SONY DATデッキ修理

ソニー製のDATデッキの修理をお受けしています。
長年、メーカーサービスでDATデッキの修理を担当いたしました。

DAT修理 DATデッキ修理 テープパス調整等、各種調整の重要性

2017-07-24 14:58:58 | DAT修理

DAT修理 DATデッキ修理 DTC-1000ES修理 DTC-1500ES修理 DTC-2000ES修理 DTC-77ES修理

DATデッキの修理のお問い合わせは次のメールアドレス mayuki_2001@yahoo.co.jp 

まで、お申し付けください。


お電話 TEL080-5246-9320 でもお受けいたしております。

 

メーカーサービスでDATデッキの修理を担当した経験を活かして丁寧に仕上げさせていただきます。

 

DTC-2000ES DTC-1500ES DTC-1000ES DTC-77ES DTC-A8 も年数経過によりメーカーでのサポート(修理)が終了しましたが、当方では長年DATデッキの修理に携わった経験を活かして可能な限り修理の努力をさせていただいています。

 

修理のお問い合わせはこちらをポチっとクリックしてください。



DATデッキはテープパス、DPG、FWDトルク、バックテンショントルク等の各種の調整が重要です。


OFFSET治具を接続して、 テープパス、DPG(テープ上の記録の開始位置を決める大切な調整です。)、FWDトルク、バックテンショントルク、エンドセンサー等の各種の調整を厳密に行う必要があります。



SONY製のDATデッキのサービスマニュアルに掲載されているテープパスの調整方法です。



テープパス調整

 

SONY製DATデッキのDTC-1000ESのテープパス調整時のRF波形です。
OFFSET治具のボリュームを回した時に、同形状のまま変化するようにS1、T1ガイドを調整します。



テープパスを厳密に調整します。



DPG(テープ上の記録の開始位置を決める大切な調整です。)を厳密に調整します。


http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/05/43/e887188cad3beaed66d4ecfece53cfb0.jpg

安心してテープを再生できるように修理・調整させていただきます。

 

 
 

 

DATデッキの調整項目は多岐におよびます。

主な調整項目(確認を含みます。)は次のとおりです。

T2ガイド調整

S2ガイド調整

Fガイド調整

S3ガイド調整

T3ガイド調整

ロリータエンコーダー位相調整

FWDバックテンション

FWDトルク

REVIEWトルク

トラッキング電圧調整

キャプスタンスピード調整(×1)

キャプスタンスピード調整(×1.5)

キャプスタンスピード調整(×2.5)

キャプスタンスピード調整(×16)

テープパス微調整(×1.5FWDモード)

DPG調整

ATFパイロット調整

VCO調整

A/Dオフセット調整

A/D歪率調整

 

これらの調整は、素人さんの修理業者では困難です。

修理・調整する技量がないにも関わらず、修理を受けている業者が存在します。

被害に遭わないように、くれぐれもご注意ください。

 

当方では、長年、メーカーサービスでDATデッキの修理を担当した経験を活かして、

貴殿の愛機を大切に修理させていただきます。 

 

DATデッキの修理のお問い合わせはこちらをポチっとクリックしてください。

 

 

悪質修理業者の実態は、こちらをポチっとクリックしてください。

 




 

DATデッキ修理 DAT Repai テープパス調整の重要性について テープパスのずれ症例④






コメント   この記事についてブログを書く
« DTC-2000ES 修理... | トップ | TCD-D7 TCD-D8... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

DAT修理」カテゴリの最新記事