ぴかしのホビーワールド

2013年6月25日に重度の肺塞栓症と肺炎で緊急入院。 健康維持のためにMTB、2019年からオートバイも復活しました。

ハイエースのタイヤ交換 2019冬

2019年12月12日 06時20分00秒 | 日記
今年もあと20日になりました。

ということで、恒例のハイエースのタイヤ交換を行いました。


昨春からインパクトレンチを導入したので、タイヤ交換はずいぶんと楽になりました。

が、ハイエースはタイヤが重いので気合い入れて作業します。

タイヤ交換に使う工具達はこれです。


フロントのジャッキアップポイントはココです。(左のほうが前方です)


インパクトレンチでホイールナットを緩めます。


いつもながら、ディーラーで点検整備した後はカチカチに締まってます。

量販店のオートバックスですら、トルクレンチで締め付けてるのにね。

タイヤを外したついでに、サスペンションやドライブブーツ、ブレーキホースなどに破損がないか目視確認します。


RANCHO RS9000も問題なさそうです。


玄武のバンプストッパー(バンプラバー)も損傷していないので大丈夫です。


リアのジャッキアップポイントはココです。(左のほうが後方です)


フロントと同じ様にタイヤを外して、目視確認します。


以前より、楽にタイヤ交換することができました。


4シーズン目のスタッドレスタイヤですが、ほとんど摩耗はありません。

硬化による寿命のほうが先にきそうですね。

トルクレンチで締め付けの確認をします。

ハイエースの締め付けトルクは100N・mです。

絶対にレンチに乗って全体重で締め付けるのはやめましょう!

最後に空気圧のチェックです。


2.4気圧ぐらいですね。

ハイエースワゴンの規定値は、FRはフロント3.25気圧、リア3.0気圧です。

近くのガソリンスタンドで3.2気圧になるように充填しました。

おまけ

ハイエースの雪道用5点セットです。


「備えあれば憂いなし」ということで、雪シーズンは車載しています。


コメント   この記事についてブログを書く
« TRACER900GT用のマフラー取り... | トップ | タントカスタムのタイヤ交換 ... »

コメントを投稿