70の瞳

笑いあり涙あり、35人の子どもたちが生活する児童養護施設「さんあい」の出来事や子どもと職員の声をお聞きください。

成人式(Acha Project)

2019-01-12 00:01:00 | 愛すべき子どもたち

Acha Projectをご存知でしょうか? 児童養護施設出身の20代の社会人女性が立ち上げた団体で、児童養護施設出身者に対して、一般的には数十万円もかかってしまう成人式に着るレンタルの晴れ着、美容院、写真をボランティアで支援しています。(詳しい情報はサイトをご覧ください。) https://achaproject.org/about.html

団体を立ち上げた山本さんは、さんあいにも来てくださり、熱くその思いを語ってくれました。施設出身の女の子にとって成人式で晴れ着て写真を撮りみんなと過ごすことの意味は、想像以上に大きなことだと知ることができました。そして、自分の味わった素晴らしい体験を自分と同じような境遇の人にも味わってもらいたいという一心で動いている山本さんの行動力や情熱には感服するばかりです。そして、そのために昼間の仕事を持ちながら夜は居酒屋でアルバイトをしながら活動資金をためているとのこと。まさに「受けるより与える方が幸い」というさんあいのスピリットを体現しているような人物です。

さて、さんあいの卒園生で山口県で大学生活を送っているYちゃんも成人式に出席するためにこの週末にさんあいに帰ってくるようです。奨学金の給付は受けているものの一生懸命アルバイトをして生活費にあて、さらには故郷へ帰省する費用も貯金するとは大したものです。それほど彼女にとって深谷市やさんあいは故郷なのでしょう。彼女もいつか児童養護施設で働きたいと保育士を目指して勉強しています。成人式に騒ぎを起こす若者たちが、ニュースになります。でも成人式に真摯な思いを寄せる若者たちもいます。

 

七五三の衣装と写真ぐらいだったら費用は掛からないだけどね! この子たちもあと15年もすれば成人式です。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« お別れ | トップ | Yちゃんの帰省 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

愛すべき子どもたち」カテゴリの最新記事