更年期マミーのゆっくり片付けてこ!

更年期症状に悩まされながらも、年老いた両親のために家中の整理整頓に悩んだり喜んだりーそんな日々を綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ポンマミです。

2017-03-01 23:36:21 | 初めまして
はじめまして。
ポンマミといいます。

出戻りのシングルマザーになってかれこれ15年。
家事は年老いた両親にほとんど任せっきり。
ダメダメのアラフィフです。


ある日、台所に立ってる母の姿を見た時のこと。
少し背伸びしてシンクのふちに手をかけて、奥に置いてある茶碗を取ろうとしていました。
とっても危なかっしい…


年老いて、背が小さくなっちゃって。
これからもっともっと家事しにくくなっちゃうんだろうな。
普段、私は仕事だから、やっぱり家事は母がすることになる…
ケガしたらどうしよう…
ダメだ!このままじゃ…

よく見たら、我が家の台所は1人が作業するスペースしかない。
手伝うことがなかなか難しい台所。


そして、乱雑。
汚いところをみるとイライラしちゃう私は、普段から台所の様子はできるだけ見ないように生活してきました。
イライラすると、一気にのぼせて、汗が噴き出してくる。
そう、更年期特有のホットフラッシュ。


前に何回か片付けようとしたけれど、その都度、「触らないで!」「そのままでいいから!それはいるから!」と断固拒否。


そう、台所は母のテリトリー。
家族とはいえ、踏み込んで欲しくない場所なんでしょう。
台所の片付けは、私のテリトリーになった時に片付けたらいい、私は出戻りの身。私に片付ける権利はないんだ…


そんな日々を過ごしてきたけれど、今の台所は母にとって、使い勝手のいい場所じゃない。
このままじゃダメだ…!


母に言ってみました。
「水切りラック、届きにくいんじゃない?」
「お皿しまうのに、棚の扉開けにくいんじゃない?」
母は、
「そうやねん…最近、小さくなってな〜力もなくなって…何もかもやりにくい…」


そして私は母に提案してみました。
「使いやすく整理整頓するの、どう?もちろん、私がするから!ただ、要るもの要らないものは教えてもらわなあかんけど…」
「…せやな〜片付けんとあかんな〜」


よし!やろう!
やってやる!
断捨離して、整理整頓してやる!


かくして、我が家の整理整頓の日々がスタートするのでした。




↑現在の我が家の台所です。
どうなることやら…
頑張ります!
コメント