あーぶくたった

うたかたの日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

私たちにできること

2011-03-15 22:11:05 | Weblog
地震から4日。 

私は3年ほど前、地方の新聞社からの請け負いで釣りの本を作っている小さな出版社で働いていました。その中で宮城・福島の50以上の釣り具店や釣り船の船長さんを電話取材しました。
晴れた日は店の前の海に出かけて釣りをする気仙沼の釣具店のおじいさん、いつ電話しても渡船の上で、豪快な声と笑い声で魚のことや釣り場のことを親切に教えてくれた塩竃の船長さん、リアス式の美しい海岸線の航空写真。
悪夢のような津波に瞬く間に、どんどんのみこまれていく、あのときに談笑しながら感じた電話越しの穏やかであたたかい人たちと、日常。あのテレビ映像を何度みても、現実の光景とは今でも思えません。

地震の日、私の住むマンションは古かったせいか、揺れがひどく、本棚を必死で押さえながら、生ませて初めて生命の危機を感じました。テレビ、食器棚、本棚が倒れ水槽もひっくり返り魚が行方不明になりました。 
だけど、命が助かり、家族もうちも何も失わなかった私には、東北地方で被災された方々の地獄の中での恐怖は、想像を絶するものです。津波に襲われながら、すさまじい恐怖の中で亡くなった方々の悲しみを思うと不条理さと虚無感に胸がつぶれそうです。
だけど、そんな凄惨な中で生還され避難所で過ごされている方々の心の傷が少しでも癒されるような、現実的に役立つこと、なんだろうと考えてます。 

自分の不安からくる買い占めや、原発への妄想を膨らませる前に、まずは、被災者に届く募金を自分のできる範囲ですることが、今、非力な私たちにできる、せめてものことだと思います。 

三井住友銀行やコンビニ、ネットなどで、義援金を募っています。被災された人たちが、少しでも希望をもてますよう、募金しましょう!

もちろん、私も募金します!
ジャンル:
モブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 「人生って笑ってる時間のほ... | トップ | 地震から2週間 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
地震 (猫丸)
2011-03-16 13:13:30
ほんと、アタシ達も、被災者の方々の役に立ちたいよね~。
今も雪が降る寒さの中で苦しんでる人が沢山いるのに、アタシは職場で普通に電気泳動とかしてるんだよっ!
こんなん、やってる場合かーっ!って思うよ。
昨日、仕事帰りに駅で募金をやってたので、お金、入れてきたよ。アタシ達のお金、ちゃんと被災地に届けて欲しいよね。
ほんとうに (てる)
2011-03-16 13:43:32
私も募金してきた! とにかくすごく沢山の避難場所に少しでも、物資が送られるようにしてほしいよね! 

原発の問題も、被災地の人たちが、一番不安だよね。 
まず、彼らの安全を考えてほしいよね。関東に飛散してる放射能なんて、病院な検査のX線やCTに比べたら微量も微量でしょ。 


これから、私たちの生き方、幸せ、一人一人問われる時代になってくんだろうね。 

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事