詰将棋劇場blog

平井康雄の詰将棋など、あれこれ

詰備会

2018-05-05 00:08:51 | 詰将棋
 昨日は詰備会でした。

 週間天気予報では悲観的でしたが、前日の強風下の雨は朝にはあがっていました。降水確率20%だったので安心して傘を持たずに岡山に出向きましたが、岡山駅に着いた頃には雲行きが少し怪しくなる。歩いている間に小雨が降ってきましたが、幸い、雨具が必要なほどではなかったです。

 途中で小池氏に遭遇したので、そのままいっしょに会場まで歩きました。

 13時少し前に会場に到着した時には、すでに数人の方が来ておられました。その後徐々に集まり、結果的には13名とまずまずの盛況でした。

 今回の招待客は、丸亀市の津久井氏。詰パラ会員ではないのですが、先日の解答選手権一般戦倉敷会場で、唯一全題正解(37分)だった方です。
 学生時代以来、数十年ぶりに取り組んでおられるそうですが、藤井6段の影響が大きかったようです。

 今回は、中村斑、利波斑の二手に分かれて、作品展用作品集と小林氏のミニ作品集を解きまくってもらいました。
 作品展用の方は比較的あっさり終わりましたが、小林作品の方はなかなか手強かったです。作者にヒントももらいながら、やっとのことで攻略できました。

 そうこうしているうちに終わりの時間となりました。

 
 上段左から、斎藤・利波・小林・津久井・竹村・中村・小池
 下段左から、片山・吉松・岩本・則内・赤畠 (敬称略)


 その後は、バスで帰られた則内氏以外の12名で、いつもの居酒屋で二次会を開催しました。

 有志で三次会もあったようですが、私は失礼して、津久井氏と同じ電車で帰宅しました。詰パラの購読は「是非!」とお勧めしておきました。


 なお、秋の詰備会の日程も決定しました。
 11月3日(土・祝)13時から。場所は本日と同じく、岡山市天神山文化プラザ ですが、部屋は第5練習室に変わります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

5月4日は詰備会

2018-04-23 18:36:15 | 詰将棋
 2週間後の5月4日(金・祝)は詰備会を開催します。場所はいつもの通り、 岡山市天神山文化プラザ 第一練習室で、13時からの予定です。

 数年前までは連休を避けた日曜日に開催していたのですが、遠来の人が来やすい環境を優先して、敢えて、連休中に開催することにしています。
 連休中だとかえって参加しにくい方もおられるかもしれませんが、その辺はご了承ください。

 ただし、連休中の開催となると、その弊害として、二次会の会場を押さえるのが非常に難しくなります。

 結果、前日の5月3日までに、ある程度の人数を確定させて店側に伝えることになりました。

 そこでお願いです。

 詰備会に参加予定の方(特に初参加の方)は、件名「詰備会」を明記の上、私宛にメールをくださるか、ここのコメントに投稿してくださるようにお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

解答選手権初級戦・一般戦 in 倉敷

2018-04-07 22:43:06 | 詰将棋
 今日は解答選手権初級戦・一般戦でした。

 数日前までは初夏の陽気でしたが、昨日の雨風の影響で桜はスッカリ散ってしまったのに、無闇に肌寒い一日でした。

 倉敷会場は、昨年までの芸文館が改装中で使えなかったので、倉敷市民会館での開催となりました。
 また、昨年と同様、明日の職代戦参戦のため、通常の運営員T氏が不参加。今年も小林氏に代理をお願いしていました。

 12時15分前に会場に到着。駐車場に心配していましたが、意外とガラガラで好きなところに置ける状況で、この点は助かりました。
 会場前では、すでに赤畠氏と小林氏が待っておられました。
 契約が12時なので、12時にならないとカギをもらえないのだそうです。多少の融通は利かせてくれても良さそうに思うのですが、厳格に運営するところもあるんですねえ・・・。

 12時キッカリにカギをもらいに行き、開場。
 昨年までの芸文館では最初から会議室の形態だったのですが、今回の展示室は元々は何も置いてない部屋。3人で、机・椅子を倉庫から出して並べないといけないので、これがなかなか大変でした。

 そうこうしているうちに、お客さんが徐々に集まってきて、受付をして、定刻通りに初級戦が始まりました。29名参加でした。

 今年は初級問題は易しいとの予想通り、大量の全題正解者が出ました。
 間口を広げるために易しくしてあるのかもしれませんが、もう少しは難しくてもいいのでは?というのが素直な印象です。


 引き続き一般戦。こちらは22名の参加でした。

 今年の一般戦は少し変化の難しい問題が混じっていましたね。
 自分で事前に解いたところでは、何とか全解できたものの、30分前後はかかってしまいました。

 今年の倉敷は全解0かと心配していましたが、香川から初参加の方が37分で全解でした。37分というのは全国的にもかなりの上位に入るのではないでしょうか。
 結局、全解は1人のみで、目玉賞品のサイン入り谷川作品集「月下推敲」を持って帰られました。

 昨年の1位松田氏は5番が時間切れで部分点のみの26点で2位。もう一人5問正解25点の方が3位という結果でした。

 途中退室が一人のみなので、21名分を一度に採点して、その後問題の解説をするのは時間的にかなり厳しかったですが、何とかこなせました。 

 記念の写真撮影を終えて、その後、会場の後片付けがまた大変・・・・。17時を少し過ぎてしまったら、事務所から催促の電話がかかってきたり・・・。
 来年は絶対に、芸文館に戻してもらおうと思うばかりです。


 その後、赤畠氏は翌日の職代戦に向けて東京へ出発。
 私と小林さんは近所のファミレスで、看寿賞候補作について意見を出し合うなど、色々議論をして、その後解散となりました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3月のライオン

2018-03-25 02:42:41 | 詰将棋
 3/24のNHKアニメ「3月のライオン」で、主人公の読んでいた詰将棋の本が数カット大写しになって、ほんの一瞬だけ、詰手順まで完璧に表示されていました。録画を停止させて確認したところ下図の作品でした。



  →Flash版・手順 (別ウインドウで開きます)

 適当に書いてあるのかと思ったら、キッチリとした作品だったのに感心するばかりです。

 他にも何作か映っていましたが、残念ながら、部分図ばかりで、全体が見えたのはこの作品だけでした。

 これはさすがにどなたかの作品だったのでしょうか?
 ご存じの方あれば教えてください。
  ※無双12番だったそうです。(加藤氏より連絡)


 それにしても、主人公;桐山零も現実の藤井聡太の前ではスッカリかすんでしまった感じです。

 もし、桐山零がデビュー以来29連勝をして、1年目から名人・竜王にも勝って、将棋4冠王を取ってしまうような活躍をするような話を作ったとして、それを編集の人が受け入れてくれていたと思いますか?
 「事実は小説よりも奇なり」ってことですね。

 本日のチャンピオン戦は果たしてどうなるでしょうか?

 マスコミ対策として、名古屋の秘密会場を増設したそうです。うまい方法を考えたものだとは思いますが、その分、費用もスタッフも余分に必要になるので、運営も大変ですね。
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

詰四会

2018-01-29 20:21:26 | 詰将棋

 昨日は詰四会でした。

 低温続きとインフルエンザ流行の影響だったのかもしれませんが、関西方面からの常連客員の不参加が多く、総勢9名とこぢんまりした会合でした。
 今回の特記事項は、看寿賞作家・廣瀬氏の初参加でしょう。氏は昨年、福岡経由で松山市に転居されて、詰四会の正規会員になられたわけです。

 何作か見せてもらいましたが、流石と思わせる作品ばかりでした。中の1作を作品展用に提供いただいたようです。

 その他は、各人から作品展用の作品を集めて、鑑賞・検討を行い、どうにかそれらしい4作が出そろったようです。

 その後はプルーフゲームやら、フェアリーの超複雑なルールの問題とかの話題になりましたが、結局は結論が出ないままで、中途半端に終わってしまいました。
 
 二次会は直帰された廣瀬さん以外の8名でいつもの居酒屋で盛り上がりました。


 そして、本日帰宅したら、何と・・・・、パラ2月号が届いておりました。まだ29日なのに、異常な早さですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加