~A DAY IN THE LIFE~

議案書印刷ドットコム担当者のブログでございます…。

急に寒くなりましたねぇ~

2013-10-16 18:36:36 | Weblog
どんどん日が短くなってきましたねぇ~

すっかり秋らしくなってきました。

体調管理には気をつけましょう…。

今日からクライマックスシリーズファイナルステージ…
見よかな…、どうしようかなぁ~。

コメント

ビートルズを聞きましょう…10。

2011-03-26 16:19:59 | Weblog
「THE BEATLES」(white album)

1968年発表の10枚目のアルバム(2枚組)。




ジャケットが真っ白なことからホワイトアルバムとよばれています。

この頃のビートルズは、メンバーとしてのまとまりがなく各々が自分のやりたいように音楽を創っている時期です。よって楽曲自体も個性がはっきりと表れてきます。

1曲目はビーチボーイズを意識して創ったといわれるポールの「Back In The USSR」。ファンの間ではお馴染みの曲です。このアルバムでもやはり名曲といいたくなる曲が沢山あります。

ジョンはビートルズとは関係なくただただ自分の世界をひたすら表現しているかのような、強烈なインパクトのある楽曲が多いと思います。「Dear Prudence」「Glass Onion」「Happiness Is A Warm Gun」「Yer Blues」「Cry Baby Cry」...、おっと、好きな曲を揚げていくとキリがありません...。

ポールもすごいです。このアルバムにはみなさんおなじみの「Ob-La-Di,Ob-La-Da」が挿入されています。他にもピアノのイントロが印象的な「Martha My Dear」や人種差別問題を歌った有名な「Blackbird」、シンプルで美しい「I Will」...、私、結構このアルバム好きかもしれません。

ジョージもまたすごい良いです。親友のエリッククラプトンを迎えての名作「While My Guitar Gently Weeps」、ブラスセクションが重たくかっこいい「Savoy Truffle」...。

リンゴもがんばってます。アルバムの最後を飾る「Good Night」は作曲はジョンですがリンゴのヴォーカルがすごくあっています。ジョージマーティンのオーケストラアレンジも作者のジョンの意向でハリウッド映画風に仕上がっていてすばらしいです。

聞き応え充分の最高のアルバムです。


●議案書の印刷は議案書印刷ドットコム
●急な印刷等に関するご相談は すぐスールへお気軽に!!



コメント

ビートルズを聞きましょう…8。

2011-03-11 22:12:34 | Weblog
「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」
(Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band)

1967年発表の8枚目のアルバム。



今までのビートルズを葬って、新たな世界へという意味を込めたアルバムジャケット。葬儀には各界の有名人が参列しており、なせか若かりしビートルズも参列者の中にいます...。

このアルバムは当時の音楽業界にかなりの影響を与えた作品と言われてます。サウンドも一新され、ホーンセクションやオーケストラ風のアレンジ、また独特な音創りがサイケデリックな雰囲気を醸し出しています。アルバム全体が架空のバンドSgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandのショーのような構成になっており、一応コンセプトアルバムということになっています。発案者はポールでこの頃からポール自信がサウンド面での主導権を握るようになってきます。

この頃のビートルズはコンサート活動を一切しておらず、このアルバムの曲をビートルズがファンの前で披露することはありませんでした。解散後、ポールがツアーでこのアルバムからの曲「Getting Better」や「She's Leaving Home」、「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)」などを演奏しており、私も1990年や2002年の来日時にコンサートで聞いたときは大変感動しました。

ジョンの「Lucy In The Sky With Diamonds」や「Being For The Benefit Of Mr. Kite!」、「A Day In The Life」等素晴らしい曲も収録されています。

2曲目のリンゴが歌う「With A Little Help From My Friends」は、ジョー・コッカーやTOTO、BONJOVI等もカバーしており、原曲と全く雰囲気が違いますがまたカッコいいです。

ちょっと「マニアなビートルズ」的なアルバムです。


●議案書の印刷は議案書印刷ドットコム
●急な印刷等に関するご相談は すぐスールへお気軽に!!





コメント

Magichourのつもり…

2011-03-06 11:26:12 | Weblog
日没あたりのきれいな風景1…。



●議案書の印刷は議案書印刷ドットコム
●急な印刷等に関するご相談は すぐスールへお気軽に!!



コメント

ビートルズを聞きましょう…7。

2011-03-04 22:53:08 | Weblog
「REVOLVER」

1966年の夏に発表された7枚目のアルバム。



このアルバムのジャケットはビートルズの知人(のちにプラスティック・オノバンドにべーシストとして参加することになるクラウスフォアマン氏)がデザインしたそうです。なんかめっちゃビートルズっちゅう感じがしてすきです。

この「REVOLVER」はジョージの「ワン トゥー スリー フォー ワン トゥー」というわけのわからない低音ボイスのカウントではじまる「Taxman」から始まります。

アルバム中で一般的に有名どころといえば、ポールの美しいバラード「Here There And Everywhere」やリンゴが歌う「Yellow Submarine」が収録されています。

ただこのアルバムは名盤中の名盤!ジョンの曲では「I'm Only Sleeping」や「She Said She Said」、「And Your Bird Can Sing」「Tommrow Never Knows」、ポールでは「Ereanor Rigby」、「Goodday Sunshine」「For No One」など名曲揃いです。

ポールは84年の自身の映画ヤァ!ブロード・ストリート(GIVE MY REGARDS TO BROAD STREET)のなかでも前途の曲を演奏をすべて演奏しており、自分でもかなりお気に入りのはずです。

まあこのあたりのビートルズは本当すばらしいですわ...。

●議案書の印刷は議案書印刷ドットコム
●急な印刷等に関するご相談は すぐスールへお気軽に!!




コメント