がんばれ千葉猫

不幸な野良猫を増やさない為に頑張ってます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

猫達

2009-10-14 20:36:47 | 野良猫
久々の更新ですが、正直毎日バタバタです(汗)

大怪我を負った捨て猫の傷は完治しました。

しかしリリースすればまたやられる事が目に見えているのでゲージで生活。

家猫達と仲良くやれるかと思いきやこれがとんでもない曲者(汗)


年齢は推定10歳以上(雌)で人に対しては非常に従順ですが、猫に対しては敵対心剥き出して襲い掛かって行きます。

よってゲージからは一歩も出せない状態。

う~ん、どうしたもんか・・・


名前はグレーだからグレちゃんにしました(笑)






一方こちらは口が痛くて全く固形物を食べれなかったオジキ君。
ミルクだけの生活でやせ細って口からはよだれがダラダラ出て本当に可哀想でした。
思い切ってミルクに薬を混ぜて飲ませたら効果抜群、驚異的な回復に驚きました。


裏ごした黒缶とササミのすり身を一本ペロリ。
目に輝きが出て毛艶も一気に良くなり、動物の回復力の凄さにただただ驚くばかりです。


当然出るモノも良く出ます(笑)
オジキ君、良かった良かった!




こちらはクッキーが居なくなって寂しがるプリンを慰めるミカン君。



プリンのおかん黒仮面は元気です。



公園はまた何匹か居なくなった猫がいますが、こればかりは仕方ない・・・



今一番の元気者はコリキ君、一気に大きくなりました。



こちらはカクニ君と妹のヒナ。



マダラ君、コリキ君の良い遊び相手です。



ハナモグも元気。



その他もろもろ(笑)

また時間が出来たら更新します。
コメント (5)

さよならクッキー

2009-09-09 03:58:51 | 野良猫
先日クッキーが交通事故により亡くなりました。

外猫である以上いつかはその可能性もあるとは思ってましたが、いざそうなったら本当に辛かった。

何より辛かったのは姉妹のプリンかも知れません。
クッキーが亡くなった方向を見てずーっと待ってるんですよ、それ見たら辛くてね~。

完全室内飼いにしようと思った時もありましたが、色々な家庭に出入りしている猫でもあり、またクッキーを生き甲斐にしていた年配の方もおり、なかなか踏み切れなかったのも事実。

思えば2007年の6月に初めて我が家に来た時は警戒心が強くシャーばかり言ってましたが、いざ懐くと超ベタ猫で膝の上でゴロゴロばかり言ってました。

また病気とは無縁で強靭な体の持ち主でもあり、次から次へと伝染したパルボ騒動の時もクッキーだけはケロッとして逆に心配になった程です。

出会いがあれば別れがある、分かっちゃいるけど悲しいもんです。

クッキー今まで有難う。









そんな可愛いクッキーが居なくなって20日ほど経ちましたが、徐々に心の傷も癒え、他の猫達の為にもいつまでも落ち込んでいる暇はありません。


そして悲しんでいる間もなく次から次へと難題が襲い掛かってくるから困り者です。

以前ダンボールに密閉されて子供と一緒に捨てられていた猫ですが、避妊手術を終えてリリースしたら他の猫にやられたのか背中と左脚に大きな傷があり、見たら化膿してました。

翌日病院に連れて行ったら傷口が壊死しているとの事で、そのまま手術して10日間入院し、現在は保護している状態です。

今は元気になりましたが、それにしても何て可哀想なんだろう。

子供と一緒に箱詰めにされて捨てられ、今度は避妊手術で辛い思いをさせられ、更には大怪我を負わされて、さぞ辛かったろうに。



さすがにこれだけの成猫だと里親に出すと言っても貰い手なんで見つからないだろうし、また肉体的にもボロボロです。

まず歯がほとんどなく、右側の牙は上下ともありません。

そして慢性の鼻水とくしゃみが酷く、息が苦しいのか常に口が半開きです。

現在はゲージで生活してますが、リリースすればまた同じ結果になりそうですし、かと言って家猫達もビリビリしている状態でいつまで保護出来るか分かりません。

しばらく頭を悩ませそうです。





一方もう一匹の捨て猫はかなり大きくなり、名前はコリキ君にしました。

こいつは凄い、半端じゃないです。
とにかく逞しい、この小さな体でよくぞこの場所に溶け込んだと感心します。

親は無くとも子は育つなんて言いますが、こいつの場合は親は無くてもスクスク育つって感じです(笑)

でも本当は里親探してあげた方が良いんでしょね。





マダラ君も可愛がってくれるので一安心。



未去勢コンビの2匹、ハチ&コリキ。


こちらは兄弟でミルク、マル&カクニ。


同じく兄弟でミルク、ヒナ&カクニ。


草陰からハナモグちゃん、食欲旺盛です。


オジキ君は黒缶を裏ごしすれば食べてくれました。


グーちゃんもちょっと口が痛いみたい、でも食べれない程ではありません。


こちらは勝俣君(笑)


そして2ヶ月程前に突然現れた雌猫。
人に慣れてないので捨て猫ではなさそう。


もれなくこんな子猫(全てキジトラ)が4匹もついてきました(汗)
久々に子猫の姿を見たけどやっぱり可愛いです、でもうんざり・・・


最後はうちの新人、ドラエモン。
去勢済みですが喧嘩王です(汗)


こんな感じでドタバタの毎日、さすがに疲れます。

それでも気合で頑張ってる今日この頃です。




コメント (10)

猫達

2009-08-11 00:27:57 | 野良猫
ここ、某海の近くの公園にはたくさんの猫が生活しています。

全盛期には40匹近く居ましたが、この1年で多くの猫達が天国に行ってしまいました。

病気で亡くなった猫、事故で亡くなった猫、理由は様々ですがそれでも猫の数は一向に減りません。

原因の一つに捨て猫が挙げられます。

猫達を見て、この場所ならご飯を貰えるから大丈夫だろうと次々に捨てて行く人が後を経ちません。

ま~ある意味仕方ないですが、集団で生活している猫には縄張り意識があり、大抵は古株猫に追い払われてしまいます。

ある程度大人の猫なら餌のある場所を求めて何とか自分で生きて行くでしょう。

ところが最近子猫を捨てるバカが居るからタチが悪い・・・

下の写真の猫も1ヶ月程前にこの場所に捨てられてました。

大きさから察するに生後2ヶ月程度で、この場所で生きて行けるか非常に心配でした。

ところがこつは凄い猫でした。

捨てられたその日から他の猫達に混じって集団行動です。

もちろん全員が受け入れる訳ではなく、多くの猫に嫌われて殴られようが生きて行く為に必死で、おべっかを使って何とか群れに溶け込もうとしています。

そんな姿を見ていると可哀想でね~

引き取って育ててあげたい気持ちは山々ですが、我が家もとっくに限界は超えています。

一体どうすりゃいいのよ。











そして下の猫は更に悲惨でした。

ある日餌場にダンボールが置いてあり、猫が捨てられている事は直ぐに察し出来ました。

ダンボールはガムテープで密閉されており、恐る恐る中を開けたらこの猫と生まれたての子猫6匹が居ました。

参りました、本当に参りました。

子猫を保護する訳にも行かないので、親猫が育ててくれる事を祈ってダンボールを目立たない場所に移動する位しか出来ませんでした。

結局親猫は環境の変化でパニックになり子育てを放棄、6匹の小さな命は全て星になりました。

こんな時個人の力ではどうする事も出来ず、人間の無力さを感じました。





その後親猫は体調を崩しましたが、現在は何とか頑張って生きてます。

それにしても酷い飼い主だ。
今まで家猫として面倒を見ながら、子供が出来たら邪魔者扱いですか。

本当に人懐っこい猫で、人間を全く恐れない所を見ると可愛がられていたんだと思います。

ここまで散々人間を信用して来て裏切られた猫の気持ち分かりますか?

これからこの厳しい環境の中で生きて行けるのかどうか・・・




これ以上不幸な子猫を出さない為に先日避妊手術は済ませ、また念のため検査もしましたが、特に病気も持っていませんでした。

口の中の状態が悪く歯も2本抜きましたが食欲は凄まじいです(笑)



マルちゃんも元気。



ヒナは釣り人のルアーが背中と太ももに刺さり、逃げ回って保護するまで1ヶ月かかり、なんとか捕獲して無事に手術成功。
今は元気バリバリです、動物の生命力は凄いです。



ハナモグちゃん。



トラ吉もここに捨てられもう何年目だろうな~。



オジキ君は口の中が悪く、もう何日も固形物を口にしてません。
今はミルクのみですが頑張って生きてます。



みんな元気。



カクニ君。



マダラ君はここに来て半年、何とか頑張ってます。



この活動をして結構な年月が経ちますが、何とかギリギリの所で頑張ってます。

また時間があれば更新します。





コメント (5)

みんな元気でやってます。

2009-08-04 13:25:19 | 野良猫
超久しぶりの更新ですが、天国に行ってしまった子も多いけどみんな元気にやってます。

公園猫のみかんが酷い虐待を受けて前脚を粉砕骨折。

骨にピンを入れる手術をして完治まで3ヶ月かかったけど、どさくさに紛れて家猫になってしまいました(汗)

その他パルボで生死の境を彷徨ったノラクロ(ノッチ)はメタボに変身。

自分も含めて全体的にメタボが多いですな(笑)

白血病のクロちゃんも元気一杯です。

公園猫については色々な問題が山積み、とくに捨て猫には頭を悩ませています。

それについてはまた近々更新します。
本日は久々のテスト更新と言う事で。



美人のアチャです。



クルミはパソコンの裏がお気に入り。



ノラクロ(ノッチ)はメタボおやじに(笑)



公園猫みかんは立派な家猫に。



プリンです。



クッキーです。



みんなカメラ目線。



ギャーちゃん。



黒仮面母さんはスーパーヘビー級に(笑)



白血病がなんぼのもんじゃー。



相変らず大きいチビコ(笑)








コメント (4)

猫達

2008-04-06 21:22:29 | 野良猫
猫白血病で療養中のクロちゃん、久々の登場です。

暖かくなったのでクロちゃんを外に放すべきか、このままゲージで生活させるべきが非常に難しい問題です。
長いゲージ生活の為、外の環境に対応出来るか、また病気を発病しないか等心配事が多く考え中です。



白血病など何処吹く風、食欲旺盛元気モリモリのクロちゃんです。



入院前は極度の貧血により痩せ細り、骨と皮だけでしたが、御覧の通り毛艶はピカピカで、体も一回り大きくなりました。



こうして遊ぶ事が唯一の楽しみです。
野良生活8年、今まで遊んだ事などなかったから喜ぶ喜ぶ(笑)



クロちゃんはチビコ邸でお世話になっていますが、どうも気に入らない様子・・・



チビコもまもなく10歳になり、おっさん同士で丁度いいんですがね(笑)




一方こちらは平和そのもの。
暖かくなりよく寝るプリン&クッキー。



アチャもよく食べよく寝ます。



クルミ姫は結膜炎も治りました。



ノラクロはお行儀が悪い悪い。



写真を撮ろうが何をしようが起きません。



一方公園猫達もうじゃうじゃと集って来ます。



月に一回くらいご飯を食べに来る猫。



グーちゃん、グーって最近流行ってるみたいよ(笑)



毎日出勤のまるちゃん、ここの部長です。



去勢後なかなか近寄らなかったトラ尻尾も近くまで来ました。



いじめられっこのハナモグも今日は頑張って参加。



くりっとした目が可愛いクーちゃん。



この冬は風邪と結膜炎に悩まされたヒナですが、何とか乗りました。
もう暖かいから安心です。



いつも寅吉だけは見送ってくれます。
優しい猫です。



元組長のオジキ君、今ではその面影は微塵もありません。

コメント (8)

猫達

2008-03-25 11:57:32 | 野良猫
いつも仲の良い親子。




家に入れなくて不服そうなプリン。
よく表情に出る猫です。



ギャーちゃんも入れてあげたいけどなかなか家猫と上手くやれなくて・・・



入れてやるといきなりハイテンションのプリン(笑)



もうこうなると無茶苦茶です。



何故か3匹同時にトイレ(笑)



散々遊んだ後は眠るのみ。
椅子が真っ白になり掃除が大変です(笑)



ノラクロも遊び過ぎてぐったりです。



クルミ姫は結膜炎です。
ばっちりカラーが似合ってます。





こちらは公園猫達、いつも元気な寅吉君。
必ず帰りは見送ってくれる優しい猫です。



こちら寅之助は写真では分かり辛いのですが、体のあちこちが円形脱毛症のようにはげてきました。
皮膚病なのか、ダニかノミなのか?
とりあえずノミ取りの薬は付けたけど・・・



こちら去勢以来なかなか姿を見せなかったトラ尻尾。
元気ならOK!



公園猫達の中で1番性格が良いミカン。
顔はともかく、喧嘩はしないし、優しいし。



こちらはマタタビに溺れる2匹、オジキとアトム。



いつも元気な姿を見せてくれるヒナですが、姉妹のチョビはもう何ヶ月も見かけません。



ヒナの兄貴のカクニ君。
兄弟のヤン君も半年位見てません、どこかで元気にやってるといいんですが。



いつ去勢しようか考え中のコロ助君。
どうせなら3~4匹まとめて連れて行きたいので、メンバーが決まり次第病院行きです(笑)
コメント (4)

猫達

2008-03-11 20:43:36 | 野良猫
ふわふわの座布団がお気に入りのプリン&クッキー。


家猫になった訳ではありませんが、毎日の様に乱入して来ます(笑)




気持ち良さそうに肩を組んで寝る2匹。



このまま家で面倒見てあげる事が出来ればいいんだけど、ちょっとここじゃ無理です。
広い所に引越してみんな一緒に暮らせたらいいなーと思う今日この頃です。



こちらは公園猫達。
いつ見ても逞しい連中です。



贅沢にも鶏肉は飽きたらしく、食いが悪くなったので缶詰に逆戻り。
何と贅沢な連中だ・・・



その点マルちゃんは鶏肉、缶詰、カリカリ、ミルク、何でもござれ。




超甘えん坊のカクニ君はマル兄ちゃん命です。




去勢して別猫になったオジキとカクニ君。




昔は荒くれ者のボス、今はただのおっさん猫(笑)
10m以内には近寄らなかった猫が今ではスリスリします。




最近顔を会わせる度に、またたびのおねだりばかりするアトム君。
またたびは中毒性があるのかなー?




クーちゃん。
最近は場所移動をしたらしく、会う回数も減ってしましました。




ミカン君は家猫としての適性は1番あるかも知れません。
おとなしくて、優しくて、争う事もなく、平和主義者です。




ヒナちゃんも酷い結膜炎?でどうしようかと考えていましたが、結局自然治癒しました。
かなりの猫達が結膜炎になりましたが、ほとんどが自然治癒して、改めてみんなの強さを感じました。


コメント (8)

猫達

2008-02-29 01:00:41 | 野良猫
仲の良い2匹。
クルミとノラクロ、幸せそうです。



そして何故か家にいるクッキー&プリン。



最近どさくさに紛れて乱入して来ます。



特にアチャがこの2匹を可愛いがるのです。



おそらく原因はこれでしょう。
右は野良時代のアチャ、左はプリンではなく今は亡き息子のタイガーです。
本当にプリンそっくりです。
それが原因かどうかは分かりませんがとにかく2匹を可愛がってくれます。



ノラクロが来た時は慣れるまでしばらく時間が掛かりましたが、プリン、クッキーが遊びに来た時は賑やかで大変です(笑)




一方先日去勢した4匹は、先週木曜に無事リリースしました。

チビチビ君は近寄って来なくなりました。
しばらく時間がかかるでしょう。



寅之助君も無事にリリース。




その後逃げるどころか、直ぐにご飯をたらふく食べていました。
性格が図太い(笑)



こいつはカギ母さん。
ここ数ヶ月姿を見なかったので、もう居なくなったとばかり思っていましたが、元気で良かった。



親はなくとも子は育つ、息子のチロル君。



こいつは残された数少ない未去勢猫のコロ助君。
Xデーは近い?




カクニ君は3度の飯より兄貴のマルちゃんに甘えるほうが好きです。



マルちゃん、もう少しで春だから頑張ってな!



寅吉もここで3度目の冬を越しました。
春はもう少しだからね。
コメント (6)

猫達

2008-02-18 18:11:52 | 野良猫

すいません、毎日何かと忙しく、また公園猫たちはあまりの寒さで写真を撮る余裕がなく、しばらく更新出来ませんでした。

クッキー、プリン、母さんの黒仮面、寒さに負けずに元気一杯です。




珍しく黒仮面母さんと一緒に寝るプリン。



たまーに小屋で寝る時は、決まって1番大きい小屋を独占する事が多い黒仮面。



ギャーちゃんは臨機応変に空いてる小屋で寝ます。



こちらは公園猫達。
右奥に陣取る寅之助が発情し、我が物顔でみんなを威嚇しています。



こちら公園猫歴2年の寅吉君は新入りの寅之助に徹底的にいじめられます。
よって昨日は4匹捕獲して本日病院に連れて行きました。



こちら新入りのトラ尻尾君。
ここに来てまだ日が浅いですが早速去勢です。



これはチビチビ君。
おとなしいので後回しになっていましたが終に去勢です。
凄く怯えていましたが、仕方ありません。
チビチビ、頑張れ!



これまた新入りの猫。
ちょっと懐いてきたと思ったら捕獲されました。
騙されたーって感じですね(笑)



そして寅之助君、終に御用となりました(笑)
その懐き方からおそらく捨て猫と思われますが、いつでも去勢できるからと後回しにしてたら発情して大変で、ズボンやカバンにマーキングされました(笑)
全員雄なので木曜まで入院して、夜に一斉リリースです。

この他にも新入りのコロ助君がいましたが、非常に人懐こくて、またゲージもなかったので次回です。

さすがに4匹一斉捕獲は大変でしたが、これでしばらくは安心です。
協力してくれたみなさん、有難うございました。



一方、家猫になったノラクロ君はクルミ姫のお気に入りです。
クルミ姫、ノラクロが可愛いくて仕方ない感じです。



毎日プロレス三昧です(笑)



白血病で保護しているクロちゃんはちょっと元気がなく心配です。
しかし食欲はあるので大丈夫でしょう。
コメント (5)

猫達

2008-02-01 19:15:30 | 野良猫
本日もクッキー、プリンから。
毎度の事ですが、この姉妹は元気一杯です。


健康で元気、それが何よりです。



最近は小屋の上が2匹の食卓になっています。



ギャーは爪研ぎの上が食卓(笑)



こいつらはどこでも食卓です。
早い者勝ちですから。



そんな中余裕をかますみかん君。



ひょっとしてオジキ君とシラトリ君は親子?



先日の新人猫ラッシュで早くも人に懐き、ここに居ついてしまったコロ君。
何処から来たのか知らないけど、こいつは生きて行く術を良く知っています。



上から見ているとと新人猫コロ君と見間違うツノ姫。



こちらは寅吉君。



その寅吉とよく間違えてしまうのがこの寅之助君。



そして2ヶ月と言う長い入院生活を経て、終に退院となりましたクロちゃん。
病気(白血病)の事もあるので、他の猫達と隔離しています。
ゲージを2つ連結させて中に小屋を置いてやりました。



暖かくなるまではここで生活です。
結構快適そうです。



入院当初は脚裏(4本全て)からの出血による極度の貧血と黄疸が出ていましたが、それでも本人はケロッとしていました。
しかしあのまま放って置いたらどうなっていたか分からないです。
現在はかなり体重も増え食欲も旺盛で健康そのものです。

白血病なんかに負けるなクロちゃん!
コメント (9)