としししのブログー

仕事関連の情報も載せてみたり。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

NTTデータ社公認 WinActor初級講師認定に合格!西日本初(≧▽≦)

2017-12-20 19:31:37 | RPA WinActor BeNest
NTTデータ社 公認 WinActor初級講師認定、合格しました!
西日本エリアでは株式会社ベネストが初!
現時点で唯一の初級講師認定代理店です!

WinActor
コメント

RPA適用業務調査票サンプル公開

2017-12-03 12:59:43 | RPA WinActor BeNest
RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)で、
仮想ロボにPC業務を実行させて
残業時間削減、人手不足解消、
働き方改革で生産性向上の実現、
って、かなり流行ってきてる感があります(^^♪

が、最初の、
「うちでRPA使えるの?」
の業務調査で躓いているお客様が多いとも感じています(^_^;)
なので、適用業務調査票のサンプルを公開いたします。

RPA適用業務調査票サンプル

WinActorに限らずご利用頂けると思いますので、
自由にご利用ください。
シェア、再配布もご自由にどうぞ。
(トラッキング機能もなにも実装してないので、こっそり使ってもOKですよ)

■お問合せは
㈱BeNest
WinActorチームへメール winactor@benest.jp




コメント

最新医療経営 PHASE3 2017年9月号にRPAツール WinActorの件で掲載されました!

2017-09-20 23:07:54 | IT関連
日本医療企画さん出版の
「最新医療経営 PHASE3」9月号に掲載されました!

ベネストホームページ
コメント

日本型RPA WinActor 国際フロンティア産業メッセ2017に出展

2017-09-06 23:16:49 | IT関連
国際フロンティア産業メッセ2017にWinActorを出展します。

RPA製品は単独出展かも・・・


■国際フロンティア産業メッセ2017 出展社一覧
https://www.kobemesse.com/exhibit


■医療用機器開発研究会 国際フロンティア産業メッセ2017 特設ページ
https://www.facebook.com/医療用機器開発研究会-国際フロンティア産業メッセ2017-466881000346356/

■ベネストホームページ
http://www.benest.co.jp/
コメント

RPAはNTTデータのWinActor

2017-06-07 00:01:21 | IT関連
NTTデータ社が開発した 日本型 RPA WinActorをべネストから提供!

WinActorはWindows上の操作を覚えさせて自動で実行するRPAツールです。

継続的な業務改善のソリューションとしてご提案させて頂きます。
コメント

WinActorはベネスト

2017-05-30 12:51:19 | IT関連
RPA ロボティック・プロセス・オートメーション
認知技術(ルールエンジン・機械学習・人工知能等)を活用した、主にホワイトカラー業務の効率化・自動化の取組みである。人間の補完として業務を遂行できることから、仮想知的労働者(Digital Labor)とも言われている。

WinActorはベネスト


WinActorをべネストから提供!

WinActorはWindows上の操作を覚えさせて自動で実行するRPAツールです。

WinActorの開発元はNTTデータ社です。

継続的な業務改善のソリューションとしてご提案させて頂きます。

コメント

WinActor

2017-05-30 00:27:10 | IT関連
ベネストでWinActor取扱い中
http://www.benest.co.jp/product/winactor/index.html

WinActorをべネストから提供!

WinActorはWindows上の操作を覚えさせて自動で実行するRPAツールです。

WinActorの開発元はNTTデータ社です。

継続的な業務改善のソリューションとしてご提案させて頂きます。

お気軽にお声がけください!(^^)
コメント

仲田町内会のFacebookページ

2016-05-13 19:01:45 | 最近話題の
仲田町内会のFacebookページ

https://www.facebook.com/nakata.tarumi.kobe/

コメント

Exchange 2010 CAS Array のEWSにKerberos 委任で接続する場合の設定

2016-03-22 21:42:38 | IT関連
Exchange 2010 CAS Array のEWSにKerberos 委任で接続する場合の設定

2016/3/22 追記

今更ですが、昔記載していた内容(末尾に記載)は正しいやり方ではなくて、次の手順を設定する必要があります。

■負荷分散されたクライアント アクセス サーバーの Kerberos 認証の構成
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ff808312.aspx

■シェルでの RollAlternateserviceAccountCredential.ps1 スクリプトの使用
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/ff808311.aspx

前提として、以下が終わっている事。
①Exchange 2010 (sp1以上)のインストール
②CAS Arrayの設定(DNSへの登録を含む)

手順を要約すると、以下の通り。
①代替サービスアカウントの作成します。
 AD上でコンピュータアカウントとして作成。デフォルト設定でOK

②SPN登録を実施します。CAS Arrayのアドレスと、①の代替サービスアカウントを紐づけます。
例:ドメイン 「myad.local」 代替サービスアカウント 「ASA」、CAS Arrayアドレス 「CasArrayNlb.local」の場合、
setspn -A http/CasArrayNlb.local myad\ASA
setspn -A http/CasArrayNlb myad\ASA

③CASサーバに代替サービスアカウントを登録します。
 Exchange Management Shellを起動し、以下を実行します。
  CD "C:\Program Files\Microsoft\Exchange Server\v14\Scripts"
  .\RollAlternateserviceAccountPassword.ps1 -ToEntireForest -GenerateNewPasswordFor "myad\ASA$" -Verbose

※C:\Program Files\Microsoft\Exchange Serverはインストールに合わせて変更して下さい。
※"myad\ASA$"はコンピュータアカウント名を指定してください。最後の「$」は忘れないよう注意して下さい。

コマンド実行中、
「Do you want to change password for myad\ASA$ in Active Directory at this time?」
と、ASAのパスワードを変更するメッセージが表示されるので、「Y」を入力。

「THE SCRIPT HAS SUCCEEDED」
が表示されたらOKです。

※Exchange 2010では、ADの「サイト」単位(Active Directoryサイトとサービスで確認)で、1つのCAS Arrayを構成する仕様となっており、
 複数のCASが、単一の「サイト」に存在する場合、すべてのCASにASAの設定をする必要があります。
 上記コマンドは、同一サイトのCASにすべてASAの設定を行います。

※Exchange 2010と2013環境が混在する場合、別の注意事項があるようです。
 ■Kerberos 認証を使用する場合の Exchange 2013 と Exchange 2010 の共存
 http://blogs.technet.com/b/exchangeteamjp/archive/2015/03/05/exchange-2013-and-exchange-2010-coexistence-with-kerberos-authentication.aspx

ひょっとしたら参照されて混乱される方がいるかもと思いましたので、今更ながら更新します。



とりあえず、社内環境でうまくいったのでメモ書き。

※CAS Arrayは既に構築済みとします。
※EWS以外の機能については確認していません。というか、このままだとダメな気がする・・・

①ドメインにCASArray用のユーザアカウントを作成する。

②作成したユーザアカウントを下記のグループへ入れる。
Exchange Trusted Subsystem

③SETSPNで、ユーザアカウントに対して、CAS ArrayのNLB名(NetBIOS、FQDN)のhttpサービスを登録。

④各CASサーバのEWS仮想フォルダのアプリケーションプールIDに、作成したドメインユーザアカウントを設定する。

※Alternate Service Account と呼ばれる代替サービスアカウントの設定は使っていません。
※./RollAlternateserviceAccountPassword.ps1を実行したら、パスワードが変わるんだけど、アプリケーションプールIDのパスワードは放置なんで、EWSが起動しなくなります。。。

暫定の開発環境用設定かな・・・


コメント (4)

Kerberos認証 IIS7.0、IIS7.5でSPN登録したアカウントをアプリケーションプールに設定する場合の追加設定

2012-08-05 14:44:44 | IT関連
IIS7.0、IIS7.5で、SPN登録したアカウントをアプリケーションプールに設定した場合、
なんだかうまく動きませんでした。

調べていると、以下のどちらかを設定すると動きました。

1.IISの認証設定で、統合Windows認証の「カーネルモード」を無効にする。

2.ApplicationHost.config内の、「windowsAuthentication」タグに「useAppPoolCredentials」属性を「true」にする。

とりあえずメモ書きで置いときます。
コメント