すそ洗い 

R50 恥垢の上塗

藤原新也 沖ノ島 日本橋 高島屋

2017年07月30日 | アート

沖ノ島は、 2017年(平成29年)、「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群の構成資産の一つとして、ユネスコにより世界遺産に登録された。

藤原新也

沖ノ島 神宿る海の正倉院 |日本橋タカシマヤ

FUJIFILM GFX 50S | 富士フイルム

久しぶりに見た藤原新也とゆー名前
今は沖ノ島らしー
なんで 日本橋高島屋なんや と 疑問を抱きつつ

8階 催事場に

エ? 切符売り場の前に いきなし藤原新也が立ってはる
これはいきなし ありがたみが薄れ 敷居が低くなる
会場に入ると カシャカシャ 携帯で写真撮る音が聞こえる
エ? 写真展で 写真撮影OKなん
また敷居が低くなる

確かに写真は複製物なので どこからが オリジナルかどーかの境界が 曖昧
パネルに大きく引き伸ばされてるので オリジナルプリント的なディテールが 甘くなっていますが
藤原新也ものである 
青っぽい色彩とアンダー気味の絞り具合とディテール

今回は大判カメラ使用のようであります
せっかく 写真撮影OKなもんで IPhoneでかシャカシャカシャ
お土産に図録を買わずに済む 荷物が増えなくて良い



































































音が聞こえて来んなーと思ったら
上映会もやってる
なんや ビデオ撮影班も入ってたんかと ありがたみが薄れる
ビデオ上映の場所に行くと あれま 藤原新也本人が立ってはるので その横に立って観る
藤原先生の背の高さは僕と同じか やや低いか そんな体型
ビデオは やっぱり ありがたみが薄れる しかも本人の横で立って観るとゆーのは

僕は20代そこそこの時
写真雑誌で 初めて 藤原新也が インドあたりで撮った写真を見て
いいね と思い 撮影データーに OM-2で撮ってるとゆーことを知り
初めて買った一眼レフは OM-2です
藤原新也 影響世代です
全東洋街道もメメントモリも東京漂流も買った世代です

うーん 本人には会いたくなかったなー
ありがたみに薄れたー

でもね FUJIFILM GFX 50Sとゆーカメラはかなり欲しくなりました
誰かちょーだい!

沖ノ島
クリエーター情報なし
小学館


神の島 沖ノ島
クリエーター情報なし
小学館


写真展のハイライトは、その沖津宮の奥に位置する森を、中判ミラーレスカメラFUJIFILM GFX 50Sで撮影した写真を6枚繋げて、長さ12mに出力した高精細の写真だ。ここは沖ノ島のなかでも特に神聖な場所とされ、人手がまったく入っていない。そこは場所の名前すらないので藤原は便宜的に「禁足の森」と呼んでいる。

何人も入ることの出来ない禁足の森で沈黙の音を聴く。やがてひそひそと、さらにはざわざわと植物や地面や木々や巨岩たちが発する独特の信号で話し合っているかのような錯覚に陥る。禁足の森に入って驚いたのは、そこが古代より放置された場所であるにも関わらず、荒れ果てているのではなく、あたかも有能な造園師が設えたかのような秩序が保たれていたことである。そこには美しい下草、腐葉土、巨木や蔦、そして巨岩の数々がまるで話し合い、お互いの大きさや居場所を決めてきたかのような共生空間が生まれていたのだ」と藤原は驚き、「人間という地球の覇者が、このような秩序を壊してきたのではないだろうか」という想いに至る。

沖ノ島には4世紀後半から国家による祭祀が執り行なわれるようになった歴史があり、祭祀に使われた銅鏡、鉄剣、翡翠の勾玉、純金製の指輪やササン朝ペルシアのカットグラスなどの宝物が出土した。沖ノ島が「海の正倉院」とも称される所以であり、宝物はすべて国宝に指定されている。

これら宝物の写真は、5年前に宗像大社辺津宮の神宝館に簡易スタジオを作って撮影した。カメラはリコーGXRに1,200万画素のMマウントレンズ互換のユニット(GXR MOUNT A12)を装着したボディに、ノクチルックス50mm F1.0を使っている。接写だが中間リングの類いは使わずに、ボディとレンズを離して、手持ちでアオリを加えつつ撮影するという藤原流写真術である。大判出力のためPhotoZoom Proで画像補完して見事に再現している。

(デジカメ Watch)

FUJIFILM 中判ミラーレス一眼 ボディ GFX 50S
クリエーター情報なし
富士フイルム


FUJIFILM フジノン GFレンズ GF32-64MMF4 R LM WR
クリエーター情報なし
富士フイルム


FUJIFILM フジノン GFレンズ GF63MMF2.8 R WR
クリエーター情報なし
富士フイルム
『イベント』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ドラゴンクエスト Ⅺ」発売日 | トップ | わたしはたるんでいる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アート」カテゴリの最新記事