SUSIE BLOG

英語講師、映画監督・プロデューサーSUSIEのオフィシャルブログ

短編映画「Answer」

2015年08月06日 | 映画
susiefilms制作、SUSIE(すーじー)が脚本・監督を手掛けた短編映画「Answer」  
 




2014年の初上映から日本全国から上映依頼が激増し、 

 

それと共に「Answer」はどういった映画ですか?

どういう経緯で製作されたのですか? 



という問い合わせが多くなりました 



こちらは映画「Answer」をもっと良く知るためのページです



 

 あらすじは、


27歳で1型糖尿病を発症した青年が、葛藤しながらもバンドの仲間に支えられ、
ドラムを通じて、病気と共に強く前向きに生きる姿を描いた実話を元にしたストーリー。  


 1型糖尿病ってなに?


日本では、発症率が10万人に1~2人と言われている難病の1型糖尿病。
一般的に知られている生活習慣病とは違い、
突然、血糖値のコントロールが自力では不可能となる。

脳死膵臓移植や膵島移植を受けるか、血糖測定をしながら、
生涯にわたって毎日数回のインスリン自己注射
または、ポンプによる注射を続ける以外に治療法はありません。


世間からの認知が非常に低く、
偏見の目で見られることも多いので、
結婚や就職などの問題に悩み、
自分が病気であることを隠している人も少なくないのです。  



 どうして、SUSIEが1型糖尿病の映画を?


実は、SUSIEの実弟が27歳の時に1型糖尿病を発症しました。 


それまでは、なんとなく聞いたことあるけど、、、くらいの病気。
それが突然、自分の家族にやって来ました。
ショックでした。。。
もちろん、弟自身が一番そうだったはず。
 


1型糖尿病に関して、ネットや本でとにかく調べました。
そして、気がついたことが、
 

1型糖尿病を発症している方の多くは、病気そのものよりも
「生涯この病気と生き続ける」ということ。
人に理解してもらえないこと。
で悩んでいました。 


私は医者ではないので、病気自体の症状を軽くしてあげることはできないけど、
もしかしたら、精神的に何か助けてあげることはできるかも 
 


というのが、きっかけ。 



「Answer」は弟に起こったことをありのまま映画にしました。
 


撮影はどんな感じだった? 


2011年 脚本、ロケハン、出演俳優のオーディションをし、


2012年の2,3月に撮影をしました。











実はこの時、すーじーは妊娠中。。。

撮影のときは、妊娠8、9カ月。

2012年2月3月、子供がお腹にいる間に何とか撮り終え、翌月2012年4月に無事出産しました~(笑) 


映画のメイキングはこちら(約5分)

映画制作の裏側が観れますよ
 

映画『Answer』メイキング
 



 出演者、スタッフは?? 


俳優は、主役、ドクター役、以外は、全員オーディションで選ばれました。 

主役のナラ役(SUSIEの弟)を演じた俳優は、東京を拠点に世界でも活躍するエイジ・レオン・リー 


ドクター役は、現役のお医者様、佐藤あつしクリニック院長 佐藤温先生。  


100人以上のエキストラも撮影に参加しました 



撮影は、国内外で映画、ミュージックビデオも手掛けるプロ集団「映像畑」

テクニカルディレクター、音響、編集は、ビデオ制作・空撮も手掛けるGfactory


プロによるプロの仕事で、映画「Answer」は制作されました 



 音楽は?


劇中歌、エンディングソング共に、1型糖尿病患者であり、映画のモデルとなったSUSIEの弟のバンドが担当しました。 



劇中歌として、映画で流れる「アルシラ」 

アルシラ / PELO




エンディングソング「とくべつなありがとう」

とくべつなありがとう / PELO





上映履歴
 


2014年8月 「Dream Box Film Festival 2014」招待作品

2015年2月 「小坂本町一丁目映画祭」招待作品

2015年3月  「Answer」単独上映会(競技エアロビクス日本代表・IDDMネットワーク理事 大村詠一さん招待ゲスト)

2015年5月  日本IDDMネットワーク(1型糖尿病全国組織)20周年記念サイエンスフォーラム

2015年5月  未来づくり研究会 映画監督SUSIE講演会  
 
2015年9月  あいち国際女性映画祭  短編コンペティション部門ノミネート

2015年10月  知多半島映画祭 特別招待作品

2015年11月  「Answer」単独上映会・監督SUSIE講演in 栃木マロニエプラザ  

2016年2月  JAみどり「第50回女性学級修了式 記念講演」『Answer』上映&すーじー講演会

2016年9月  「T1DM MEET UP 2016 in Tokyo ~1型糖尿病を学ぶ会~」北里大学(東京)



2015年 日本で唯一の女性監督にスポットを当てた国際映画祭「あいち国際女性映画祭」で、世界中の数ある短編映画の中から、
世界のトップ10短編映画の1つにノミノートされました 


 
メディア 


中日新聞 県内版 

 


中日新聞 知多版





監督SUSIE






susiefilms代表 映画監督・プロデューサー 
2008年渡米。ニューヨークフィルムアカデミーで映画制作を学ぶ。
帰国後、映画制作、映画祭プロデュース団体「susiefilms」を立ち上げる。
2010、2014年ヒルトン名古屋にて映画祭「Dream Box Film Festival」(観客250名)を主催。
1型糖尿病を題材にした短編映画「Answer」は、新聞で取り上げられ大きな話題となった。
日本IDDMネットワーク(一型糖尿病サポート全国組織)の創立20周年記念
「サイエンスフォーラム」で公式上映。
今年、日本で唯一の国際女性映画祭、「あいち国際女性映画祭」
短編コンペティション部門にノミネート。
日本全国から上映、講演依頼が殺到している。





Answer予告編
 



たくさんの方に観ていただき、そして、「生きることの素晴らしさ」を感じてくれたらいいなと思います。
日本全国、世界へのどこへでも上映・講演に伺います


映画「Answer」上映・SUSIE講演依頼は  susiefilms@gmail.comまで
























この記事についてブログを書く
« 全て妄想から | トップ | あいち国際女性映画祭 »
最新の画像もっと見る