穀菜食堂なばな

オーガニックを日常に
昭和の香り漂う路地の奥、尼崎の和風ヴィーガン食堂。

昆布のお話「昆布会」開催しました

2020年09月20日 | ┗イベントのご報告(終了分)
”昆布おじさん”こと、大阪天満橋の昆布問屋「天満 大阪昆布」の喜多條清光社長に、昆布にまつわるお話を伺う「昆布会」コロナウィルス感染拡大防止のため、ぐっと少人数で開催しました。・・・時は江戸時代中ごろ。北前航路が拓かれたのを機に、蝦夷(北海道)の昆布は、京都・大坂へ運ばれるだけでなく、薩摩から琉球を経て、さらには清(今の中国)まで届けられていた。その道筋を「昆布ロード」と言 . . . 本文を読む
コメント

第10回 ドラッカー読書会

2020年08月24日 | ドラッカー読書会
長崎の鬼塚さんにファシリテートして頂いて、尼崎で始まったドラッカー読書会。記念すべき10回目の今日は、平日朝ということもあり参加人数少なめ。だけどその分、ゆっくり話せて贅沢な時間となりました。いつものように、前回から今日までの振り返りと、課題箇所のうち気になった部分の発表です。※今回の課題は、「非営利組織の経営」P. 83~115 ドラッカーとコトラー、ドラッカーとハフナーの対話がメインになってい . . . 本文を読む
コメント

今年のしょうゆ搾り

2020年07月13日 | ┗尼崎しょうゆ部
梅雨の合間を縫うようにして、尼崎チームでは、今年も醤油搾りを実施することができました。この間にも、九州地方での長く強い雨のニュースが続きます。犠牲になられた方のご冥福と、これ以上の被害が拡がらないことを、心よりお祈りします。**********************2019.3.31にスタートした、尼崎で3年目の醤油仕込み。今年はメンバーのMさんに、お日さま醤油のリーフレットも作ってもらいました . . . 本文を読む
コメント

『今なぜ「土中環境」か』 高田宏臣さん講演会に参加してきました

2020年07月05日 | ┗日記
今日は、地球守代表の高田宏臣さん新刊発売記念講演会に参加してきました。新しいご著書のタイトルは、『土中環境 忘れられた共生のまなざし、甦る古の技』環境問題が悪化して、毎年のように土砂災害や河川の氾濫などが起きているなか、古から伝わる土との関わり方に照らして環境に働きかけることで、状況を改善していくことができる。そんなお話でした。「自然環境」とは、私たちの外側にあるのではなくて、人間や都会などすべて . . . 本文を読む
コメント

10年間、ありがとうございました。

2020年07月01日 | ★穀菜食堂なばな について
【なばなの営業についてご案内】これまでの10年は、質のよい食事を普段使いしてもらえるような店を目指していましたが、今後はそれぞれのお家で上質な食を楽しんで頂くお手伝いをしたいと思っています。これからやる事は、・食と暮らしについての情報発信・オーガニックでフェアトレードな食糧雑貨の販売・各種ワークショップ・ランチ会・ゲストを招いてのお話会などなど。コロナの様子に応じて、オンラインとオフラインを使い分 . . . 本文を読む
コメント

メニュー