夢心

Enjoy

投票ボタンをクリック

blogram投票ボタン

渓谷 渓魚はいづこへ

2019年04月28日 23時39分27秒 | トラウトフィッシング
2日間雨が降り続いたので、水量も増えてるかと思ったが、支流の源流は干あがり寸前。

道中、車越しに川を見ながら厳しそうだと感じた。

休みに入ったし前半バタバタなので今日は1日、ゆっくり沢を楽しもう。


沢へ降りたとこに自生してた美しい植物。
"イカリソウ"





なんでしょうか? 青々して綺麗だった。
"オオバギボウシ"(山菜)もしくわ"バイケイソウ(毒草) 見分け方は葉脈みたいです。






足場はもろく、落下に注意。





切られても苔生した姿は みなぎる生命力に溢れていた。




浅く見えるけど、凄く深いです。




渓相をバックにすると銘木とオールドリールが映えます。
キャスト精度も向上し岩盤にぶつける頻度が減ってきた。




【源流】渇水で流れの勢いが無し。
棚を変え、引き方を変え、ルアーを変え、無茶苦茶投げたけどあきませんね。







相手してくれるのは雑魚ばかり。。




休日で釣り人も増えてるしプレッシャーなのか、渇水で魚影が無いのか、急な気温差の影響か、何度かルアーを追いかけてくる姿を見たがリアクションバイトに持ち込めない。まだまだ修行が足りん。。

朝から夕方までポイント5ヶ所をランガン。
綺麗な景色の中 好きな事を一日中楽しめて休日を満喫。



今日の収穫は

タラの芽。

店で売ってる油っこいのしか食べた事無かったけど、天然は芳醇な香りが後から口の中に旨味となって広がりほのかな苦味がなんとも絶品でした。

山と川の恵みに感謝。
コメント

休日 平成の終わりに良型 渓魚

2019年04月21日 15時01分31秒 | トラウトフィッシング
休日 夜明け前に出発 5:30 某源流へ到着。
 
数年前とは少し雰囲気が変わってました。
綺麗な渓谷だったのに 春らしさがなくなってました。
少し釣り登ったが早々にヤメ。
 
沢を変えて本流との分岐ポイント。
水量豊富で今年早春に訪れたが反応がなかった場所。
 
時間も限られてるし沢登りは諦めて、数時間この場所で粘ろう。
 
50mmシンキングミノーで流れに乗せて反応を見る。
 
同じ場所でも投げる場所はいくらでもあり、キャスト練習がてら自然の中で楽しむ。
 
一通り投げたが反応なし。
 
ミノーのサイズ変更。
65mmシンキングミノーへ
 
流れのぶつかる場所へキャストし ジャーク。
 
あとは、ラインスラッグを取りながら、ロッドアクションし誘う。
 
ルアーに生命反応。
透明度の高い渓流は渓魚の美しくフラッシュした魚影が目で確認できる。
 
ランディングネットに収まる寸前、猛スピードで抵抗。
何度も何度も繰り返し ようやくネットイン。
 
 
 
27cm
 
尺上とはいかなかったが記憶に残る素晴らしいアマゴでした。
 
 
 
 
山に感謝 川に感謝し 充分楽しめ満足したので欲張らず終了。
 
最高の天気の中、少しの時間でしたがリフレッシュできました。
 
 
 
コメント

十年

2019年04月13日 15時09分51秒 | 日記


春の寒暖差は油断できませんね。

休日 気持ちのいい天気に加えポカポカ陽気。



最後の床直しです。

我が飼育場はこの時期、陽当たり悪いので水の傷みも抑えれてます。

今年も春を迎えます。

らんちゅう飼育十年が過ぎました。
良くも悪くも時期が来れば生活の一部になってます。


久々にお会いしお話を聞いてると、やっぱりブレないスタイルがあり、久々に見た魚も軸がしっかりしてました。

信念、感謝の心は自己欲求・満足の前に絶対忘れてはならないものだと僕は思う。

仕事においても趣味においても、信念ある人は見ていても自分を成長させてくれます。






明け2歳。


軸はブレず、色々試して積み重ね。

少なくとも十年は見てきた。

職人の感性は半端ないです。




今年も始まります。


コメント

夜桜と"らんちう"

2019年04月08日 08時25分28秒 | 日記
【夜桜散歩】








土曜日 桜 満開ではなかったですが、週末凄い人で賑わってました。
夜桜は綺麗。





【今年も春の目覚め】




激辛激ウマのホルモン さらにコクうまキムチ
超クールなお店のお姉さま方w
ええ店です。

今年も浴びるようにビールを飲む姿を見ながら、
色々 学びあるひととき。

今年も始まります。
何から何まで感謝のスタートです。




【春床直し後】


無事元気な姿で明け4歳を迎えた。





上の魚が明け3歳の時採った今年明け2歳





"たかが趣味されど趣味 "

肩に力入れず気ままに楽しみます。
長い長い趣味ですから。


コメント