Tくんの夏のバカ騒ぎ日記 Z

人生は~紙飛行機~♪
願い乗せて~飛んでいくよ~♪
さあ、心のままに~
365日~♪
モノノフです(*´ー`*)

手を繋ぐな!

2021-08-07 22:24:55 | 日記
こんにちわ!
とうとう、
明日で東京オリンピック終わりますね!
なんだかんだで、あっという間☆

感動を、ありがとう。
という感じです!

僕はというと、今日から夏休み!
明日は湘南にドライブです(*^^*)

さて。
婚活の話でしたね!
今日は、『築地オフ』の話です。
Bk2で、築地オフが開催されました。

25人くらいの人が集まり、
築地駅で待ち合わせ。

くじ引きで、
5~6人毎に班に別れ、
各チームが、
軽く築地で昼御飯を食べたながら、
BBQの材料を買って合流し、
公園でBBQ飲み会という企画です!

僕の班には、
この部活のアイドル、
Kちゃんがいました!



この班のリーダーはKちゃんで、
皆でスーパーに買い出しに。
歩いてる時に、Kちゃんと話しました。

・既婚者で子持ち
・旦那さんに不満あり
・旦那さんは会社社長

既婚者だけでなく、
子持ちというのに、ビックリしました。

買い出しが終わり、
BBQをしていて気付いたんですが、
部活内に、
田村正和さんみたいな
50才くらいのダンディーな人が、
Kちゃんと、かなり仲良くしてました。

部活は、
不倫が横行してました。

なるほど。

僕は、婚活が目的なのを忘れ、
Kちゃんを狙いたくなりました。

ダンディーさんと、
Kちゃんが離れた隙を見て、
僕はKちゃんに話しかけました。

『Tくん若いよねー』
『え、Kちゃんは何歳なん?』
『もう42才だよー』


年齢聞いて、またビックリ。
普段、20才前後が大好きな僕ですが、
ぱっちりとした目と、
おっきな、おっぱいと、
シュッとしたスタイルが、
かなり好みで。

二人きりで、色々、かなり話しました。

また、別の日のオフ会で、
スターウォーズの映画を
見に行く企画があったんですが、
ダンディーさんが参加してない事もあり、
手を繋いで帰りました。



Kちゃんは川越に住んでいて、
ダンディーさんは横浜に住んでいて。

僕は、大宮なので。

Kちゃんとは、
帰りの電車が同じという
利点がありました。

あれは、
新宿ビアガーデンオフ会だったと

思います。

Kちゃんは、かなり酔っていて。

ダンディーさんじゃなく、
僕にまとわり付いてきて。

手を繋いで。


それを見たダンディーさんは、
怒ってました。

ビアガーデンが終わり、
帰る時。

僕とKちゃんは、
二人で埼京線に向かってると、
後ろから、

『おい!!』

振り向くと、ダンディーさん。

ダンディー『K、今日は一緒に帰ろう!』
K『大丈夫よ、帰れるから、!』
ダンディー『じゃあ、その手を繋ぐのをやめろ!』


そう言われ、
僕達は手を繋ぐのをやめました。

ダンディーさん達と別れ、
僕とKちゃんは、
再び埼京線に向かい。

埼京線の乗り場で、
電車を待っている時、
どちらからともなく、
再び手を繋ぎました。

やって来た埼京線には、
あまり人が乗ってなく。

電車に乗って、
扉が閉じた瞬間。

僕は、Kちゃんと
ディープキスをしていました。


続きます。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

嘘になるから

2021-08-01 21:43:16 | 日記
こんにちわ!
オリンピック、柔道、活躍しましたね!
井上康生は、
選手としても凄かったですが、
指導者としては、更に凄い人物だと
思います。

僕も、管理職として、
見習いたいです。

さて。
前回、
Yちゃんの事が
いつも頭から離れない
というところまででしたね。

それは本当で、
ずっとYちゃんの事
ばかり考えていました。

月に一回の会議。
Yちゃんと久しぶりに会える。

でも、Yちゃんには、
部長がいる前なので、
話したくても、
あまり話が出来なかったです。

『30才になっても一人なら、
俺と結婚すれば良いよ』

と、プロポーズみたいな言葉を
言ったにも拘わらず、
月に一回、会った時にも、
何も言えず。

時々、見ると、目が合うとか、
すれ違いに、少し話すとか(^_^;)

なんか、中学生みたいですよね(笑)

Yちゃんが
どう思っているのか分からないし、
また、前の嫁さんとも、
まだ続けるのか、離婚するのかも、
はっきりしていない時期でした。

自分の気持ちが、
はっきりしていませんでした。

好きなのはYちゃん。
でも、嫁さんとは離婚したくない
気持ちがありました。

きっと、これを読んでいる方は、
イライラすると思いますが、
これが、本当の自分でした。

Yちゃんとは、
なんとなくですが、
社員旅行以降、会議で会う時は、
良い雰囲気だったと思います。
ほとんど話は出来なかったですが、、


そんな状況で、
半年が過ぎ。
嫁さんとも離婚する事になり。

Yちゃんの事が頭から離れないのに、
婚活を続けました。

Yちゃんの事は、
忘れたかったのかもしれません。

これで、Yちゃんと上手くいき、
Yちゃんと再婚する事になったら、
前の嫁さんとの結婚生活は
嘘になると言うか。

結局、不倫からの再婚は、
幸せにはならないのではないか、
という気持ちがあり。

Yちゃんの事が、
一番好きなのに。

たぶん、
僕は、Yちゃんを忘れる為に、
婚活を頑張っていた気がします。

続きます。

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする