W・Earth 衣*食*住.•*¨*•.¸¸♬

うさとの服
ボディ・マインド・住環境で自分を生きる
健康生活送りましょう(*^_^*)

こんにちは!W・Earthです

2019-01-01 | お知らせ

こんにちは! W・Earth(ダブルアース)です。
当ページにアクセスいただきまして、ありがとうございます♡

W・EarthはAtsushiとKei 二人がそれぞれ活動しています。


うさとの服展示会の最新情報はこちらから( facebookに登録していなくてもご覧いただけます。)
https://www.facebook.com/w.earth.usaato




Atsushi担当のオルゴン姿勢調整法ご好評いただいています。
http://blog.goo.ne.jp/w-earth/e/9adfc8d7e9f3575e35ce16e92492f7b1 


わかめ体操体験(お友達とのプライベートレッスンが好評です)はこちらから。
https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_month/12495 


keiは、みなさまの生活で大切な「衣・食・住」をテーマに、

うさとの服の展示販売会

ボディ・マインド・住環境として
エクササイズと瞑想、アーユルヴェーダ式1日の過ごし方・食べ方、
セルフ・エスティーム(自己価値)を高めるコンテンポラリー風水の
コンサルティングを行なっています。


旦那さんのAtsushiは天真体道~武道・瞑想・滝行~の指導をしています。


みなさまとお会いできますことを楽しみにしております!

 


keiへのご連絡はメールにてお願いいたします。
shanti.w.earth(あっと)gmail.com まで…

(「あっと」を@に変えてご送信ください…)
迅速な返信を心がけておりますが、不着の場合も考えられます。
三日たちましても返信がないときは、再度メールくださいますように
お願いいたします。

コメント

うさとの服展示販売会のお知らせ

2018-12-31 | うさとの服

手紡ぎ・手織り・草木染め
うさとの服 展示販売会 

 

facebook から最新情報をご覧いただけます。こちらをどうぞ

 

✨ 

 

「衣食住」の筆頭に来る「衣」。

「服用」という言葉があるほどに、
どんな素材で、どんな気持ちで作られた服を着るか
心身に与える影響はとても大きいと感じます。

自然の恵み・大地のエネルギーをたっぷりふくんだ自然素材で
丁寧に作られたうさとの服。

 

試着したときのみなさまの第一声は「気持ちいい!」

そして、なにか安心した心地がして、地に足がつき、
呼吸が深くなりました、というご感想をよくいただきます。


また、たくさんのデザインの中からどれが似合うのか、
着てみないとわからないのもうさとの特徴かもしれません。

ご自分にどんなものが似合うのか、新しい発見もあるかも!
どうぞお時間の許す限り、いろいろ着てみてくださいね!

 

 

 

今後の展示会予定

 
 


スタジオ ダブル・アースにて

 

会期:2019年2月1日(金)〜4日(月) 

時間:11:00~18:00 (最終日は16:00まで)

会場:studio W・Earth(スタジオ ダブル・アース)

   〒156-0044世田谷区赤堤4-1-15 東ビル2階
   三軒茶屋、豪徳寺(山下)、下高井戸をつなぐ
   東急世田谷線「松原」駅からすぐ
   下高井戸、豪徳寺からも徒歩圏

道順はこちら

 



 
次回沙羅舎での予定はこちらです

会期:2019年3月15日(金)〜18日(月)
時間:11:00~18:00 (最終日は16:00まで)
 
会場:三鷹・沙羅舎弐番館ギャラリー

   〒181-0013 三鷹市下連雀3-1-23
   JR三鷹駅南口から徒歩5分
   http://www.sarasya.com/pg38.html


ギャラリー隣のカフェ「心泉茶苑」では

オーガニックのランチとベジスィーツがいただけます。

また、この期間はスタジオは留守となりますので、ご注意ください~! 

 


 

タイやラオスの村に住む女性たちによる、
手仕事で生まれる布たちは
ノルマや納期などがなく、昔ながらのやり方で
日常の家事や育児の傍らで紡ぎ、染められ、
織られた布たちです。

ノルマがないばかりか、色や織りのデザインの指定もなく、
作り手さんの織りたい布が創造の喜びとともに生まれます。

その布を、ベルギーでオートクチュールを創っていた
一流デザイナー「さとううさぶろう」が、黄金比や数のパワーを服に込め、

着た人がその人自身になるよう、自分を生きることができるようになるよう、
ひいては「もつ地球」になるよう、願いをこめて作られています。


衣が変わると心が変わる。


ラインが美しく、着るほどに体になじみ、呼吸が深くなり、
心身が癒されます。


また、既存の生産と流通の仕組みとうさとは違い、
生産者さんから着る人までがほぼ直結していることも特徴です。


女性用のほかに男性用、子ども服、ぬいぐるみ、バッグなどの小物もあります。
うさとの布で作られた布ナプキンもございます。


本「アナスタシア」「虹の戦士」や、

ヘンプでできたアクセサリー、
ネパール支援にもなる、ネパール産カイヤナイトのアクセサリー
精麻のお守りアクセサリー

これらも同時に展示販売いたします。

予約は不要です。みなさまお誘いあわせの上、ご来場くださいませ。

 

みなさまとお会いできますことを楽しみにしています!

 

 

 ✨✨
 

 

タイやラオスの空のもと

風にそよぎ

火をおこしてつくられた染め液に浸され

水に揺れ

地に生きる人々の手によって生まれる布

…自然の力をいただいて

生まれるうさとの布

うさとの布は自然そのもの

宇宙の法則と愛を込めてデザインされた、その服は

着る人をそっと包み、励ましてくれます


これからの地球が「もつ地球(持続可能な地球)」となるよう、
人々の霊性が高まることを目指して宇宙の法則を数で表し、デザインした
「私自身になる服」です。



前回の展示会で残った服は終了後すべて返し、また新しい約300枚がやってきます。
どんな服が来るか、送られてきた箱をあけるまで私たちにもわかりません。どうぞお楽しみに(*^o^*)



価格はトップスが8,000円から13,000円が多数、ボトムスは13,000円くらい(税抜き価格)。


W・EarthではクレジットカードVISA. Master. Amex をご利用いただけるようになりました。
また、お買い物の際はお持ち帰り用マイバッグ持参にご協力をお願いいたします。 

皆さまのお越しをお待ちしております。

 
コメント

洗剤を使わないお洗濯・ベビーマグちゃん

2018-12-27 | うさとの服

わたしどもW・Earthでは洗剤を使わないお洗濯「ベビーマグちゃん」の取り扱いを始めました。

 

洗剤の代わりに、洗濯物3キロに一個のマグちゃんを入れてお洗濯します。
お洗濯の全行程マグちゃんは入れたまま。すすぎは一回で大丈夫です(つまり二回洗うことになるのかも)。


マグちゃんの中にはマグネシウムが入っています。
これが水と反応して「アルカリイオン水」になり、洗浄・消臭・除菌してくれます。


洗濯機を使う場合のうさとの服のお洗濯のほか、タオルやシーツなどに効果大きいです。

洗濯槽も綺麗になり、排水の流れた先の環境も浄化してくれる優れものです。
300回繰り返し使えます。 

 

 

マグネシウムは酸化すると少々落ちが悪くなるようです。
そんな場合はクエン酸につけると元に戻ります。

クエン酸をティースプーン2杯くらいを洗面器などに入れ、その中でマグちゃんをフリフリしたり、
握って開いてを繰り返します。

あまり頻繁に行なうとマグネシウムが削れてしまうので、月一度くらいで十分かと思います。

 

洗剤を使わないお洗濯・ベビーマグちゃん 
https://magchan.com/products/detail.php?product_id=4


よくある質問 
https://magchan.com/user_data/faq.php 

 

 

参考にさせていただいたサイト
「マグちゃんの検証と裏技紹介」

なぜかリンクが貼れないので、「マグちゃんの検証と裏技紹介」で検索してください(//∇//)

 

 

 

 

コメント

うさとの服の特徴(本「あいをよる おもいをつむぐ」より)

2018-12-21 | うさとの服


何回かわたしどもの展示会へいらしてくださる こだま ひろきさんが、
うさとの本についてまとめてくださっていました。

うさとの服の特徴がとってもわかりやすいので、こだまさんの許可を得て
こちらでも紹介させていただきます。
 
 
うさとの本「あいをよる おもいをつむぐ」は現在版元で品切れとなっていて、
アマゾンなどで中古が手に入ります。
近々新たな装丁で出版されるようなのですが、、、続報入りましたらお知らせいたします!
 
 
( こだま ひろきさんは柔道整復師でオステオパシーの施術をされています。
  https://www.instagram.com/osteopathy_hiroki_kodama/



✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆•*´¨`*•.¸¸✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆


【うさとの服の参考図書】

タイトル:あいをよる おもいをつむぐ
著者:さとう うさぶろう さん

最近購入した「うさとの服」は、
着心地が良く、施術をしていても
あまり疲れません。

この服の秘密を本より抜粋して
紹介したいと思います。

うさとの服のデザイナーである
うさぶろうさんは、元々ベルギーで
オートクチュール(高級注文服)の
デザイナーをされていました。

42歳のある日に不思議な声が
ふってくるという神秘体験をされます。

それから共生する社会と持続する地球の
ための「いのちの服」づくりを目指して、
布探しの旅に出られたそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「うさとの服」づくりに出てくる
「宇宙の法則」について


経糸(たていと)は天地を結ぶパイプ
横糸はエネルギーを円形に循環させる


綿は「解放」、麻は「導く」、絹は「守る」
各素材にエネルギーのイメージがあります。


動物の皮に縫い目がないように、布も
裁ち部分が少ない方が、「いのちの流れ」
を切らない。


一番意識したのは服のラインが繋がった時に、
「円」を描いたり「環」になる感じです。

円や輪や環にはエネルギーを循環させ、
全てのものと繋がりやすくしてくれる力が
ある。


「数字」には力があるという考え

布を切るときのサイズ
服を構成するピースの枚数
ひもの数や長さ

自然界にはゼロと1の二進法でできる数字
(100やコンピューター)は宇宙の法則から
外れる。

我々の生きる世界 - 三次元を構成している
「1」、「2」、「3」という数字が
この地球を想像している基本の数になる。

その繰り返しや組み合わせの数に力がある。

100と99があれば99を選択し、
37センチ必要なものは、36.9センチで
カットします。

数の増え方も自然界の現象には十進法は
あてはまらない。

身のまわりの葉っぱや花びらのつき方等、
またピラミッドやミロのビーナス等の比率には、
自然を美しく成り立たせている規則性をもった
数字が見受けられる。


表記は「Usaato」何故aが2つなのか?

Uとoで「陰陽」
s は「メビウスの環」

aa は音霊の最初と、母音の最初が「あ=a」
だから「多いなるものの根源」につながる。

t は「十字架」であり、「生命の樹」
o はロゴのうさぎのしっぽの部分にあたり、
「完結」をあらわす。


ロゴが右に配置される理由とは?

ロゴには魔除けの意味合いがあります。

地球が回転する向きは時計と逆回りです。

だから、ウエストの右にロゴをもってくれば、
そこを起点としてプラス(陽)のエネルギーが
右から前を通り、左に流れていく。

自然界を正の方向に動かすエネルギーが
流れる。


服づくりのシステムが大きく異なる

なるべく同じ人に一枚の服すべてを
担当してもらいます。

作業を分業化して、同じ工程に複数の人の
手が入ると、想いが分断・分散され、出来
上がったもののエネルギーがまとまりません。

つくる人の想いが継続することが大事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

飲んで効くものは「内服」薬
身につけて効くものが「外服」薬

衣服の起源は、布に染められた草木の
薬効を皮膚を通して吸収させ、病を
癒す(現代の湿布)ものだったのです。

邪悪なものから心身を守り、魂を癒すと
いった「祈り」がこめられているのです。

興味のある方は是非、本を手に取って
みて下さい。

全国各地で「うさとの服」の展示販売会が
行われています。

うさとオフィシャルサイト:http://www.usaato.com/
 
 
✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆•*´¨`*•.¸¸✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆

こだまさん、どうもありがとうございました!
 
 





コメント

うさとの服のお洗濯について

2018-08-22 | うさとの服
うさとの服のお洗濯方法について、まとめてみました。
 
 
まずはうさとジャパンからのお願いです。
 
こちらから原本がご覧いただけます。
http://www.usaato.com/img/hp_oteire.pdf
 
 
・手洗いがおすすめ!
  優しく手洗いするとより長く美しく保てます。
  洗濯機で洗う際は裏返してネットに入れてください。
  洗い、すすぎ、脱水を短くすると布の傷みが和らぎます。
 
・洗剤にご注意!
  合成洗剤には蛍光増白剤や漂白剤が含まれていることがあります。
  草木染めの自然な色合いがまたたくまに失われてしまいますので
  無添加のせっけん洗剤をご使用ください。
 
・色移りにご注意!
  色の違うものや白いものと一緒に洗うと移染の可能性があります。
 
・日焼けにご注意!
  長時間、強い日差しに当てると変色する場合がありますので、
  洗濯後は風通しの良いところで、裏返しのまま日陰干しをおすすめします。
 
・お気をつけください
  レモン汁やお酢、または各種住宅用洗剤などに触れると色が抜けることがあります。
  雨天時や汗をかいた時など、色移りすることがあります。
  布地が濡れた状態で、鉄や銅などの金属が長時間触れると変色することがあります。
  洗濯時に洗剤が直接生地に付くと洗剤の種類に関わらず変色することがあります。
  生地によってねじれや型くずれしやすいものがございますので、
  洗濯後、形を整えてから干してください。
 
 
 
ほかに、ご参考までに、いくつか、、、
 
・一般のTシャツやワイシャツ、ブラウスなどは着たら洗う感じですが、
 うさとの服は一般的なお洋服ほど汚れがつかないので(程度にもよりますが)
 Tシャツなどのように頻繁に洗わなくても大丈夫と思います。
 
・うさとの服は色止めをおこなっておりませんので、だんだん色が薄くなってきます。
 それが風合いとなり、myうさとになってゆくのですが、
 藍染や黒檀染など、色の濃い服の場合、美しい色合いを長持ちさせるため、
 ティースプーンに軽く1杯ほどの粗塩をとかした水で押し洗いし、
 真水で二回すすぐ洗い方をおすすめしています。
 
 ときどき洗剤を使ったほうがさっぱりするときもあると思いますので
 ご自身の感覚でおこなってみてください。

 また、日焼けも色落ちの大きな原因です。服は光の入らない引き出しや
 クローゼットの中にしまわれることをおすすめします。 

・白い服は汚れがつきやすく、目立ってしまうので、
 ナチュラルな洗剤などで洗うとよいと思います。 
 
 
 
うさとの服との日常をどうぞ楽しんでくださいませ🎵
 
コメント