ラグビー,バリダンス三昧

愛知県のラグビーの普及・育成に情熱を燃やす男とバリダンスに命をかける男女の物語・・・大会記録など公式記録で確かめてね

第2回スクール委員会・参加者

2006-08-31 | ラグビー
第27回関西大会開会式(7/29数河高原グランド)
第2回スクール委員会+懇親会=「春秋」味華店(去年と同じところ)
9月2日(土)17:30-20:30・会費ひとり=5000円

最終
参加者=①春日井RS(西川・長井),②豊田RS(横田・大前),③ミドリRS(久保・山田),④瀬戸RS(小出,浅村,北)⑤一宮RS(唐井,大串,稲葉,杉山)⑥名古屋(後藤,吉田,佐藤,内藤,満生)⑦岡崎RS(柴田,藤原,鈴木)⑧豊橋RS(大須賀)⑨刈谷RS(岡本,細野,戸田)⑩東海(斎藤,佐野)=27+印貢=合計28名
コメント

県大会監督者会

2006-08-31 | ラグビー
嫁がディズニーオンアイスをどうしても見たいというので・・・
9月2日(土) AM10:00~南山中学校(地下鉄鶴舞線・いり中駅)
参加費=1チーム 5,000円
※コンバインド希望チームは,8/29までに中学生委員長・蟹江さんに連絡すること

夜は,第2回スクール委員会が,「春秋(味華店・金山)」でありますよ
コメント

プーケット追悼旅行記最終回

2006-08-30 | ラグビー
アダンと嫁
プーケットは,完全復活していたと言っていいだろう。繁華街では,TUNAMIなんて名前のショップもあった。わずかに荒れ地があったりしたが,人々のエネルギーはすごかった。テロで被害を受けたバリとは大違いらしい。自然の災害は防ぐことはできないが繰り返されることも少ない。テロは,人々の努力で防ぐことはできるが,発生したら繰り返される心配がある。インドネシアの第一の宗教がイスラム教で,タイの第一の宗教が仏教であることも重要だろう。世界の観光地でお馬鹿さん先進国の人々がお馬鹿さんに遊べることが世界の幸福かなあ。旅のケンカも・・・戦争に繋がる?・・・今回は,一度だけケンカしそうになったが嫁ががまんしたのかなあ?・・・一応ケンカ無しで過ごせたね。
さあ,またがんばろっと・・・次の旅行まで。
コメント

プーケット追悼旅行記⑫

2006-08-30 | ラグビー
ファンタジー・・・?
ディズニーランド+USJ÷10000=ファンタジー。タイのテーマパーク。この象たちがステージで芝居をするからすごい。タイの歴史を表していく。ハト,ニワトリ,ヤギ,ゾウなど動物がステージで芸をする。大がかりな手品有り,空中ブランコ風有りの素晴らしいステージだった。これはなかなかすごかったよ。
コメント

プーケット追悼旅行記⑪

2006-08-30 | ラグビー
タイ=ムエタイ=キックボクシング
街角の飲み屋の中にあるリング。もちろん本気じゃないと思うけどキックボクシングしてました。真空蹴り.沢村忠を思い出しました。沢村忠は,空中で静止して膝蹴りできると少年マガジンに書いてあったのでオレはずっとそう思っていました。試合が終わってリングの二人はチップをもらいにやってきました。観光地では良くある風景です。
コメント

プーケット追悼旅行記⑩

2006-08-30 | ラグビー
これも商売のひとつです
珍しいペットと一緒にポラドイド写真を撮って売る。こんなのが商売になります。可愛い猿もいましたが,このトカゲがオレを呼んでいたので一緒に写真を撮りました。もちろん大幅に値切って。
コメント

プーケット追悼旅行記⑨

2006-08-30 | ラグビー
タイ=ニューハーフ=ショー
タイのいわゆるオカマさん達の豪華なショー。宝塚のオカマバージョンといった感じ。非常に豪華な衣装とステージでした。この後しばらくオカマと本当の女性の区別がつかなくなりました・・・オカマの方が平均すると綺麗かもね。ただし,すごいオカマも居ますけどね・・・絶句。
コメント

プーケット追悼旅行記⑧

2006-08-30 | ラグビー
人気のケーキ屋
人工着色料満載?カラフルなケーキ。実はアイスクリームケーキです。お客さんがたくさんきていました。オレの子どものころもチクロ,サッカリン,人工着色料満載の安いお菓子を食べていた・・・懐かしいなあ。日本のお菓子,日本のアニメのキャラクターは世界の自慢だ。
コメント

プーケット追悼旅行記⑦

2006-08-30 | ラグビー
電線がこんな所に・・・
観光地ではない町を歩くことが好きなオレ達,街角で見かけた非常に危険な電線。先進国ではすぐに安全管理とか何とか言うけど・・・世界の多くは自分で安全管理だ。特に小さな子なんか親が守るべきでしょ。シュレッダーとかプールとか親がちゃんと見てなくちゃいけない年齢があるでしょ,とオレは言いたいなあ。
コメント

プーケット追悼旅行記⑥

2006-08-30 | ラグビー
中学の美術の教科書の表紙のアダンの実
これが本物のアダンの実だよ。久しぶりに見て懐かしかった。美術2・3上の表紙,田中一村の「アダンの木」絵に描かれているやつだよ。
コメント

プーケット追悼旅行記⑤

2006-08-30 | ラグビー
やっぱりプールサイドで現地のビールとピナコラーダ
オレ達の最高の時間。一日中のんびりプールサイドで本読んだり泳いだりビール飲んだり話したり昼寝したり・・・ただ家族で過ごす時間・・・。ちょっと油断して日焼けが痛い。(まだ焼けていないとこがあったので・・・)
コメント

プーケット追悼旅行記④

2006-08-30 | ラグビー
足と下駄と嫁と水
オレは,海外旅行にたいてい下駄を持って行く。(作務衣も時々)下駄の音に人が必ず注目する。そこから生まれるコミュニケーションもあるんだなあ・・・たいしたことじゃないけどね・・・日本人の履き物だしね。
コメント

プーケット追悼旅行記③

2006-08-30 | ラグビー
見えるかなあ?虹が出ているんだけど・・・
ホテルの間に虹が見えました。新婚旅行の時もハワイで虹を見たなあ。間もなく結婚25周年,銀婚式。ケンカをしない旅行が今回の目標です。なぜかケンカしちゃうんだなあ?ちょっとしたことでね。嫁が喜ぶことをしてあげたいのだが,嫁もオレが喜ぶことをしたいらしい,そんなことでケンカになっちゃたりしてね・・・なかなか時間がなくて・・・今回は日程も短いし普通の旅行だし・・・オレ達らしくないけども,追悼だから・・・。
コメント

プーケット追悼旅行記②

2006-08-30 | ラグビー
アジア人の気遣い?ハンドタオルで造った象とティッシュの扇
今回は,珍しく高級ホテルへの滞在。日本では考えられないような部屋に宿泊できる。ホテルのプールサイドでビール飲みながらダラダラ過ごす。そんな時間が大好きなオレの家族です。このハンドタオル結局使うことができませんでした。
コメント

プーケット追悼旅日記①

2006-08-29 | ラグビー
バンコク国際空港に並ぶ色とりどりの旅客機
オレは,なぜ旅をするのか?(今回の旅の目的)
①被害者のみなさんへの追悼
あの津波の日,オレ達はインドにいた。本当は,プーケットに行きたかった。HOTELがとれなかった。朝早くひとりで海岸を散歩するのが好きなオレは,大きく引いた海に感動し・・・きっと津波に飲まれていただろう・・・。そんな海を見たかったのと犠牲になった人々への追悼。第2の母国インドネシアも大きな被害を受けた。運命は,人の人生をどう変えるのか?
②現実からの逃避
日本という素晴らしい国の中に生きる自分から逃げ出し,人としての本当の自分を再確認すること。一番大切な人と夢のような時間を過ごすこと。
③セントレアから海外へ
家族でオレだけがセントレアを利用していない(迎えには何度も行ったが)この事実を変更すること。我が家では,オレが一番飛行機搭乗回数が少ない・・・。
コメント