おやぢのためいき EPISODEⅡ

ねこくん写真とおやぢミュージック、そして頚椎椎間板ヘルニア闘病記な日々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

交番くんものがたり  ---最終章---

2009年09月30日 | しまのねこ
交番くんは奥津宮に向う私たちを見送ってから交番に帰るという。
私たちは1メートル進んでは振り返る。


次第に交番くんの姿が小さくなり、次のカーブを曲がったらお別れだ。
その時交番くんは小さく「にゃあ」と鳴いた。

その後、私たちは奥津宮、コッキング苑、中津宮、聖天島公園を巡った。
巡り終えた頃にはもう夜の帳がすっかり下りていたが、どうしてももう一度交番くんに会いたくて、さよならの挨拶をしに行った。

交番くんは暫し再会を喜んで、それから私たちと一緒に参道を下り、募金箱のあたりで再び見送ってくれた。
交番くん:「おっちゃん、また来てほしいづら」
おっちゃん:「ああ、近いうちに必ずまた来るから」

こうして交番くんと別れた私たちは、体は遠く離れた地にいるが
心は今も江ノ島に飛んで、いつも交番くんと共にいる。

   ---交番くんものがたり  おしまいかも---
コメント (12)

交番くん、海を眺める(2)  ---交番くんものがたり(8)---

2009年09月29日 | しまのねこ

交番くん:「おっちゃん、おっちゃん、ちっと疲れたづら。横になる」
交番くんはそう言うと横になって海風に吹かれながら気持ちよさそうに海を眺めていました。

交番くん:「おっちゃん、おっちゃん!!」
おっちゃん:「なんだよ?」
しばらく海を眺めていた交番くんは突然振り向いてこう言いました。

交番くん:「おっちゃん、ありがとう」

   ---つづく---
コメント (7)

ウシ

2009年09月28日 | しまのねこ
コメント (4)

騁碧亭

2009年09月27日 | 江ノ島百景
地表に現れた大ダコではありません。
サムエルコッキング苑の中国伝統建築様式の四阿(あずまや)、騁碧亭の瓦屋根です。美しいなあ。
コメント (2)

交番くん、海を眺める  ---交番くんものがたり(7)---

2009年09月27日 | しまのねこ

交番くん:「わー、これが海かあ!!」



交番くん:「おっちゃん、おっちゃん、これが海づら??」

   ---つづく---
コメント (8)