恋華(れんか)

恋華のブログ。ストロベリー・パニック&涼宮ハルヒの憂鬱などのアニメを応援してます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゼロの使い魔 第11話「ルイズの結婚」

2006-09-13 15:48:55 | ARIA/ゼロの使い魔

第11話「ルイズの結婚」


(概要)
ルイズの許婚だったワルドに敗北した才人は、
慰めようとするルイズにその悔しさをぶつけてしまう。
才人に予想外の態度を取られたルイズは、
渋っていたワルドの求婚を受ける決意をし、
ワルドと二人でアルビオンに旅立ってしまう。
一方、ギーシュと才人はルイズたちの後を追って港へと急いでいた道中、
突如現われた土くれのフーケに邪魔され、
アルビオン行きの船に乗り損なってしまう。
ルイズの身を案じる才人の心など露知らず、アルビオンに到着したルイズはワルドと共にウェールズ皇太子の許へと急ぐ。
しかし、そんなルイズには何やら不穏な危険が迫っていた…。


ワルドに敗れ去ったサイトは、独り落ち込む。
そんなサイトをルイズは心配しますが、
サイトは逆にルイズに八つ当たり状態。
それに怒ったルイズは、ワルドと結婚すると言い残し立ち去ってしまう。

船の出航時間が近くなりギーシュは、ほけているサイトを迎えにいく。
そこに、フーケが登場。


その頃、ワルドはルイズに嘘をつく。
「サイトたちは、ここで帰るそうだ。」
船の出航時間が近いので二人で桟橋に急ぐ。

ギーシュの魔法は、役にたたず。
サイトのみでは苦戦。
そこに、キュルケとタバサが加勢してくれてフーケを退ける。
「まぁいい、足止めはできた。」
とフーケは言い残す。
その言葉が気になるサイト。

そのとき、船の出港の合図が聞こえる。
宿の人に、ワルドの嘘を聞かされる。
ルイズの危険を感じるサイト。

そんなことを知らないルイズは、アルビオンに向かう船の中で
ワルドに求婚の了承を伝えてしまう。

翌朝、浮遊大陸であるアルビオンに到着。
ルイズは、早速ウェールズ皇太子との待ち合わせ場所に急ぐ。
無事、皇太子と会えたルイズは、アンリエッタ姫からの密書を手渡す。
そして、例の信書を受け取る。

ウェールズ皇太子は、今回の騒乱は貴族だけのものではなく
裏で手を回しているものがいると。
それは『レコン・キスタ』
故に、王子である私が国を守らなくてはならない。
亡命などするわけにはいかない。
そのことを、アンリエッタ姫に伝えてくれと、ルイズにウェールズ皇太子はお願いする。

ワルドは、ルイズが例の手紙を手に入れたことを確認し
ここで結婚式を挙げようとルイズに迫る。
急すぎると拒むルイズに対しワルドは、
「君は、僕…いや我がレコン・キスタに必要なんだ。」

その言葉を聞いて驚くルイズ。
逃げようとするが、魔術によって落ちてしまう。

そのまま、ワルドの策略により結婚式が行なわれる。
ルイズは、魔術によって操られ式が進んでしまう。


そんなぎりぎりのところで、サイトが式場に現れ
ルイズにかけられていた魔術が解ける。

その一瞬の隙を突き、ワルドはウェールズ皇太子を…
ウェールズ皇太子はワルドの手にかかってしまう。
ルイズに風のルビーを託し、命尽きる…

ルイズの心を弄んだワルドに怒りをぶつけるサイト。
その心の震えに呼応するように、デルフリンガーは真の力を見せる。
「ルイズを傷つけるヤツは絶対にゆるさねぇ!!」

サイトかっこいいですよ。

戦いには勝利するが、ワルドがいつのまにか手紙を手にしている。
ワルドは、3つの目的のうち二つを成し遂げたということもありその場から逃走する。

ルイズとサイトは、キュルケたちに建物が崩壊する直前に助け出される。
その際に、ルイズは気を失ってしまう。
そんなルイズにサイトは、キス。

ルイズは、キスで目を覚ますが、再び目をつむりサイトのキスろ受け入れる。

面白かったんですが、明らかに詰め込みすぎですね。
危惧していたことが、現実になってしまった。
ウェールズ皇太子は、出てすぐに退場
次回も、かなり詰め込んできそうなので、かなり不安。


次回
第12話「ルイズの秘密」





ランキングサイト参加中です。
1日1回クリックしてくれると、すごく嬉しいです。


(C)2006 ヤマグチノボル/メディアファクトリー/ゼロの使い魔製作委員会

コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ストロベリー・パニック 第2... | トップ | 次の記事へ »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ワルドの本心 (死霊使い(ネクロマンサー))
2006-09-13 23:35:52
・ワルドが見ていたのは、ルイズの中に眠っていた虚無系統の魔法だけであって、彼から見ればルイズなどただの虚無魔法が使えるただの手駒としか見ていなかったという事になる。ルイズが小さい頃から、ルイズを見ていたのも彼女の力目当てで近づいたという事になる。彼の本心を知ったルイズにとって相当ショックであったと思う。小さい頃から信頼していた人物が実は世界の征服を企む、一味であったという事実には。
Unknown (half-moon)
2006-09-14 00:23:25
原作も読んでたんで始めのほうは見てたんですけど、画質が悪かったんで途中から見るのをやめっちゃったんですが、ワルドと行くのと戦争が重なるとは思いませんでした。詰め込みすぎなんで、もっとゆったりやってほしかったです。ちなみに小説では7巻のラストがお勧めです。
死霊使い(ネクロマンサー)さまへ (管理人:恋華)
2006-09-14 03:44:49
こんばんわ。

いつもお世話になってます。



>ワルドの本心



女心を弄ぶのもいい加減にしろ。

しかも、目的のために幼いときから近づいて

本当に最悪な男です。



half-moon さまへ (管理人:恋華)
2006-09-14 03:48:49
こんばんわ。

コメントいただき有難うございます。



>詰め込みすぎなんで、もっとゆったりやってほしかったです。



私も、もう少しゆっくりやってほしかった。

1クールでなく2クールでも良かったんじゃないかと。

あと残り2話なので、詰め込みすぎず、でもしっかりまとめてほしいです。



コメントを投稿

ARIA/ゼロの使い魔」カテゴリの最新記事