快眠とこころの健康ニュース

「こころの健康」「脳の活性化」「快眠」などに関する最新情報、最新ニュースをお届けしていきます。

安眠度合に対する定量測定が可能に

2018-06-06 15:34:36 | ニュース

睡眠障害などに効果があるとされる、北欧生まれの光刺激装置”VALKEE(バルケー)”。その輸入元である日本総代理店すこやかメディカル株式会社は、VALKEE(バルケー)の睡眠に対する効果を調べるため、睡眠の度合を定量的に調べる実験を行ったようである。

 

VALKEE-JAPANのFacebookによると、VALKEE(バルケー)の効果を見える化、定量化するために、「安眠チェッカー(ライフケア技研社製)」で定量実験を行ったとのこと。

 

「安眠チェッカー(ライフケア技研社製)」は、睡眠中の精神性の汗は覚醒時に比べて、著しく低下することを原理としている製品で、睡眠前にパッチを手のひらに貼付するだけで簡単に睡眠の質を測定できるというもの。

  

これを使用し、以下の表のようにVALKEE装着時と未装着時の比較を行った。実験結果から、VALKEEの睡眠に対する効果が定量的に測定され、実感としてとらえにくいが、光刺激装置で身体が既に反応していることがわかるとされている。

 

さらなる今後の睡眠評価、VALKEEの効果のエビデンスが待たれる。

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

気がしずむ冬こそ、光療法を。

2018-06-06 15:34:04 | ニュース

日照時間が短く、曇りがちな冬季、はっきりした理由がないのに、こんな風に感じたことがある方は、「サーカディアンリズム(慨日生体リズム)の修正」が必要かもしれません。

 

■やる気が出ない
■ボーっとする
■ダルい
■一日中眠い
■不安
■自分がダメな人間に思える
■イライラする
■希望を持てない
■自信がない
■しんどい
■体が重くて動かない

 

冬季にこれらの感覚に陥る方は、適度な光を午前中に浴びることで、改善する可能性があります。

 

光照射法は、サーカディアンリズムの狂いによる様々な「こころの不安定さ」において有効であることが分かっています。
とくに心を軽くし、思考を前向きにすることなどが、多くの研究で立証されてきました。


光療法の医療機器としては、「ブライトライト」が有名ですが、近年、手軽に持ち歩ける「VALKEE(バルケー)」も人気があるようです。

 

VALKEEは北欧フィンランド等での「冬季季節性うつ」に対する医療機器のようですが、その日本国内の販売については、すこやかメディカル株式会社が正規代理店として活動しているようです。
(なお、VALKEE本社のホームページでは、本国では医療機器でもあるので、日本においては、すこやかメディカル株式会社からの正規品をお買い求めください、とのことです。)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

睡眠グッズってたくさんあります!

2018-06-06 15:18:39 | ニュース

体調を整えるのは、睡眠を整えるところから。

VALKEEは体内に光を取り入れ、サーカディアンリズムを整えるデバイス。

よく眠れた次の日は、心も身体も元気です。

良い睡眠のためのグッズは、マットレス、安眠枕をはじめ、ネムルミンなどのサプリや安眠手袋など、ぜひ試してみてください。

「すこやかメディカル」のサイト見ると、睡眠グッズがいっぱい販売されています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

睡眠障害ナルコレプシーに注意!

2014-06-03 17:27:16 | ニュース

ナルコレプシーという睡眠障害が、世界で一番日本人がかかりやすいことがわかった。


日本では周囲から見た患者の様子から「居眠り病」「過眠症」とも呼ばれる
ナルコレプシーは、睡眠障害の研究の課程で、イギリス人医師トーマス・ウィリス によって報告がされた。

「Narco=眠り」「Lepsie=発作」を意味し、「眠り発作」ともいわれる。

一般への知名度が極めて低いうえ、専門医が少ないため、罹患者に対する正しい診断・治療が受けにくいことや、まわりの人間からの理解が得られないなど、罹患者には精神的にも大きな負担がかかっているのが現状である。

 

症状としては、レム睡眠とノンレム睡眠の切り替わりで中途覚醒を起こすため、目は覚めても体を動かそうとする脳の一部が眠っているために「金縛り」を体験することが多い。
起床時までは、睡眠が浅くなりやすくなり、夢を見る回数が増える。
見る夢は、ほとんどが悪夢で、現実とリアルな夢の境目が分からずにうなされる場合が多い。
そして、眠りが薄いために過剰睡眠となり、また昼間に急激に眠気に襲われたりする。


発症期は主に15歳前後が多く、40歳以上の発症はまれとされる。
本病気の症状特性上、病気であること自体に患者本人が気付く場合が少ないため、ただの睡眠不足、怠け性と判断される場合も多い。
そのため、日本ナルコレプシー協会は、社会的認知度向上に向けて2009年より全国の各中学校・各高等学校にむけて『ナルコレプシーとは』とのパンフレットを配布しはじめた。
決して珍しい病気ではなく、日本では600人に1人程度(0.16%)は罹患していると想定されている。
世界の有病率の平均は2000人に1人程度(0.05%)であり、その4倍近い日本人の有病率は世界最高であるという。

また、治療を行っていない状態で機械や自動車の運転中などに発作が起こると重大な事故の原因となりうるため、日本睡眠学会では、運転中の居眠りや事故経験によっては、治療によって改善されるまでは車両運転を控えるべきであることを医師が伝える必要があるとしている。


ナルコレプシーの病因として特定されているものには、オレキシンの欠乏とされる。オレキシンは視床下部から分泌される神経伝達物質で、オレキシン遺伝子を破壊したマウスにはナルコレプシー症状が現れることが明らかになっている。
さらに、オレキシン神経細胞を破壊し人為的にナルコレプシーを引き起こしたマウスに、オレキシン遺伝子を導入したり、脳内にオレキシンを投与することでナルコレプシー症状が改善されることも明らかにされた。
また、ヒトのナルコレプシー患者においても視床下部のオレキシンを作る神経細胞が消滅していることが明らかにされている。


一方、ナルコレプシーの病因として最近関連性が注目されているものには、白血球の血液型HLAとの関連性が報告されている。ナルコレプシー患者においては、HLA-DR2がほぼ全例で陽性であるという調査結果が1983年に発表された。

これらのことから、ナルコレプシーが自己免疫疾患である可能性、遺伝性要因の可能性が示唆されているが、現在、証明はされていない。

しかし、オレキシン治療法が確立されてきているので、早期発見、早期治療が望まれる。

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

3つ目の目。脳の松果体が光を直接感知!

2014-02-24 12:35:57 | ニュース

松果体(しょうかたい:pineal body)は、脳にある内分泌器で、脳内の中央、2つの大脳半球の間に位置し、2つの視床体が結合する溝にはさみ込まれるように存在している。

 

以前は、松果体は虫垂のように、大きな器官の痕跡器官と考えられていた。
松果体にメラトニンの生成機能があり、概日リズムを制御していることを科学者が発見したのは1960年代である。

 

メラトニンはアミノ酸の一種トリプトファンから合成されるもので、中枢神経系では概日リズム以外に成熟抑制などの機能もある。メラトニンの生産は、光の暗さによって刺激され、明るさによって抑制される。
網膜は光を検出し、視交叉上核(SCN)に直接信号を伝える。神経線維はSCNから室傍核(PVN)に信号を伝え、室傍核は周期的な信号を脊髄に伝え、交感システムを経由して上頚神経節(SCG)に伝える。そこから松果体に信号が伝わる。


この機能により、松果体は概日リズムを調節するホルモン、メラトニンを分泌する。


最近の研究では、この松果体自身に光を受容するレセプターが存在することがわかってきた。


脊椎動物の中には、松果体細胞が目の光受容器細胞に似ている動物がいて、松果体細胞は進化において網膜の細胞と起源を同じくすると考える進化生物学者もいる。つまり、3つ目の眼である。

ニワトリの松果体からは、ヒトの網膜などで見られる光の感知に関与するロドプシンに似た、ピノプシンと言うオプシンの1種が見つかっている。また、スズメの頭骨は薄いため、スズメの松果体には太陽光が直接届いており、スズメの概日リズムに関与していることが知られている。

この他、ヤツメウナギやムカシトカゲなどに見られるように、脊椎動物には松果体の近くに光を通すための頭孔を持つものがいる。


また、脊椎動物には、光にさらされると松果体で酵素、ホルモン、ニューロン受容体に連鎖反応が起きるものがあり、この反応が概日リズムの規則化を起こしていると考えられる。
ヒトなどの哺乳類では、概日リズムの機能は網膜視床下部によって行われ、視床下部視交叉上核の中にリズムが伝えられとされていたが、実験的には松果体に直接光をあてた場合も同じ反応が見られた。

 

そこで、耳から松果体に直接光をあて、概日リズムの調整、冬季うつの解消を図ろうと試みているのがフィンランドのalkee社である。
valkee社が開発した当地の医療機器VALKEE2は、イアプラグで耳から光を9分程度体内に取り込み、概日リズムの調整、冬季うつの解消をするものである。


VALKEEについては、日本法人もでき、すこやかメディカル株式会社が総代理店をつとめている。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加