更年期マミーのゆっくり片付けてこ!

更年期症状に悩まされながらも、年老いた両親のために家中の整理整頓に悩んだり喜んだりーそんな日々を綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

娘の断捨離

2017-11-17 00:43:16 | 整理整頓・収納/私の部屋
おひさしぶりです。ポンマミです♬

なかなか片付けの記録をつけることができず…
書きかけてはそのまま…現在に至る。
今回は娘の片付け話。

8月のある日、娘が突如思い立ちました!

「わたし、断捨離する!」

断捨離をしてスッキリした部屋で、10月にある資格試験に向けての勉強をするんだ!と…


毎週末、とっちらかってる部屋を片付けて掃除機をかける私としては、なんて嬉しい思い立ち!

それは素晴らしい!ママも手伝うよ!

テンション上がった私たち親子2人。
前日から、ここをこうしたい、まずはこれをする、それなら明日は朝8時に起きて頑張ろう!
まずは断捨離からね!
な〜んて話し合ったりして。

翌朝ー
気合を入れて8時に起きた私。
娘はまだ布団の中。
8時半、9時、10時…いつまで経っても起きない娘に、痺れを切らす私…。
娘、やっと起きたものの…

10時、ご飯を食べ始める娘。

「10時半になったら動こうと思ってるねん!」

そして11時…

もう、ここまできたら、情けない感情に支配されて挫けそうになる私。

同じ屋根の下にいるにもかかわらず、娘にラインを送りつける。



『昨夜、頑張ろう!言うて、8時に起きて頑張ろう!言うて。

お母さん、頑張って8時に起きたよ。着替えてラジオ体操して、待ってたよ。

降りて行ったら、娘寝てた。
ご飯食べて10時から頑張ろう!って言うた。
10時まで寝る、言うた。

お母さん、娘が断捨離する言ったの嬉しかった。
変わろうという気持ち出てきたんや、自分のことちゃんとしよう!と思うようになったんや!って。

でも
10時に起きて、かしわ食べる、言うた。
そしたら次は何?キャベツ多い
と文句。

もう、お母さん、情けないよ。
情けなくて涙でるよ。

小さい頃は、もっと感謝できる子だったよ。

口で言ったらまた娘怒るから
(line)した。

お母さん、掃除してるから、
断捨離しようと思ったら声かけて。手伝うから。

クスリ飲むの忘れなや。

読んでくれたらいいんだけど…』



普段は自分のこと「ママ」と言ってるのに、怒ってる時は「お母さん」呼ばわり。
そして、最後は弱気…
娘大好きなだけに強気に出れない…ダメな母親。


最近のラインは、既読つけずに読めるんですよね。そんなわけで、読んだから反省して…かどうかは不明ですが。
いつの間にか、娘は自分の部屋にこもってました。こもってると言うことは、エアコン付けて片づけ始めたのかな?
私としては窓を開けてやって欲しいところだけれど…
いや、そんなこと言って、やる気喪失されては元も子もない!

分別のためのビニール袋なんかを用意して、いざ、娘の部屋へ!





↑収納できない物が部屋に溢れてます…
とりあえず、断捨離!

要らない物は①処分 ②欲しい人へ ③バザーもしくは売る、の3つのカテゴリーに分けます。

娘には要らない物をひたすら出してもらう。

私はカテゴリーに分ける。

クローゼットの中から始めて、反時計回りに一周。ありとあらゆる引き出しの中、机の上、棚の中に上、要るものだけその場に残して、要らない物は部屋の真ん中にどんどん出す!



写真は、洋服2袋とブックオフに持っていく本とゲームとCD。
洋服は、知り合いに見てもらいます。欲しい物はお譲りして、あとはバザーへ。
ちなみに、買ったけど着ていない、一度しか着ていない、いただいたけど着ていない…って感じの物。
それ以外の不要な服は、古紙、古着のゴミ収集日へ。

数時間後、そんな感じで断捨離を終了しました。

でも、娘の片付けは断捨離だけでは終わらなかった。
ここから模様替えへと発展していくのでした。

続きは、また、ボチボチ書いていきます。

コメント