓満寺には福禄寿像がありました。

 

最後は曽根駅の北東にある萩の寺として知られる東光院の毘沙門天です。ここだけは入山料が必要ですが、毘沙門像は奥の方にあって見られないとのことでした。

 

7つのお人形を集めると、梅田駅で阪急形の宝船が貰えました。

今年も全員、無事に完歩でき、コロナにも打ち勝つパワーをもらうことができました。
皆さん、御苦労様でした。

 


第6回 赤目四十八滝

2020-11-27 | 日記

 11月20日、それまで好天続きでしたが、生憎の雨予報。 それでも8名で赤目四十八滝に出かけました。 10時に近鉄赤目口に集合し、10時05分発のバスに乗りました。


 近鉄の道中では小雨が降っていましたが赤目口駅ではうっすら晴れ間も。


 バス10分で赤目滝まで移動し、少し歩くと赤目滝の入り口です。 500円を払って入場。


 大きいオオサンショウウオが見られます。


 遊歩道を少し歩くと、不動の滝で、なかなか迫力があります。


 観光客はお天気も悪いためか殆どおらず紅葉を独り占めの感がありました。


 布曳滝です。  東屋で早めにお弁当を食べました。


 転石の表面に7種類の植物が生えている七色岩です。


 荷物を担ぐ棒に似ていることから荷担滝です。


 赤目五滝の最終、琵琶滝です。

空模様があやしくなって来たので、岩窟滝だけはパスしてもと来た方に戻りました、途中で雨が降り出し、東屋で5分ほど雨宿りし、小降りになったので15分ほど傘を差して歩きました。
バス停近くの旅館対泉閣では15時までなら900円で入浴できるということなので、有志で行きました。
連休直前でしたが、我々だけでゆっくりお風呂を楽しめました。