ボンクリのカトリック徒然草

ボンクリ(ボーンクリスチャン:幼児洗礼)が
信仰の物思いにふけってみました。
「最も小さい霊魂の会」で祈りませんか?

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

最も小さい霊魂の会~ 聖母マリアの出現について考える

2020-08-31 19:29:15 | 日記

 

      ルルドの聖母の御出現

 

前回までシスター・ジュスティーヌ・ビスケイブリュの生い立ちをお話してきました。彼女はこのあと聖母マリアの出現を受けることになります。

しかしながら、このはなしの前に「聖母マリアの出現」とはどういうことを言っているのか、カトリック教会の考え方を知っておく必要があります。「出現」は、ともするとセンセーショナルな扱いを受けやすい話題であるからです。できる範囲で、できるだけ正確に説明できたらと思います。

今までの歴史のなかで、聖母マリアの出現は世界各地で報告され、紀元40年から現在までで約2000件に及んでいます。カトリック教会は16世紀以降、各地区の司教やローマ教皇庁(バチカン)の担当部門でこれらの出現を厳格に審査してきました。この審査には必要であれば医師や科学者のチームが編成され厳正な審査に努めることになります。さらにその後、神学者が事例の「神学的意味」を探ります。時間的にも何年もかかります。その結果信頼性が高く、教義に沿っていて、好ましい影響も考慮されたものでなければ、教会は出現が「超自然的なものに由来する奇跡」とは認めません。

このような厳格な審査のため2000件もの出現が報告されていますが、そのうち地元の司教が信ぴょう性を認めたものはわずか28件、バチカンの承認が得られたのは20件を超えた程度しかありません。

参考までにウィキペディアの「聖母の出現」の項目のURLを下記に示します。カトリック教会・教皇庁公認の出現で、不思議のメダイは9番目、緑のスカプラリオは10番目にあげられています。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%81%96%E6%AF%8D%E3%81%AE%E5%87%BA%E7%8F%BE

 

ここで少し「出現」の意味を調べておくことにしましょう。

出現: 超自然的幻視。肉体的体験であって、それによって通常の人間の能力では近づくことができない人物または対象が見える。声が聞こえるのがふつうである。出現があったと言われるとき、教会はその事実の証拠を要求する。幻想や幻覚であることが多いし、悪霊の影響によることも考慮しなければならないからである。しかし聖書の時代から今日に至るまで、はっきりと神からのものである(超自然的)と証明されている出現が多くあった。  (ーカトリック小事典ー)」

 

また、さらに聖母マリアの出現において、神学的な根拠がどこにあるかということも知っておく必要があります。信仰上の問題として「出現」があり得るという理由の説明です。

カトリック教会には「聖母の被昇天の教義」というものがありますこれはマリアが霊魂と肉体とともに天国に入ったという教義(神から啓示された宗教的真理で、カトリック教会から信ずべき箇条として教えられるもの)です。この教義は教皇ピオ12世によって明確に定められたもので1950年11月1日に教皇は、全世界に向かって、処女聖マリアの被昇天の信仰箇条を荘厳に宣言しこれを公布しました。(教皇令3900~3904 「カトリック教会文書資料集」より)

    聖マリアの被昇天

その内容は「終生、処女である神の母無原罪のマリアは、地上での生活を終えたのち、肉体と霊魂と共に天国の栄光に入った」というものです。被昇天は無原罪の宿り(マリアがその存在の最初の瞬間から、神からの恩恵によって罪のない状態にあったこと)の論理的な結論といえます。それで神の母と定められているので原罪をまぬがれ、無原罪であるゆえに、原罪の結果である死の腐敗からもまぬがれ、天にあげられて今もキリストと共にいるということになります

以上の説明により「聖母の出現」は神学的にも根拠をもって考えられることであるということが理解できます。これらの知識をふまえて、次回はシスター・ジュスティーヌ・ビスケイブリュにどのように聖母の御出現があったのか、そして周囲の人々の反応はどうだったかなどお話してゆきたいと思います。

(つづく) よろしければ下記もご参考にしてください。

-------------------------------------------------------------------------------------

*お知らせ

「緑のスカプラリオ」がまだ若干、手もとにございます。お祈りに役立ててくださる方がおられましたら、お分けいたします。下記のメールアドレスに住所とお名前をお知らせくだされば「緑のスカプラリオ+お祈り用リーフレットセット」を無償で郵送いたします。なお品切れになりましたらご容赦ください。

cha6ku6@gmail.com

なお、いただいた住所などの個人情報の秘密は厳守いたしますのでご安心ください。なお、お送りする「緑のスカプラリオ」はカトリックの司祭の祈りにより、すでに祝別されておりますので、大切にお使いください。

 

緑のスカプラリオの入手(購入)方法
「いつくしみセンターのWebショップ」を検索して注文できます。
http://mercy.cart.fc2.com/

一枚(108円)から購入できます。
なお、これにはリーフレットのような説明文は付いていませんので
下記の*インフォメーションに掲載した説明文(緑のスカプラリオ説明用リーフレットをご利用ください。

なお購入時には、まだ司祭により祝福されていませんので、ぜひカトリックの神父様に
「祝福の祈りをお願いします」といってお願いしてください。(時間はかかりません)

また何かご質問がございましたらコメントかメール(cha6ku6@gmail.com)していただければ幸いです。

 

*インフォメーション

「最も小さい霊魂の会」の趣旨に賛同いただけて入会を希望される方は

使徒ヨハネさんの john note 最も小さい霊魂の会 入会案内

https://blog.goo.ne.jp/johntherese7365/e/bd406a198c8f5684273085da5887d972

をご覧になりコメントでハンドルネームとお住まいの都道府県名だけで結構ですので

ご連絡なさってください。共に三つの祈りを唱えましょう。おまちしています。

 

十 最も小さい霊魂の会で唱える

「(永遠の命に至る)小さな三つの祈り」をここに再掲します。

 

 小さな三つの祈り

①コンソラータの祈り (主イエズス・キリストより伝えられたもの)

「イエズス、マリア、あなたを愛します。霊魂を救ってく ださい。」

 (イエズス、マリア、あなたを あいします。れいこんを すくってください。)

 

②緑のスカプラリオの祈り(聖母マリアより伝えられたもの)

「聖マリアの汚れなき御心よ、今も臨終の時も我等の為に祈り給え。」

(せいマリアの けがれなき みこころよ、いまも りんじゅうのときもわ れらのために いのりた  まえ。)

 

③不思議のメダイの祈り(聖母マリアより伝えられたもの)

原罪なくして宿りたまいし聖マリア、御身によりたのみ奉る

 我らの為に祈りたまえ。」

(げんざいなくして やどりたまいし せいマリア、おんみに よりたのみたてまつる

 われらのために いのりたまえ。)

---------------------------------------------------------------------------------

以下の「兄弟ブログ」もぜひごらんください。

(お互いの知識を補うような関係となっています)

 

(1)「緑のスカプラリオ」の説明用リーフレットが公開されています

          https://blog.goo.ne.jp/nyaako28

祈り方の説明・歴史、由来、その意味・効果・特長などが簡潔に

記されています。「緑のスカプラリオ」を購入されたときに

これをみれば、使い方がすぐにわかり祈れるようになります

 

(2)「最も小さい霊魂」の会を知っていますか?

         https://blog.goo.ne.jp/hanaku6

イエズス・キリストご自身がシスター・コンソラータに啓示して

創設させた「祈りの会」のことが詳しく書かれています。

また、永遠の命にいたる「三つの祈り」についても説明されています。

(3)尾崎明夫神父の
カトリック要理詳説(暫定版1/5~5/5)
「カトリックの教え」を修正・加筆

求道者や入門者からベテランの方にまでわかりやすいと好評なカトリック要理(推薦)
https://blog.goo.ne.jp/katokeijiban/e/f47b8adaf6af026d34ecc33fa79ea200

   ー以上ー

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

最も小さい霊魂の会~シスター・ビスケイブリュと緑のスカプラリオ

2020-08-31 19:28:49 | 日記

  

聖ヴィンセンシオの愛徳姉妹会のシスター・ジュスティーヌ・ビスケイブリュ(1817-1903)

 

1840年(天保11年:清でアヘン戦争が勃発した年)1月28日に初めて聖母マリアの御出現を受けたシスター・ジュスティーヌ・ビスケイブリュは、その後の御出現の中で「緑のスカプラリオ」を作って広めるようにとの啓示を受けました。

聖マリアの汚れなき御心よ、今も臨終の時も我等の為に祈り給え と裏面に書かれたこのスカプラリオ(写真上)は満ちあふれる恵みをもって多くの罪人(つみびと)を回心させ、病気の癒しを始めとする豊かな恵みを与え続けてきました。

今回は「最も小さい霊魂の会」の三つの祈りのひとつである「緑のスカプラリオの祈り」がどのように、この稀有な個性をもつシスターに伝えられ「緑のスカプラリオ」の作成・配布に至ったかを、ぜひ知っていただきたいと思いました。このはなしによって聖母マリアの深き願いと主イエズス(イエス)の計らいが現れ出ていることを知っていただければとてもありがたく思います。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

緑のスカプラリオと、その数えきれない恵みとその驚くべき効果については配布当時からよく知られていましたが、その起源は、はかり知れない神秘に包まれており、人びとはそれを解き明かすことを強く望んでいました。この救済のしるしを伝えるために神に選ばれた修道女は聖ヴィセンシオ・ア・パウロの愛徳姉妹会のシスター・ジュスティーヌ・ビスケイブリュでした。これから、なぜこの神秘が彼女を通して広められたのかということを少し詳しくおはなししてゆきたいと思います。

 

シスター・ビスケイブリュは1817年(江戸時代:文化14年)11月11日、フランスのバスク地方の歴史的中心地であるモレオンで生まれました。そして、あくる日に洗礼を受けジュスティーヌの霊名(洗礼名)を授かりました。そして彼女はわけあって伯母夫妻のところに預けられ、かれらのもとで成長し初聖体を授かり教育を受けました。

それから時がたちビスケイブリュにも自分の将来を決定するときが来ました。22歳になった彼女に神の呼びかけが届きました。そして伯母にシスターの志願者になりたいとの許可を願いました。伯母は彼女をとても愛しており、ずっとそばに置いておきたいと願っていましたが敬虔なカトリック信者だったため、この霊魂に対する神の計画を妨げることはしませんでした。それで1839年の8月も終わるころ、伯母はビスケイブリュに聖ヴィセンシオ・ア・パウロの愛徳姉妹会(修道会)への入会を許したのでした。

修道会の志願期(入会者が修道服を着て修練期に入る準備をする期間)が終了して彼女はパリに向かい修練(修道誓願を立てるための準備)を開始しました。

そして、この時期に、ある司祭と不思議な出会いをすることになります。その方は後日、聖母マリアの御出現によって彼女が受けた驚くべき恵みに対して相談や指導をしてくださることになる信仰深き、かつ信頼のおける司祭アラデル神父でした。彼はそのとき愛徳姉妹会の指導司祭をしていました。このためビスケイブリュはパリの修道院へこの神父と共に旅立つことになりました。

聖ヴィセンシオ・ア・パウロの愛徳姉妹会

奇しくもアラデル神父は不思議のメダイ(メダル)の起源となった汚れなき聖母の御出現が聖カタリナ・ラブレ(同じ愛徳姉妹会のシスターでした)にあった1830年にも彼女の指導司祭でありました。このとき、この善良なアラデル神父は普通とは異なる道にいたシスター・カタリナ・ラブレを思慮深く指導したのでしたが、このビスケイブリュという志願者からも同様なことが彼に託されるとは思い描くことはできませんでした。

(次回につづきます)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

*お知らせ

「緑のスカプラリオ」がまだ若干、手もとにございます。お祈りに役立ててくださる方がおられましたら、お分けいたします。下記のメールアドレスに住所とお名前をお知らせくだされば「緑のスカプラリオ+お祈り用リーフレットセット」を無償で郵送いたします。なお品切れになりましたらご容赦ください。

cha6ku6@gmail.com

なお、いただいた住所などの個人情報の秘密は厳守いたしますのでご安心ください。なお、お送りする「緑のスカプラリオ」はカトリックの司祭の祈りにより、すでに祝別されておりますので、大切にお使いください。

 

*インフォメーション

「最も小さい霊魂の会」の趣旨に賛同いただけて入会を希望される方は

使徒ヨハネさんの john note 最も小さい霊魂の会 入会案内

https://blog.goo.ne.jp/johntherese7365/e/bd406a198c8f5684273085da5887d972

をご覧になりコメントでハンドルネームとお住まいの都道府県名だけで結構ですので

ご連絡なさってください。共に三つの祈りを唱えましょう。おまちしています。

----------------------------------------------------------------------------------

 

以下の「兄弟ブログ」もぜひごらんください。(お互いの知識を補うような関係となっています)

 

(1)「緑のスカプラリオ」の説明用リーフレットが公開されています

 

          https://blog.goo.ne.jp/nyaako28

 

祈り方の説明・歴史、由来、その意味・効果・特長などが簡潔に記されています。「緑のスカプラリオ」を購入されたときにこれをみれば、使い方がすぐにわかり祈れるようになります

 

(2)「最も小さい霊魂」の会を知っていますか?

 

         https://blog.goo.ne.jp/hanaku6

 

イエズス・キリストご自身がシスター・コンソラータに啓示して創設させた「祈りの会」のことが詳しく書かれています。また、永遠の命にいたる「三つの祈り」についても説明されています。

 

 

 ☆おしらせ(1) カトリックの信仰や教会に関心があり、学んでみたいと思われる方は、ツイッター仲間に好評の崎明夫神父の
カトリック要理詳説(暫定版1/5~5/5)
「カトリックの教え」を修正・加筆

求道者や入門者からベテランの方にまでわかりやすいと好評なカトリック要理(推薦)
https://blog.goo.ne.jp/katokeijiban/e/f47b8adaf6af026d34ecc33fa79ea200


 ✰おしらせ(2) 聖母信心書の決定版である「聖母マリアへのまことの信心」をご紹介します。➡ https://ameblo.jp/cha6ku6/entry-12533328485.html 歴代の教皇からの推薦もあります。全11巻となっていますので、第一巻からお読みください。>

 

   ー以上ー

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

最も小さい霊魂の会と緑のスカプラリオ (その1)

2020-08-31 19:27:55 | 日記



先日、「john note~魂の日記」を書いておられる使徒ヨハネさんより「最も小さい霊魂の会」
に登録していただきました。ほんとうにありがとうございました。

聖テレーズのことはお名前程度、ましてやシスター・コンソラータのことは今まで
まったく知らなかった私がなぜ入会したかったかと申しますと、
この会で祈る三つの祈りのなかの2番目の祈りが目に飛び込んできたからです。


②緑のスカプラリオの祈り
(聖母マリアがシスター・ジュスティーヌ・ビスケイブリュにあたえた祈り)

「聖マリアの汚れなき御心よ、今も臨終の時も我等のために祈り給え」



緑のスカプラリオ(両面)



シスター・ジュスティーヌ・ビスケイブリュ (この2枚の写真は使徒ヨハネさんからお借りしました)


一年ほど前に闘病中の友人を見舞ったときに「お守り」として、この緑のスカプラリオを
渡したことがありました。その友人は教会の青年会同窓会会員でした。そのときに渡した
スカプラリオはわが家の祭壇にたまたま置いてあった、昔もらってそのままになっていたものでした。
当時はメダイやスカプラリオ等にはほとんど関心がありませんでした。

そして年に一度の同窓会に出席して互いの消息を聞いているうちに本人や家族が
病気で苦しんでいる仲間が多いことを知りました。

こんなことを感じているうちに、ちょっと思いついたことがありました。
同窓会の仲間が年に一度集まり御ミサで祈りますが、またそれぞれの
生活の場に戻ったときもお互いに祈りあうことはできないだろうかと
考えてみたのです。

しかしながら、皆にただ祈ってくださいとお願いしても、決まったやり方もないため
なかなか難しいことがわかりました。

そこで私の手持ちのマリア様の「緑のスカプラリオ」をとりあえず数人に紹介してお渡しし、
賛同していただいた方には,マリア様が教えてくださった、とても短いお祈りで
「 聖マリアの汚れなき御心よ、今も臨終の時も我等の為に祈り給え。」
を(少なくとも一日一回)唱えるようにしていただくよう提案し、お願いをしてみました。


その後さらに人によってはこの基本の祈り(聖マリアの汚れなき・・)に意向や追加の祈りが
必要かもしれないと感じ、少しスカプラリオのことを調べて、祈り方を考えてみました。
それで、今風に例えていえば 電子メールならぬ「霊的メール」をスカプラリオを通じて
お互いに贈り合うイメージとなりました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

同窓会員の祈り(例文)緑のところを唱えます。


緑のスカプラリオの祈り方(例)  

(祈りのはじめにスカプラリオにふれるかイメージします)

(祈願)

このスカプラリオを持つ家族、親族、恩人、友人のために祈ります。

(基本の祈り)

聖マリアの汚れなき御心よ、今も臨終の時も我等の為に祈り給え。
(せいまりあの けがれなき みこころよ、いまもりんじゅうのときもわれらのために いのりたまえ。)

(追加の祈り例 スプトゥウム プレシディウム:必要に応じて)

神の御母よ
わたしたちはご保護を仰ぎます。いつ、どこでもわたしたちの祈りを聴き入れ、
御助けをもってすべての危険から守ってください。アーメン。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

緑のスカプラリオで「祈願」と「基本の祈り」を唱えることにより
マリアさまがイエズスさまに取り次いでくださり、このスカプラリオを
持つ方々にお恵みが届くという次第です。この「霊的メール」は
着信しても目にも見えず耳にも聞こえませんが効果は絶大であると
信じます。

(その2)に続きます。

☆おしらせ (1)

尾崎明夫神父の
カトリック要理詳説(暫定版1/5~5/5)
「カトリックの教え」を修正・加筆
求道者や入門者からベテランの方にまでわかりやすいと好評なカトリック要理(推薦)
https://blog.goo.ne.jp/katokeijiban/e/f47b8adaf6af026d34ecc33fa79ea200

 


 ✰おしらせ(2) 聖母信心書の決定版である「聖母マリアへのまことの信心」をご紹介します。➡ https://ameblo.jp/cha6ku6/entry-12533328485.html 歴代の教皇からの推薦もあります。全11巻となっていますので、第一巻からお読みください。>

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

最も小さい霊魂の会~ 聖母マリアの出現と私的啓示について考える

2020-08-31 19:26:17 | 日記

 

 前回では聖母がシスター・ビスケイブリュに御出現され、スカプラリオのの詳細を啓示されたところまでお話ししてきました。そして聖母はスカプラリオの製作が遅れていることについて不満を述べられました。このあとシスター・ビスケイブリュは御出現が真実であること、スカプラリオのを早急に製作し確信をもって広めることが絶対に必要であることを全霊をあげて訴えていくことになります。

しかしながら、この話に入る前に聖母がシスターに語られた言葉やイメージについて教会がどのように説明しているかを知っておくことが重要と思われます。神が自分自身の意志をあかし、その意志を人間に伝えることを「啓示」といいます。そして使徒達や聖書に示されたような人類への神の普遍的な意志伝達を「公的啓示」と呼ぶとすれば、使徒時代以後に特定の個人になされた超自然的啓示を「私的啓示」といいます。私的啓示は今までの教会の歴史のなかで少なからずみられ、カトリック教会が公認する時には、教会の信仰に反するものがなく、信仰の利益をともない、好ましい影響があることなどが条件になっています。

現在まで、私的啓示といわれて多くの聖母マリアの出現が、うわさも含めて報告されていますが、これらの扱いには慎重である必要があるでしょう。ともするとセンセーショナルな扱いをされることも多く、こういったことは、人びとの無用な好奇心にさらされて、かえって信仰者の動揺や不安をかきたてることにもなりかねません。

そのためカトリック教会がどのように「私的啓示」を考え、公認しているのかを理解しておくことが大切です。さきほど述べたように、キリスト教の長い歴史においては、私的啓示が少なからず存在していて、そのいくつかは教会によって公認されています。しかしながら、それらの私的啓示はイエズス・キリストが使徒にゆだねられた信仰の遺産を変更したり補ったりするものではありません。私的啓示はその時代時代によってキリストから与えられた啓示をより良く生きるための助けとなるものです。

そして聖母御出現における「私的啓示」は、おん自ら人びとに福音を延べ伝えたいというあふれる聖母の愛の表れのように思われます。そしてそこで伝えられる教会が公認する共通のメッセージは、悔い改め、赦し、償い、憐れみ、愛、謙遜、柔和、貞潔、寛容、忍耐、犠牲、剛毅、堅忍、ミサ聖祭、聖体礼拝、秘跡の拝受と感謝、日々の私的信心、(十字架の道行き、ロザリオ等)に関するものに及び、準秘跡(聖水、スカプラリオ、不思議なメダイ等)の使用などに関するもの等もあります。

(つまるところ、これら多種にわたるメッセージは「悔い改めて、福音を信じなさい。祈りなさい、赦しなさい、互いに愛し合いなさい。」という福音のメッセージそのものにつながっているのです。)

また私的啓示に対するカトリック教会の態度が非常に慎重であったことが聖母出現の承認手続きによく表れています。出現の認定は、まず最初にその区域の司教の権限に属するものであり、長い尋問の果てに司教の判断に委ねられる問題となります。この点について、司教はローマ教皇庁の教えを請い、教皇庁に尋問を託し、本来は司教が自ら下すべき判断を教皇庁の承認のもとに委ねることもできます。この場合、教皇庁は神学者、教会法学者、および医者などで構成される尋問委員会の意見を聞きながら認可の判断を下すことになります。

そして最終的に司教が正式に声明をもって認可すれば、それが正当な聖母出現とみなされますが、私的啓示に関することなので教会の信仰箇条とはちがって、それを信ずべき事柄として受け入れねばならないということはありません。しかしながら実際には、あるシスターに私的啓示が与えられ、これが全教会に広まることを神が望まれ、教会で取り上げられ、神学的に論じられ、そして教会の祭日として祝われています。

私的でありますが公的であり、信じる義務がないといわれながら祭日となっています。教会が重要だと認めたのです。このため教会公認された御出現のような私的啓示の信心は、受けとることを各個人の自由にゆだねられた聖母の恵みなのです。注意深く、大切に扱うべきものだと思います。 

(つづく)

 

--------------------------------------------------------------------------------------

 

*お知らせ

 

「緑のスカプラリオ」がまだ若干、手もとにございます。お祈りに役立ててくださる方がおられましたら、お分けいたします。下記のメールアドレスに住所とお名前をお知らせくだされば「緑のスカプラリオ+お祈り用リーフレットセット」を無償で郵送いたします。なお品切れになりましたらご容赦ください。 

 

cha6ku6@gmail.com

 

なお、いただいた住所などの個人情報の秘密は厳守いたしますのでご安心ください。なお、お送りする「緑のスカプラリオ」はカトリックの司祭の祈りにより、すでに祝別されておりますので、大切にお使いください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緑のスカプラリオの入手(購入)方法
「いつくしみセンターのWebショップ」を検索して注文できます。
http://mercy.cart.fc2.com/

一枚(108円)から購入できます。
なお、これにはリーフレットのような説明文は付いていませんので
下記の*インフォメーションに掲載した説明文(緑のスカプラリオ説明用リーフレットをご利用ください。

なお購入時には、まだ司祭により祝福されていませんので、ぜひカトリックの神父様に
「祝福の祈りをお願いします」といってお願いしてください。(時間はかかりません)

また何かご質問がございましたらコメントかメール(cha6ku6@gmail.com)していただければ幸いです。

 

 

 

*インフォメーション

 

「最も小さい霊魂の会」の趣旨に賛同いただけて入会を希望される方は

 

使徒ヨハネさんの john note 最も小さい霊魂の会 入会案内

 

https://blog.goo.ne.jp/johntherese7365/e/bd406a198c8f5684273085da5887d972

 

をご覧になりコメントでハンドルネームとお住まいの都道府県名だけで結構ですので

 

ご連絡なさってください。共に三つの祈りを唱えましょう。おまちしています。

 

 

 

十 最も小さい霊魂の会で唱える

 

「(永遠の命に至る)小さな三つの祈り」をここに再掲します。

 

 

 

 小さな三つの祈り

 

①コンソラータの祈り (主イエズス・キリストより伝えられたもの)

 

「イエズス、マリア、あなたを愛します。霊魂を救ってく ださい。」

 

 (イエズス、マリア、あなたを あいします。れいこんを すくってください。)

 

②緑のスカプラリオの祈り(聖母マリアより伝えられたもの)

 

「聖マリアの汚れなき御心よ、今も臨終の時も我等の為に祈り給え。」

 

(せいマリアの けがれなき みこころよ、いまも りんじゅうのときもわ れらのために いのりた  まえ。)

 

③不思議のメダイの祈り(聖母マリアより伝えられたもの)

 

原罪なくして宿りたまいし聖マリア、御身によりたのみ奉る

 

 我らの為に祈りたまえ。」

 

(げんざいなくして やどりたまいし せいマリア、おんみに よりたのみたてまつる

 

 われらのために いのりたまえ。)

---------------------------------------------------------------------------------

以下の「兄弟ブログ」もぜひごらんください。

(お互いの知識を補うような関係となっています)

 

(1)「緑のスカプラリオ」の説明用リーフレットが公開されています

          https://blog.goo.ne.jp/nyaako28

祈り方の説明・歴史、由来、その意味・効果・特長などが簡潔に

記されています。「緑のスカプラリオ」を購入されたときに

これをみれば、使い方がすぐにわかり祈れるようになります

 

(2)「最も小さい霊魂」の会を知っていますか?

         https://blog.goo.ne.jp/hanaku6

イエズス・キリストご自身がシスター・コンソラータに啓示して

創設させた「祈りの会」のことが詳しく書かれています。

また、永遠の命にいたる「三つの祈り」についても説明されています。

 

(2)尾崎明夫神父の
カトリック要理詳説(暫定版1/5~5/5)
「カトリックの教え」を修正・加筆
求道者や入門者からベテランの方にまでわかりやすいと好評なカトリック要理(推薦)
https://blog.goo.ne.jp/katokeijiban/e/f47b8adaf6af026d34ecc33fa79ea200

 

ー以上ー

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

最も小さい霊魂の会~永遠の命に至る小さな三つの祈り

2020-08-31 19:24:49 | 日記

 

        キリストの復活

 

 

 最も小さい霊魂の会で唱える

「(永遠の命に至る)小さな三つの祈り」をここに再掲します。

 

 

①コンソラータの祈り (主イエズス・キリストより伝えられたもの)

 

「イエズス、マリア、あなたを愛します。霊魂を救ってく ださい。」

  (イエズス、マリア、あなたを あいします。れいこんを すくってください。)

   シスター・コンソラータ

 

②緑のスカプラリオの祈り(聖母マリアより伝えられたもの)

 

「聖マリアの汚れなき御心よ、今も臨終の時も我等の為に祈り給え。」

(せいマリアの けがれなき みこころよ、いまも りんじゅうのときも

 われらのために いのりたまえ。)

                                ことばの説明 臨終:死ぬこと

   

   緑のスカプラリオ      シスター・ビスケイブリュ

 

③不思議のメダイの祈り(聖母マリアより伝えられたもの)

 

原罪なくして宿りたまいし聖マリア、御身によりたのみ奉る

 我らの為に祈りたまえ。」

(げんざいなくして やどりたまいし せいマリア、おんみに よりたのみたてまつる

 われらのために いのりたまえ。)

 

 ことばの説明 原罪:人祖アダムとエワが犯した罪。その結果が子孫である人類に伝わった。                                                それで人は生まれながらに原罪を負うている。しかしマリアは神の恩寵

           により原罪をまぬかれている。                                                                    

                                                                 御身:あなた

 

シスター・カタリナ・ラブレと

不思議のメダイ

 

 

柔和、謙遜、優しさ。これらは現代のことばの中では、冴えない響きをもっていると

感じられるかもしれません。しかしながら神の御子である、ナザレのイエズスは

「柔和で謙遜な御こころ」の模範であります。このため、これらのことばは

必ずや、偉大なる真理と永遠の命を証するものとして今ふたたび注目されることに

なるでしょう。

 

いじょうに紹介した三つの祈りは永遠の命を獲得するために、どうしても

必要な「柔和、謙遜、優しさ」の徳を恵まれるよう願って唱えます。

 

どうぞ、この記事が皆さまの心に響いたならば、日々少しずつでもこの祈りを

唱えててゆくならば、永遠の命(幸福)への道が開かれることでしょう。

 

それはなによりもこの小さく、短い祈りが、神の御子であるイエズスと、

その御母である聖マリアが伝えてくださったすべての人間に対する

愛の証であるからです。

 -----------------------------------------------------------------------------

*お知らせ

「緑のスカプラリオ」がまだ若干、手もとにございます。お祈りに役立ててくださる方がおられましたら、お分けいたします。下記のメールアドレスに住所とお名前をお知らせくだされば無償で郵送いたします。なお品切れになりましたらご容赦ください。

cha6ku6@gmail.com

なお、いただいた住所などの個人情報の秘密は厳守いたしますのでご安心ください。なお、お送りする「緑のスカプラリオ」はカトリックの司祭によりすでに祝別されておりますので、大切にお使いください。

----------------------------------------------------------------------------------

 

以下の「兄弟ブログ」もぜひごらんください。

 

(お互いの知識を補うような関係となっています)

 

 

 

(1)「緑のスカプラリオ」の説明用リーフレットが公開されています

 

          https://blog.goo.ne.jp/nyaako28

 

祈り方の説明・歴史、由来、その意味・効果・特長などが簡潔に記されています。「緑のスカプラリオ」を購入されたときにこれをみれば、使い方がすぐにわかり祈れるようになります

 

(2)「最も小さい霊魂」の会を知っていますか?

 

         https://blog.goo.ne.jp/hanaku6

 

イエズス・キリストご自身がシスター・コンソラータに啓示して創設させた「祈りの会」のことが詳しく書かれています。また、永遠の命にいたる「三つの祈り」についても説明されています。

 

☆おしらせ (1)

尾崎明夫神父の
カトリック要理詳説(暫定版1/5~5/5)
「カトリックの教え」を修正・加筆
求道者や入門者からベテランの方にまでわかりやすいと好評なカトリック要理(推薦)
https://blog.goo.ne.jp/katokeijiban/e/f47b8adaf6af026d34ecc33fa79ea200


 ✰おしらせ(2) 聖母信心書の決定版である「聖母マリアへのまことの信心」をご紹介します。➡ https://ameblo.jp/cha6ku6/entry-12533328485.html 歴代の教皇からの推薦もあります。全11巻となっていますので、第一巻からお読みください。>

   ー以上ー

 

 

(つづく)

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加