W・Earth 衣*食*住.•*¨*•.¸¸♬

うさとの服
ボディ・マインド・住環境で自分を生きる
健康生活送りましょう(*^_^*)

うさとの服の特徴(本「あいをよる おもいをつむぐ」より)

2018-12-21 | うさとの服

 

何回かわたしどもの展示会へいらしてくださる こだま ひろきさんが、
うさとの本についてまとめてくださっていました。

うさとの服の特徴がとってもわかりやすいので、こだまさんの許可を得て
こちらでも紹介させていただきます。
 
 
うさとの服デザイナー・さとううさぶろう著
「あいをよる おもいをつむぐ こころはひとつ」

展示会のほか、ゆっくりウェブからもお求めいただけます。
http://shop.yukkuri-web.com/archives/929
 
 
( こだま ひろきさんは柔道整復師でオステオパシーの施術をされています。
  https://www.instagram.com/osteopathy_hiroki_kodama/



✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆•*´¨`*•.¸¸✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆


【うさとの服の参考図書】

タイトル:あいをよる おもいをつむぐ
著者:さとう うさぶろう さん

最近購入した「うさとの服」は、
着心地が良く、施術をしていても
あまり疲れません。

この服の秘密を本より抜粋して
紹介したいと思います。

うさとの服のデザイナーである
うさぶろうさんは、元々ベルギーで
オートクチュール(高級注文服)の
デザイナーをされていました。

42歳のある日に不思議な声が
ふってくるという神秘体験をされます。

それから共生する社会と持続する地球の
ための「いのちの服」づくりを目指して、
布探しの旅に出られたそうです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「うさとの服」づくりに出てくる
「宇宙の法則」について


経糸(たていと)は天地を結ぶパイプ
横糸はエネルギーを円形に循環させる


綿は「解放」、麻は「導く」、絹は「守る」
各素材にエネルギーのイメージがあります。


動物の皮に縫い目がないように、布も
裁ち部分が少ない方が、「いのちの流れ」
を切らない。


一番意識したのは服のラインが繋がった時に、
「円」を描いたり「環」になる感じです。

円や輪や環にはエネルギーを循環させ、
全てのものと繋がりやすくしてくれる力が
ある。


「数字」には力があるという考え

布を切るときのサイズ
服を構成するピースの枚数
ひもの数や長さ

自然界にはゼロと1の二進法でできる数字
(100やコンピューター)は宇宙の法則から
外れる。

我々の生きる世界 - 三次元を構成している
「1」、「2」、「3」という数字が
この地球を想像している基本の数になる。

その繰り返しや組み合わせの数に力がある。

100と99があれば99を選択し、
37センチ必要なものは、36.9センチで
カットします。

数の増え方も自然界の現象には十進法は
あてはまらない。

身のまわりの葉っぱや花びらのつき方等、
またピラミッドやミロのビーナス等の比率には、
自然を美しく成り立たせている規則性をもった
数字が見受けられる。


表記は「Usaato」何故aが2つなのか?

Uとoで「陰陽」
s は「メビウスの環」

aa は音霊の最初と、母音の最初が「あ=a」
だから「多いなるものの根源」につながる。

t は「十字架」であり、「生命の樹」
o はロゴのうさぎのしっぽの部分にあたり、
「完結」をあらわす。


ロゴが右に配置される理由とは?

ロゴには魔除けの意味合いがあります。

地球が回転する向きは時計と逆回りです。

だから、ウエストの右にロゴをもってくれば、
そこを起点としてプラス(陽)のエネルギーが
右から前を通り、左に流れていく。

自然界を正の方向に動かすエネルギーが
流れる。


服づくりのシステムが大きく異なる

なるべく同じ人に一枚の服すべてを
担当してもらいます。

作業を分業化して、同じ工程に複数の人の
手が入ると、想いが分断・分散され、出来
上がったもののエネルギーがまとまりません。

つくる人の想いが継続することが大事です。

ーーーーーーーーーーーーーーーー

飲んで効くものは「内服」薬
身につけて効くものが「外服」薬

衣服の起源は、布に染められた草木の
薬効を皮膚を通して吸収させ、病を
癒す(現代の湿布)ものだったのです。

邪悪なものから心身を守り、魂を癒すと
いった「祈り」がこめられているのです。

興味のある方は是非、本を手に取って
みて下さい。

全国各地で「うさとの服」の展示販売会が
行われています。

うさとオフィシャルサイト:http://www.usaato.com/
 
 
✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆•*´¨`*•.¸¸✲ •*´¨`*•.¸¸.✲*•.¸¸☆

こだまさん、どうもありがとうございました!
 
 





コメント