オステオパシー治療室*inipi(イニピ)

*inipiでは、オステオパシーの原理と原則に沿って施術します。症状の原因を治療し自然治癒力を最大限に引きだします。

弓弦羽神社は心の故郷になった

2019-03-28 14:43:14 | 旅行
どうもこんにちは!
オステオパシー治療室イニピの深谷です。

先日は弓弦羽神社の大祭に行きました。
僕は山伏を昔修行でしてまして、その和尚さんのご招待で行きました。



これは巨大な護摩行のようなお祭りですね!

この弓弦羽神社は淡路島の一番高い山でして、ここは日本の創世神話のイザナギとイザナミが鶴に乗ってやって来た場所だと言われています。

また目の前には天日矛が刺さった後の、沼島も浮かんでおりました。



まず、ここに着いたら突然の雪??
3月22日に行ったのに驚きです。

で、今まで見たこともない朱色の月。
時々見るけど、ここまで朱色は見たことなかったです。


この写真ではあのオレンジ色は伝わらないですが…
月を見終わった後、足を肉離れしたという女性を治療して、歩けるようになったととても喜んでもらいましたよ


翌日は7時から弓弦羽神社の神主さんを先頭に、山伏で守護しながら、山道を麓から登って行きます。



途中で、神主さんの後にゾロゾロ着いて行くと、山伏時代に聴いた古代のお話を思い出しました。

神武天皇が豪族に追われた時、熊野の八咫烏族が、神武天皇を奈良に送り届け天皇家は助かったと。

弓弦羽神社は元熊野と言われ、あの八咫烏の熊野本宮大社のふるさとだったようです。

八咫烏族は今は山伏として生き、この大祭でドリーミングして、神主さまを守護しているようでした。



記念撮影する神主さん。

弓弦羽神社は、静かで穏やかな淡路島の最南端。
海が見渡せそこには、天日矛ざ刺さった最初の島の沼島が浮かび、なんとも絵本の中のような神話の力が鼓動する場所でした。



朝日が海を照らして、またオレンジになりました。
こんな美しい事が、毎日起こっているなんて…大切なものをずっと見逃していたのだと改めて気づかされます。

縄文時代の人は毎日見て感動したのか?
まさに心の故郷に帰って来た旅となりました。



チョコパンを分け合う山伏たち、とても楽しい雰囲気でした〜

実は昨日の晩に治療した女性は、巫女さんだったようで、大祭では浦安の舞を美しく踊りました!
サポートできて本当に良かった



真ん中で踊ってる人です

はじめての方へ


ホームページ/施術・料金/アクセス/ご予約とお問い合わせ


※施術者は普段は施術中なので基本は留守番電話に、ご用件を吹き込んでいただければ、後ほど掛けなおさせていただきます。


ご予約、ご相談は


Tel:06-6556-7398
mail:planetdream1014@gmail.com



コメント

淡路島スウェットロッジの推薦文

2019-02-07 21:28:34 | 旅行

毎度どうも、深谷直斗です。

僕の大好きな淡路島スウェットロッジのホームページが出来上がったようなので、ご紹介させて頂きます。

 

 

そして、スウェットロッジの感想を~、というお願いを頂いたの、文章を書いてみました!

良かったら読んでみてくださいね!

 

昔からネイティブアメリカンに憧れていた僕は、いつかスウェットロッジに入りたい!と願っていました。

26歳で無職になった僕は、伝説のインディアン、デニスバンクスが来日したと聞き、何か得ようと彼に会いに、スウェットロッジのキャンプに参加しました。

初めてスウェットに入った時、それは熱くて、「どうすんねん!早よ終われ~!」と祈ってました。

でも、そのキャンプには今まで出会ったことのない、優しく思いやりある人たちが沢山いたのです。

みな信念を持ち、尊重しあい、助け合い、分かち合い、何とも居心地の良い日々を過ごしました。そんな中で僕も、みんなのために常にめいいっぱい楽しんで働いたのを覚えています。

 

その日々が好きで、僕は就職してからもスウェットロッジに度々行くようになりました。

謙虚で、他のために一生懸命の、ユニークな人たちに逢いたくて

 

ある日スウェットロッジが終わったとき、放心して地面に横たわっていると、空を小鳥が横切っていきました。そんな何でもない事に感動して涙がスーッと流れました。

生きているという感謝、この時初めて身体で感じたのです。

 

その日、皆でパイプを回していくセレモニー、輪になって手をつなぎ静かに祈る時、どれもが何とも美しく、僕はどんどん人間に戻っていき、癒されていきました。

 

スウェットロッジの中では、祖先に想いを馳せ、病める者へ癒しの歌を歌い、地球に現れるこれからの命のために祈ります。

限界を手放して捧げる事が出来た時、段々とスピリットの働きにも敏感になってきました。祈りにスピリットは答えるのです。

 

スウェットだけでなく、日常の仕事である治療の中でもスピリットは良く現れます。その人のために祈る時、スピリットが手助けにやって来るのです。

 

今ではスピリットの存在は、僕の中で当たり前になり、彼らと共にいる安心感があります。

もちろん忙しさや大変さに溺れる事はあるのですが、大いなる存在とともにあるという事実を掴みながらでいるのでは、理由が違うのです。

 

今となっては、スウェットロッジは幹となり、このセレモニーが一番生きていることを実感でき、つまり、大好きで、楽しいのです。

 

最後にもう一つお伝えしたいのが、スウェットは毎回あらたな学びがあります。新しい発見が無い事がないのです。

毎度新鮮な生命の誕生を、あなたも感じてみてください。

 

 

はじめての方へ

 

 ホームページ/施術について/料金とアクセス/ご予約とお問い合わせ

 

※施術者は普段は施術中なので基本は留守番電話に、ご用件を吹き込んでいただければ、後ほど掛けなおさせていただきます。

 

 ご予約、ご相談は

 

Tel:06-6556-7398

 

 Mail:planetdream1014@gmail.com

 

 

 

コメント

世界中に届く、太陽の光

2019-01-02 17:39:11 | 日記
あけましておめでとうございます
オステオパシー治療室イニピの深谷です。

今年も、熊野古道にあるお寺でお修行をさせて頂きました。


熊野は私が人生に迷っていた時に、今の自分と出会わせてくれたまさに聖地であります。

道中、恒例の長谷川釜飯のお昼ご飯、時間が止まったような、日向ぼっこの世界がまだありました。


そして、そこの看板犬の福ちゃんにも2年ぶりに合いました。
2年前にもうかなり高齢と聞いてたので、心配してましたが、全く元気


これが2年前の福ちゃん


なぜか、以前よりツヤが出て、動きも機敏になりました!

今年のお修行の回峰行のコースは一歩間違えれば、死に至るスリリングなコースでした。

昔の人が大岩にくぼみを付けて、山道を作ってくれています。


崖をよじ登りながら、山の稜線を目指します。


一本筋の尾根道、踏み外せば命は無い

到着したので記念撮影



誰も怪我なく、熊野灘の朝日を拝みに行けました。


今年も、まずはこの太陽の力が自分の中にある事をはっきりと思い出しました。

お寺に戻ってからのお護摩は、世界中を照らす太陽の光に、意識を向け、全ての生命が健やかに生きるように祈りをしました。
途中、寺の中に何度も虹の光が散らばって行くのを見ました。


今年も、世界が平和でありますように、全ての生命が健康で、それぞれの役割を果たせますように

your life is sacred


はじめての方へ


ホームページ/施術・料金/アクセス/ご予約とお問い合わせ


※施術者は普段は施術中なので基本は留守番電話に、ご用件を吹き込んでいただければ、後ほど掛けなおさせていただきます。


ご予約、ご相談は


Tel:06-6556-7398
mail:planetdream1014@gmail.com
コメント (3)

修行と祈りのあり方

2018-08-09 08:30:23 | 旅行
8月4日5日は御嶽山で、日本の伝統の修行、滝行を、してきました。



滝行は、7年ほど前に旅の途中、山伏の修験道場に拾われた時に経験して以来でした。

7年前の記憶かからすると、滝行はとてつもなくしんどかったのを覚えています。

滝に入ろうとしただけで水圧で押し出されてしまうのです。

でも、今回の久々の滝の感想は、



気持ちよすぎでした。

サーっと自然に水の流れの中に入れて、入った瞬間からもう自然との一体化が始まりました。

もう自分が滝なのか自分なのか分からないくらいの気持ちよさです。

そして、指導者の方に言われたのが、とても嬉しかったです。

前からやってたの?
1人だけ霊格の高い人がいるなーと思って、
あぁ、山伏とかスウェットやってるの?

そういう人は先に言ってくれないと、みんなを引っ張ってよ。

と言ってくれたのです。




以前から、ネイティブの文化の祈りや、
アメリカでのウォークをした事が、この滝行の入り方に深く通じていたようです。



一つ気づいた事として、修行は自分の為とか、苦悩を知る為とか、そういう目的ではないという事です。

滝行や護摩行は、それに入る前に断食を行います。
食べ物、飲み物の力を削ぎ落とし、ピュアな自分として、自然の力に向き合います。

そうして普段は他人の力で生きてきた事をしり、
でも実は、自分は自然のエネルギーに通じる無限なのだと、その中で自分を差し出し続けるのが修行なのです。

自然の無限に流れる力にはいり、それと繋がりもう一度出てくる、胎内くぐり、生まれ変わりの儀式なのです。

そうして、普段いただいていた命のありがたさを知り、自らを差し出すことの大切さを思い出しているのだと思うのです。

少なくても僕にとってはそうでした。

はじめての方へ


ホームページ/施術・料金/アクセス/ご予約とお問い合わせ


※施術者は普段は施術中なので基本は留守番電話に、ご用件を吹き込んでいただければ、後ほど掛けなおさせていただきます。


ご予約、ご相談は


Tel:06-6556-7398
mail:planetdream1014@gmail.com
コメント

地球から生まれた歌

2018-07-18 04:16:13 | 旅行
この旅で一番印象に残ったのは、ネイティブアメリカンに伝わっている、古い歌のことだった。



ペヨーテミーティング(幻覚性のサボテンを歌を歌いながら皆で食して一晩中祈る)と呼ばれる、セレモニーに参加した朝、
ネイティブアメリカンの若いリーダーのロイが僕に話しかけてきた。



「水の歌が聞こえるか?」
ロイは西方に住むネイティブアメリカンの末裔、祖先を尊敬しネイティブの文化をとても大切にしている。

「風が吹いて湖が歌っているだろう?水がドラムを叩いて歌ってる」
そういいながら、ロイは古い昔の歌を歌い始めました。
優しいく流れるような歌が、水の歌を歌っていることを僕に教えてくれました。

歌い終わると「とても美しい朝だね」とにっこり笑っていいました。

今回、ネイティブアメリカンのウォークに初めて参加して、以前から疑問だった、歩く事は地球と対話する事、その意味を知りたかった。



私たち人間が、大地を歩く時、地球は喜んでくれるのだろうか?
それは一体どういう意味だろう?

ネイティブアメリカンの歌は、自然の波動をから生まれ、数万年と昔から同じ響きで人々に歌い紡がれてきた。

歩きすぎて、足が疲れても、足の裏に血豆ができて歩けないと感じた時、

癒しの歌、スピリットの歌、感謝の歌、知恵を持つ亀の歌、力強いバッファローの歌…

それらの歌を歌うと、自然と疲れが癒され、痛みも引き、無限にまだまだ歩ける力を感じた。



自然と繋がり、周りの生物と喜び合い、大地も水も太陽も風も空も、
全てが自分と繋がり直し、力となっているのを感じた。

人が自然や祖先に感謝して歌う時、自然もまた歌っていた。
人間だけが喜んで、自己満足で歌うのではなく、その響きを聴いて、湖も風も木も、気持ちよさそうに歌っていた。



人が祈る時、自然もまた人を慈しんでいるのが分かった。
ネイティブアメリカンの歌はその波動を持っていた。
だからこんなにも優しく僕たちを癒してくれるのだ。

やはり人は自然の愛で生まれて、光の存在として生きているのだと分かった。
頭ではなく体でそれを初めて感じた。

歩く事は様々な自然や生き物と出会い、全ての瞬間は奇跡のように次々と過ぎ去っていった。
空の鳥も、道端の草も石も、周りを飛び回る虫も全て愛おしく感じた。



一緒に歩いた仲間は、たった二週間の間だったのに家族のような絆で結ばれた。
皆でご飯を食べ、火を囲んで話して、沢山のセレモニーを経て、ネイティブアメリカンの土地と時間の流れの中で、自然に愛や優しさがお互いに生まれていった。


このウォークの日々は、これまでの人生で一番心地よい日々だった。

はじめての方へ


ホームページ/施術・料金/アクセス/ご予約とお問い合わせ


※施術者は普段は施術中なので基本は留守番電話に、ご用件を吹き込んでいただければ、後ほど掛けなおさせていただきます。


ご予約、ご相談は


Tel:06-6556-7398
mail:planetdream1014@gmail.com
コメント