日々諸々

酒肆 とりふじ

第35回 STWワイン会

2018-10-13 00:43:35 | 適当に
NV BOLLINGER SPECIAL CUVEE CHAMPAGNE
89 HANZELL CH. SONOMA VALLEY
97 MONTE BERNARDI SA'ETTA PANZONO-IN-CHIANTI
89 CHATEAU CLERC MILON PAUILLAC

3年前の初回以来、最も参加者の少ないワイン会。
2本ずつ用意しなくていいので、カリフォルニアとイタリアは在庫1本のワインを。
少人数でゆったりのんびりできた、ワイン会というより食事会でした。
コメント

10月の営業案内

2018-09-30 15:24:40 | 業務連絡
10月8日(月)体育の日は休業します。

10月17日より
ご要望がない限りお酒は燗酒になります。

諸般の事情により、誠に勝手ながら
グラスハウスワイン等 650円を700円に
値上げさせていただきます。



コメント

第34回 STWワイン会

2018-09-09 13:15:53 | 適当に
NV DAVID COUTELAS TRADITION BRUT CHAMPAGNE
96 STEELE ZIN. CATFISH VYD. CLEAR LAKE
97 RAVENS WOOD ZIN. MONTE ROSSO SONOMA VALLEY
97 UNTI SYRAH DRY CREEK VALLEY
92 PETER MICHAEL RED WINE(C.S.) "LES PAVOTS" KNIGHTS VALLEY

2ヶ月間のご無沙汰でした
酒は世につれ 世は酒につれと申しますが
ビオや自然派 目もくれず
心は一途 ナツメロワイン

ある時は ブショネの不幸を嘆き
ある時は 芳醇な香りに涙する
注がれたグラスの向こうに
思い出は浮かんては消え
セラーで横たわるボトルに
果てしない夢が漂う
愛しき飲み物 ワイン

長らくお待たせいたしました
さあ 飲んでいただきましょう
いつもの時間 いつもの店で・・・
コメント

9月の営業案内

2018-09-02 16:49:43 | 業務連絡
9月17日(月)敬老の日 24日(月)秋分の日の振替休日 は休業します。
毎週土曜日は営業しておりますので、是非ご来店ください。

 今年の夏は特別暑かった気がしますが9月はどうなんでしょうか。
雨が降って少し涼しくなってきましたが、まだまだ暑さは続きそうです。

 地下の当店は、猛暑日ても28℃と安定していて
エアコンがなくても、昼過ぎに来たときは涼しく感じるし
帰るとき階段を上がると地上はムッとするのですが
秋風の吹き始める今頃のひんやりした日は、反対に店内は暑く感じます。

 だんだん夜が過ごし易くなってきますが
夜の最低気温25℃以上の日を熱帯夜というなら
ま、しばらく当店は、毎晩熱帯夜ですけどね。

 ワインはともかく店内は自然派です。










コメント

8月の営業案内

2018-08-01 12:51:37 | 業務連絡
8月11日(土)山の日は祭日につき休業、25日は私用により臨時休業いたします。

なお、お盆休みはとりませんので、上記以外は土曜日をふくめ平常通り営業いたします。
コメント

本日

2018-07-28 15:10:27 | 業務連絡
7月287日(土)は臨時休業いたします。

コメント

第33回 STWワイン会

2018-07-15 16:21:12 | 適当に
NV DUVAL-LEROY PUR CHARDONNAY BRUT RESERVE CHAMPAGNE
15 MARSANNAY DOMAINE SYLVAIN PATAILLE MARSANNAY
10 MARSANNAY ROSE "FLEUR DE PINOT" DOMAINE SYLVAIN PATAILLE MARSANNAY
97 WYNN'S COONAWARRA ESTATE "MICHAEL" COONAWARRA SHIRAZ COONAWARRA
89 SEAN THACKREY NAPA VALLEY SYRAH "ORION" BOLINAS
85 HERMITAGE "LA CHAPELLE" PAUL JABOULET AINE HERMITAGE

 3連休の初日のせいか集まりが悪く6名で開催。2本ずつワインを用意しなくでもよかったので、1本しか手持ちのないワインをいくつか出しました。7月14日、革命記念日なのでフランスワイン多めです。

 個人的に今回一番良かったのはショーンサッカレー。この頃のカリフォルニアワインはアルコールも高くなく、その後のカルトワインのようなドヤ顔の美味さや押しつけがましい凝縮感もなく、時を経た落ち着きが安心できる古きカリフォルニアワインでした。といっても、色はまだしっかり濃く30年近くの年月は感じさせません。
 ワイナリーの場所からボリナスと表記しましたが、マリンカウンティのその辺はAVAの指定外です。ナパヴァレーの買いブドウですが、おそらくロッシヴィンヤードでしょう。サッカレー自身は海辺の気候や風がワインの成熟に影響を与えるといっているようですが、なんかそんな気もしました。

 マイケルはミルキーさと微かなミントっぽさでオーストラリア、クナワラっぽいし、ラシャペルは王道の美味しさで十分満足できるが、この組み合わせでは正統派過ぎてやや単調な印象でした。

 いずれにせよどれも熟成し、スパイシーだの薬っぽいだのといわれる、すぐシラーとわかる若いワインでシラーを論じてはいけないという自説を裏切るものではなかったと思います。
コメント

7月の営業案内

2018-07-02 11:02:00 | 業務連絡
 7月16日(月)海の日 は休業します。


コメント

第32回 STWワイン会

2018-06-10 11:09:47 | 適当に
NV MAILLY GRAND CRU BLANC DE NOIRS BRUT CHAMPAGNE
95 KISTLER CH. McCREA VYD. SONOMA MOUNTAIN
98 HARRISON MERLOT NAPA VALLEY
93 KARL LAWRENCE C.S. NAPA VALLEY
88 CHATEAU CLIMENS BARSAC

 ハリソンはリザーヴや年の違うカベルネ、ゼブラジンを会で出しましたが、今回はメルローです。エチケットはゼブラではなくクーズー(ネジツノレイヨウ=螺子角羚羊でしょうか?) ここんちは縞しまの動物が好きなようで、なんかの品種はトラだったような・・・
 ハリソンはカールローレンス同様、現在ワインを造っていません。離婚だか、ご主人が亡くなったかで、ワインに熱心だった奥さんが故国ニュージーランドに帰っちゃったからです。ただカールローレンスと異なり、彼女はセントラルオタゴでZebra Nz Vineyardsというワイナリーを立ち上げ、今もワインを造っています。
 というわけで今回のテーマは「すでにないワイナリーのワイン」です。ワインは一期一会といってしまえばそれまでですが、もう二度と造られることのないワインを・・・(ご案内のメールより抜粋)

 今回のキスラーは瓶の差が大きかったです。色の具合通りでひとつは年なり、もうひとつは熟成が進んでちょっとシェリー香が。
コメント

6月の営業案内

2018-06-03 13:01:34 | 業務連絡
通常通り営業します。

そろそろ暑くなってきたので
店内のお客さま数が椅子数(4脚)を超えるときは
入店をお断りすることがあります。
コメント