緑のスカプラリオ

聖母マリア様から贈られた「緑のスカプラリオ」の説明書です。
祈り方や意味・由来などが書かれています。

緑のスカプラリオとは何でしょう?

2020-11-02 17:21:38 | 日記
緑のスカプラリオについてお知りになりたい方は次のブログをご覧下さい。

①緑のスカプラリオ説明用リーフレット
https://blog.goo.ne.jp/nyaako28/e/eef3e3ff33b14487287508b97cebddd3

②聖母マリアの「緑のスカプラリオ」
https://blog.goo.ne.jp/nyaako28/e/d44a1eed407cf5fd97947d9912868ef5


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
【お知らせ】

『尾崎明夫神父のカトリックの教え(公教要理詳説)第1版』

従来の「カトリックの教え」を修正・大幅加筆:
「公教要理」から、「最後の審判」まで70項にわかれて、詳しく説明されています。


求道者や入門者からベテランの方にまでわかりやすいと好評なカトリック要理(推薦)。
とても役立つ参考書籍などが脚注で多数紹介されています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/00hiz
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「緑のスカプラリオ」説明用リーフレット公開

2020-11-02 17:21:07 | 日記
緑のスカプラリオはネット通販(最後部で説明)で入手できますが、その意味や歴史、
祈り方などを説明したリーフレットなどは付いておりません。

このため、できるだけ信頼のできる資料(原本・修道会など)にあたって
「緑のスカプラリオ説明用リーフレット」を作成して公開いたしました。

これで少しでも多くの緑のスカプラリオをお持ちの方々、そして将来お持ちになる方々が
マリアさまの御恵みにふれることができればとても幸いに思います。

---------------------------------------------------------------------------------

緑のスカプラリオ説明用リーフレット

--------------------------------------------------------------------------------



緑のスカプラリオの祈り方(例) 
(緑のところを唱えます)

(祈願)
この緑のスカプラリオを持つ家族、親族、
恩人、友人のために祈ります。


(基本の祈り:これは必ず唱えます)
 聖マリアの汚れなき御心よ、今も臨終の時も我等の為に祈り給え。
 ( せいまりあの けがれなき みこころよ、いまもりんじゅうのときも
 われらのために いのりたまえ。)


(追加の祈り)
神の御母(みはは)よ、わたしたちはご保護を仰(あお)ぎます。
いつ、どこでもわたしたちの祈りを聴き入れ、御助けをもってすべての
危険から守ってください。アーメン。
(必要に応じて祈りをつけくわえます)


(1)緑のスカプラリオとは何でしょう?


       
タテが5cm×ヨコが3cmの大きさの、お守りに似た「御札(おふだ)」。
緑色の小さな布模様でつくられ、緑色のひもでつりさげられています。この「おふだ」は
「緑のスカプラリオ」と呼ばれています。
スカプラリオとは「聖母マリアの聖なる衣(ころも)」という意味です。
片面には光を放つ(はなつ)聖母マリア、裏面には聖母の御心(みこころ)をあらわす燃える
心臓が剣でつらぬかれている絵があります。( これはイエズス(イエス)が十字架の上で
お亡くなりになられたとき、母である聖母マリアは、その十字架の下におられて御自分の胸に
剣を刺されたように御心をお痛めになったことをあらわしています。)その心臓のまわりには
「聖マリアの汚れなき御心よ、今も臨終の時も我等の為に祈り給え」という聖母マリア御自身がお示しになったお祈りのことばが書かれています。

(2)聖母マリアの御出現



「聖母マリアが人びとのまえに出現された」といわれると驚く人が多いと思います。
カトリック教会は昔から聖母マリアを最高の聖人として敬ってきました。そしていままで
聖母の御出現の報告は非常に多く、伝えられた話としては数千件にもおよぶといわれています。
そのため教会は御出現の報告があった時は、しっかりと調べてほんとうに真実であると認めた
もののみ公認してきました。このため、不思議のメダイの聖母(1830年)、ルルド(1858年)
やファチマの聖母(1917年)などいままで認められた御出現は数十件にも満たず決して
多いものではありません。
この「緑のスカプラリオ」もローマ教皇のピオ9世により、1863年と1870年に認可を受けました。


(3)聖母マリアに出会い緑のスカプラリオを示されたシスターはどんな人だったのでしょう?



シスター・ビスケイブリュは1817年11月11日、フランスのピレネー地方で生まれました。
そして次の日に洗礼を受け、ジュスティーヌの洗礼名を授かりました。成長した彼女は22歳の
ときに神の呼びかけを聞き、聖ヴィセンシオ・ア・パウロ愛徳姉妹会という修道院に入りました。
1854年に起こったクリミヤ戦争でシスター・ビスケイブリュは愛徳姉妹会のシスター達と共に
負傷した兵士の看護に身をささげました。野戦病院での困難に満ちた状況のなかで働く
愛徳姉妹会のシスター達の献身ぶりを見て、信仰や国籍にかかわらず人びとはその働きを
ほめたたえました。そしてほかの宗教の人たちのなかでもそれを見習う動きが出てきました。

このシスターたちの働きを見たイギリス女性ナイチンゲールは愛徳姉妹会と同じような組織を
自分の国にもつくりたいと思い、フランスのパリまで見学に行ったほどでした。
その後もシスター・ビスケイブリュはフランスにもどり、いろいろな病院で働き、
まわりのシスターたちから彼女がほんとうに患者たちに深く献身し、貧しい人びとに真に
仕える者であることを賞賛されました。


(4)聖母マリアがシスター・ビスケイブリュに出現される
1840年1月28日、この日、シスター・ビスケイブリュが聖母マリアの御像の前で祈っていると
突然、目に見える姿で聖母がシスターに初めて出現されました。 聖母は足にまでとどく
長い白い服を着て、華やかな青いマントをつけていて、両手に御自分の心臓を抱いて
おられました。
その心臓からはたくさんの光線が出ていました。聖母はジュスティーヌが修練の期間に
5回出現され1840年9月8日の聖母の御誕生日の祝日に出現されたときには、聖母は右手に
炎に燃える心臓を持ち、左手には緑色のスカプラリオを持っておられました。
「緑のスカプラリオ」の絵にある心臓や聖母マリアのお姿、祈りの言葉はこの時、
聖母ご自身がシスターに示したものでした。


(5)緑のスカプラリオの祈り方について



唱える祈りは「聖マリアの汚れなき御心よ、今も臨終の時も我等の為に祈り給え。」
だけでよいのです。
また一例として最初に挙げた緑のスカプラリオの祈り方(例)もできます。はじめに、(祈願)を唱えれば、緑のスカプラリオを持つ人々同士で祈りあう場合、
互いに神の恵みを受けあうことになります。
(基本の祈り:聖マリアの汚れなき・・)は聖母ご自身が示された祈りですので、少なくとも
一日一回唱えなければなりません。
(追加の祈り)では必要に応じて自分の願い・感謝・
家族友人のための祈りなどを自由につけ加えることができます。
こうすれば聖母マリアがイエズス(イエス)にあなたの祈りを取り次いでくださいます。
そして聖母マリアを通じてイエズスを愛するように導かれます。


(6)緑のスカプラリオで聖母マリアが望まれていること
臨終の床にあってシスター・ビスケイブリュ(1903年9月23日帰天、享年85歳)は、こう繰り返し
言いました、「聖母を愛しなさい、深く愛しなさい、聖母は大変美しいお方です」と。
そのためには聖母のことをよく知り、その徳にならうことが大切です。聖母マリアのお望みは、
この緑のスカプラリオが信仰深い心で多くの人にくばられて、たくさんの神の恵みが得られる
ことでした。
希望の色である「緑のスカプラリオ」は、
汚れなく清い御心の聖母マリアから私たちに与えられた愛のしるしなのです。


(7)聖母マリアの御約束

<聖母マリアは「緑のスカプラリオ」の祈りを唱える者に次のように約束されました。>


○ 信仰のない人は信仰の恵みを受け、すでに信仰を持っている人はさらにその信仰が
強められます。
○ あなたがこの「緑のスカプラリオ」を身近に置いて祈るならば 悪の力から守られます。
○ あなたが一生を終えて臨終をむかえる最も厳粛(げんしゅく)な時、汚れなき聖母マリアは
 あなたを守り、助けてくださいます。
○「緑のスカプラリオ」にはそのほかにも多くの御恵みが約束されています。
(そのためには信頼深く祈ることが大切です。事実、信仰をもって信頼深く、忍耐強くこの
祈りを忠実に唱えたために多くの回心と精神的、肉体的にも多くのいやしが得られました。
このことはフランス各地だけでなく、全世界にも記録され、いままで続いています。)


-------------------------------------------------------------------------

ロザリオとスカプラリオをもつ聖母マリア

ー スカプラリオについて聖母マリアが聖人に語られたお言葉 ー

「スカプラリオは聖母御自身によって天国から与えられた貴重な贈り物なのです。
従ってあなたのスカプラリオはあなたにとって深い意味を持つことになります。
『信心深く忍耐強くそれを身に着けなさい』と聖母はすべての霊魂に言われます。
『それは私の衣服です。それを着けていることはあなたが絶えず私のことを考え、
また私もいつもあなたのことを考え、あなたが永遠の生命を確保するようあなたを
助ける
ことを意味します。』」


--------------------------------------------------------------------------


緑のスカプラリオの入手(購入)方法

「いつくしみセンターのWebショップ」を検索して注文できます。
http://mercy.cart.fc2.com/

一枚(108円)から購入できます。
なお、これにはリーフレットのような説明文は付いていませんので
上記に掲載した説明文(緑のスカプラリオ説明用リーフレット)をご利用ください。

なお購入時には、まだ司祭により祝福されていませんので、ぜひカトリックの神父様に
「祝福の祈りをお願いします」といってお願いしてください。(時間はかかりません)


また何かご質問がございましたらコメントかメール(cha6ku6@gmail.com)していただければ幸いです。



*お知らせ

1.「緑のスカプラリオ」がまだ若干、手もとにございます。お祈りに役立ててくださる方がおられましたら、お分けいたします。下記のメールアドレスに住所とお名前をお知らせくだされば「緑のスカプラリオ+お祈り用リーフレットセット」を無償で郵送いたします。なお品切れになりましたらご容赦ください。
cha6ku6@gmail.com
なお、いただいた住所などの個人情報の秘密は厳守いたしますのでご安心ください。なお、お送りする「緑のスカプラリオ」はカトリックの司祭の祈りにより、すでに祝別されておりますので、大切にお使いください。

2.さらに緑のスカプラリオの詳細を知りたい場合はブログ「ボンクリのカトリック徒然草」を
ご覧ください。https://blog.goo.ne.jp/cha6ku6


+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

緑のスカプラリオに関するいくつかのブログ

*緑のスカプラリオいろいろ

https://blog.goo.ne.jp/johntherese7365/e/b25ed1ef49be9f1b073794a117052679

*緑のスカプラリオを送った中で忘れられない人達

https://blog.goo.ne.jp/johntherese7365/e/fd3d1a297923383027ec00571d3cc904

https://blog.goo.ne.jp/johntherese7365/e/fd3d1a297923383027ec00571d3cc904

++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
☆お知らせ(1
『尾崎明夫神父のカトリックの教え(公教要理詳説)第1版』

従来の「カトリックの教え」を修正・大幅加筆:
「公教要理」から、「最後の審判」まで70項にわかれて、詳しく説明されています。


求道者や入門者からベテランの方にまでわかりやすいと好評なカトリック要理(推薦)。
とても役立つ参考書籍などが脚注で多数紹介されています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/00hiz
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

✰おしらせ(2)
聖母信心書の決定版である「聖母マリアへのまことの信心」をご紹介します。➡ https://blog.goo.ne.jp/monfo28歴代の教皇からの推薦もあります。全11巻となっていますので、第一巻からお読みください。
>

ー以上ー
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聖母マリアの緑のスカプラリオ

2020-11-02 17:20:09 | 日記
聖母マリアの「緑のスカプラリオ」




聖母マリアの初期のもっとも有名な御出現は、1830年11月27日に、パリのリュドバックにある聖ビンセンシオ愛徳姉妹会本部修道院で、聖カタリナ・ラブレー修道女に起きたものです。ラブレー修道女は、人々の回心のために大きな働きをする不思議のメダイの幻を見て、それを製作し、頒布するよう聖母から求められました。メダイは以来、全世界に行き渡っています。

その10年後の1840年1月、前年の御出現記念日の11月27日に、奇しくも同じ修道会に入ったシスター・ジュスティーヌ・ビスケイブリュが、黙想会の間に聖母の御訪問を受け、続く幾つかの御出現のなかで、「汚れなき御心の緑のスカプラリオ」を啓示されました。これは、罪人の回心と癒しを目的として啓示されたものです。


ジュスティーヌ・ビスケイブリュ


シスター・ジュスティーヌ・ビスケイブリュは幼年期に、裕福な親戚に引き取られ、のちに遺産を相続しましたが、すべてを捨てて聖ビンセンシオ・ア・パウロ愛徳姉妹会に入りました。修道女は、出会う人の誰にも愛と模倣の精神を吹き込んだことで知られています。バチカンでの幽閉に先立つ暗黒の日々に教皇ピオ九世を力づけ、北アフリカのイスラム教徒からも厚い尊敬を受け、クリミアの戦いではフロレンス・ナイチンゲールが模範としたシスターでした。彼女は自分が知られないよう極力努めたため、私的記録は多く残されてはいません。

シスターに起きた御出現の経緯を簡単に述べましょう。ビスケイブリュ修道女は、1839年
11月27日に、パリ愛徳姉妹会修練院に入りましたが、三日前に終わった黙想会に参加できなかったため、翌年の1月まで黙想会への参加を待たなくてはなりませんでした。1月に、聖堂の上に位置するホールで黙想会が行われました。そこには、古くから伝わる、奇跡で有名な聖母像をすえた祭壇があります。

御像を前にするこのホールの中で、修道女は黙想に入りました。1840年1月28日のこの日に、聖母が初めて彼女に御出現になりました。修道女が祈りをささげていると、突然、目に見える姿で聖母が御出現になりました。

聖母は、足下まで垂れる長く白いガウンに身を包み、上からとても薄い青のマントを着ておいででしたが、ヴェールは付けておいでにはなりませんでした。髪はまわりに長く垂れ、手には心臓が見えました。心臓の頂きからは光が溢れています。聖母の荘厳さは、何もかもが天的な美に彩られ、その美しさは例えようのないほどのものでした。この光景を見て、若き修道女は崇敬と畏怖の気持ちに襲われ、口がきけなくなりました。

修道女は、黙想会が終了する日に同じ幻に浴し、聖母の主な御祝日に、四、五回御出現の幻を受けました。そのときまでは、この恵みはかなり個人的なもので、聖母とその御心への信心を強めるためのもののように思えました。しかし、出来事の経過とともに、神はまもなく他の計画が啓示されることをお示しになります。

正式な修道服を受けてから、シスター・ビスケイブリュは、学校で教えるためにブラーンジュ(セーヌ・インフェリエール)に派遣されました。到着してしばらく経った1840年9月8日(聖母の無原罪の御宿りの祝日)に、シスターはもうひとつの幻を受けました。

神の母は、右手に炎に包まれた心臓、左手にスカプラリオのようなもの、正確にはその半分をもって、黙想中の彼女に御出現になりました。それは、中央から紐で吊り下げられた四角い緑の布の一片で、首にかけるよう紐は閉じられていました。全体は、正しくはスカプラリオと呼ぶより、布のメダイのように見え、片面には、かつての幻で御出現になったときそのままの聖母の御姿があり、もう片面には「太陽よりも眩しい光に全面輝き、水晶のように透明な心臓」がありました。剣で刺された心臓の周囲を、金の十字架を頂点に楕円状に、次のような文字が並んでいました。

 『聖マリアの汚れなき御心よ、今も臨終の時も我等の為に祈り給え』

同時に、幻の意味を説明する内なる声が、シスターの心の耳に響いてきました。彼女は、この聖なる絵が、霊魂、特に未信者の回心と癒し、臨終における救いを保証するために、愛徳姉妹会を媒介として与えられたものであり、できる限り早くその複製を製作し、確信をもって配布すべきことを理解したのです。しかし、教会の指導司祭は、初めはことの重大さが分からず慎重過ぎたため、聖母はその後何度も修道女に御出現になっては、スカプラリオの製作を強く促し、その結果ついに教会は動き出しました。

1846年9月8日の無原罪の御宿りの御祝日、指先から燦然たる光線を放つ手を差し延べ、ビスケイブリュ修道女に御出現になった聖母は、緑のスカプラリオの使い方について、大略このように御説明になりました。

「緑のスカプラリオは、他のスカプラリオのような着衣式の必要はありません。二つの聖なる御絵を配した一枚布を、メダイのように紐で吊り下げたものに過ぎません。祝福のための特別な式次第も不用で、強制されるべきものでもありません。カトリックの司祭によって祝福され、その心地よい影響から益を受けて欲しいと私たちが望む人びとが身につけさえすれば十分です。本人に知られないよう衣類、ベッド、部屋にそっと忍ばせておくこともできます。

唱えるべき祈りについて言えば、スカプラリオの上に描かれている聖心を楕円状に取り囲む言葉を毎日お唱えするだけでよいのです。

 『聖マリアの汚れなき御心よ、今も臨終の時も我等の為に祈り給え』


スカプラリオをもらった人が祈れなければ、スカプラリオを使っている人、あるいは与えた人が、代わりに祈ることができます。このスカプラリオは、フランスでも、諸外国でも使えます。使用には大いなる恵みが伴います。しかし、恵みの大きさは、多かれ少なかれ、それに伴う確信の度に比例します。」

最後の部分は、最後に御出現になったときに聖母の両手から流れ出していた、各種の光の意味を物語るものでした。これらの指針をもとに、緑のスカプラリオの頒布が始まり、以来、多くの奇跡的な回心と癒しの事例が伝えられています。緑のスカプラリオは、1863年に、教皇ピオ9世により認可されました。1870年にふたたび認可された際に、教皇は「それを作り配布する権威を与えます。良き姉妹たちにそう伝えなさい」と言われています。

京都で緑の聖母会を主催されていた、レオ・スタインバック神父様は、このようにお書きです。
「緑のスカプラリオの表にはマリア様の御姿が画かれています。マリア様は、原罪をもつ私たちとは異なり、罪の汚れがまったくありませんでした。私どもはいろいろと罪を犯します。腹を立てたり、人を憎んだりしますが、マリア様にはそのようなことがありませんでした。そのために、被昇天後に、天国でもっとも高い席にお上りになったのです。

およそ180年前、マリア様はフランスにお現れになりました。そのときに、緑色のスカプラリオを手にもって「誰でも、このスカプラリオを身につけて、毎日少くとも一度、この裏に書いてある祈りを唱えれば、間違いなく幸せになります」とお約束になりました。


マリア様は、むろん神様ではありません。しかし、御子イエズス・キリスト様は神様であられるため、マリア様は天国において私どものお願いをイエズス様に伝えて下さるのです。イエズス様は親孝行な御子ですから、御母の願いを必ず聞き届けて下さいます。

あなたも今までに犯した罪を心からお詫びして、このスカプラリオを始終身につけ、そこに書かれた祈りを唱えてください。

 『聖マリアの汚れなき御心よ、今も臨終の時も我等の為に祈り給え、アーメン。』


ある方々は、一日に何度も、ただ自分のためばかりか他の人のためにも、この祈りを唱えまています。この祈りのお蔭で、どれほど多くの人がありがたい信仰のお恵みをいただいて霊的に救われ、体の色々な病が癒された例もあります。その数は数えきれぬほどです。

マリア様は、汚れなく原罪がありませんでしたが、この地上において大変お苦みになりました。御子イエズス・キリスト様が、十字架の上でお亡くなりになられたとき、御母はその十字架の下にお立ちになり、御自分の胸に剣を刺されたように御心をお痛めになりました。このスカプラリオの裏に、十字架を頂く剣に刺された心臓が描かれているのはそのためです。

汚れなき聖母マリアは、これほどにお苦しみになったその御功徳によって、人間の一番大切な死の瞬間(臨終)において、今もって、私たちの救霊のために尽くしてくださっているのです。
このように、御心の清く慈しみ深い聖母マリア様にいつもお祈りする人は、必ずや救い助けられます。

緑のスカブラリオは、聖母マリア様の御加護を受けるため、また救霊のために、マリア様から授けられたものです。冷淡な信者や求道者のためにも、スカプラリオを身につければ、聖母の御恵みをいただき、知らず知らずのうちに、その方は本当の信仰者になります。 また、すでに信仰をもっている信者はさらにその信仰が強められます。

このスカプラリオを求めたがらない人はほとんどいないほどです。お寺の住職までもこれを身に付け、聖母様に祈っておられる方がおります。差し上げるときは、由来書を見せ、粗末にしないようよく説明してから、真実求める人に差し上げ、差し上げた方々の上に神様の御祝福があるように、毎日お祈りしてください。

祝別済みのスカプラリオは非売品です。痛んだスカプラリオは庭に埋めて下さい。埋めれば庭も祝福されます。スカプラリオは身につけるのが一番よろしいのですが、財布や定期入れに入れてもよく、また部屋や乗物の内側、外側、玄関、お子様のランドセル、カバン、幼稚園や保育所の出席カードにお貼りになっても結構です。マリア様が子供達を守って下さいます。

緑のスカプラリオを介して皆様の上に神様の豊かな御祝福がありますように。

            (パリミッション会:聖ビンセンシオ愛徳姉妹会の資料を編集)


++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
☆お知らせ
『尾崎明夫神父のカトリックの教え(公教要理詳説)第1版』

従来の「カトリックの教え」を修正・大幅加筆:
「公教要理」から、「最後の審判」まで70項にわかれて、詳しく説明されています。


求道者や入門者からベテランの方にまでわかりやすいと好評なカトリック要理(推薦)。
とても役立つ参考書籍などが脚注で多数紹介されています。

https://peraichi.com/landing_pages/view/00hiz
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
コメント
この記事をはてなブックマークに追加