仕事で英語を使う

読み・書き・話す、を英語でこなす仕事をしている中年男のブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

モニタ受講第5回目

2015-01-12 21:05:28 | Cafetalk
keiichi 先生の「ヨガしてみたい」あなたへ お試しタオルヨガ講座を受講しました。モニタ受講5回目(最後)になります。


◆その1 受講にあたり
 モニタもいよいよ最後となりました。どの講師、どのレッスンで締めようかと考え、カフェトークのサイトを検索していたところ、keiichi先生を見つけました。「パソコン作業のストレス解消! 癒しの目ヨガ」や「「去年のズボンが履けない、、」を解消する! お腹引締めヨガ!!」に興味を持ちましたが、最終的には「「ヨガしてみたい」あなたへ お試しタオルヨガ講座」を選びました。
 タオルを使うという点が、今までに受講したレッスンに無かったためです。


◆その2 受講直前
 受講一日前に家族を連れてスキーに行きました。車で往復7時間も運転したので、疲れがたまっていました。帰宅時刻も遅かったため、受講直前まで寝ていました。
 そのため、身体が完全に起きておらず、また節々が硬い状態でした。


◆その3 レッスンのテーマ、教材について
 タオルを準備しておいてくださいという、先生のメッセージがありました。スポーツタオルというか、少し長めのタオルを準備してレッスンに臨みました。
 レッスンでは最初にタオルを使って肩関節の柔軟運動から始まりました。この運動は効きました! 四十肩のために痛みがあり、大丈夫かな、と不安になりました。でもタオルを使うと痛みの出ないように動かすことができるので、痛むことはありませんでした(写真参考)。続いて、タオルを使って身体の回旋運動をしました。
 ここでタオル使用が終わりました・・・

 首回し、腕回し、座位での腹筋、猫のポーズ(&腰回し)、犬のポーズ、脚を前後に開いて片手を上に&胸を横に開く、仰向けでお尻上げ下げ、←の状態から片膝を伸ばす、といった動きを教えてもらいました。


◆その4 なるほど!と特に印象に残ったこと
 タオルを使うと動きのヴァリエーションが増えることです。
 繰り返しになりますが、痛みそうな場合はタオルを幅広く持つことで、痛みを回避できます。私は四十肩(右肩)なのですが、右腕を動かすと痛む場合、右手でタオルの端を握り、反対の端を左手で動かしてあげると、痛みを生じずに右腕を動かすことができます。これは、痛みがある時には有効だと思いました。


◆その5 完了時の満足度について
 25分があっという間に過ぎました。朝に「スイッチを入れる」には、ちょうど良い長さでした。内容も良く、その後の仕事がはかどりました。


◆その6 講師に対する感想
 寒いだろうに、先生は(やや)薄着で、しかも靴下を履いていませんでした。そういえば他の先生も履いていなかったような気がします。ヨガでは履かないのかが普通かも知れませんが、私は寒いのが苦手なので履いて受講していました。そして厚着していました。寒い中、薄着でがんばってくださった先生に感謝です。


◆Q. 最後に
 モニタは5回で終了します。今までお読みくださり、ありがとうございました。また、モニタの機会を提供してくださったカフェトークさんに厚く御礼申し上げます。ヨガについて興味があり、習ってみたかったので、この機会は私にとってとてもありがたかったです。ブログにアップするために、いろいろとメモを取ることができ、後日の練習に使えることもありがたいです。

 最後に、5回のレッスンの特長を簡単に記します。
1回目  tenshiyoga mayumi 先生の初心者ヨガ。ビデオレッスンを提供する準備がすばらしい。先生も受講者も互いの姿を確認することができる。
2回目 tomo先生の簡単ヨガとヨガニドラ(瞑想)。 日本語では無く、英語で指導してもらいました。英語の勉強も兼ねたい、という人にオススメ。
3回目 Dany de France先生のYOGA FITNESS & STRETCHING。熱意があります。腰痛持ちの私に腰を反らす動きの効果を伝えてくれた。
4回目 Toni 先生のPower Yoga。ハタヨガをしっかりと学ぶことができる。
5回目 keiichi 先生の「ヨガしてみたい」あなたへ お試しタオルヨガ講座。タオルを使うという点がユニーク。


カフェトーク

コメント   この記事についてブログを書く
« モニタ受講第4回目 | トップ |   
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Cafetalk」カテゴリの最新記事