見出し画像

精子提供ボランティア@南東北

シリンジ法の成功率

シリンジ法の成功率についての研究論文について紹介されたページを見つけました。


シリンジを用いた膣内授精による妊娠結果の研究論文について


シリンジ法で6周期以内に妊娠したカップルの年齢層別の割合が以下のとおりです。

20歳~30代前半:68.9%

30代半ば:42.8%

30代後半:25.0%


研究対象の母数が55と多くなく、これで確実なことは言えないと思いますが、参考にはなると思います。


男女双方に不妊要因がなければ、20代のうちから始めれば高い確率で妊娠が期待できることがわかります。

一方、30代後半のカップル12組のうち、
6周期以内に妊娠したのは4組(25%)だけでした。
ギャンブルのような確率です。
手軽さだけを理由にシリンジ法を続けているうちに卵巣年齢が上がって、さらに妊娠しづらくなる恐れがあります。

シリンジ法以外に選択肢がない場合を除いては、半年ないし1年など期限を設けて、体外受精等へのステップアップを見据えて取り組む必要があると感じます。




当方は東北地方を中心に、第三者からの精子提供を希望される方に無償で精子提供をしております。
シリンジ法での妊娠実績が複数ございます。

提供のお申込み、お問合せはぜひホームページからお願いいたします。
↓↓↓↓↓
精子提供ボランティア@南東北







クリックで応援よろしくお願いします!

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「シリンジ法」カテゴリーもっと見る