ねをぱぁく

公園みたいにふらっと立ち寄って、ほっと一息して欲しい、そんな演劇ユニットです。

たまには愚痴を書こうかな

2018-01-13 01:24:22 | 日記

ものすごく久しぶりに日記を書きます。

この一年は色んなことが多すぎて。まるで大阪に来たあの年みたいでした。

あの一年も色んなことがあって、本当に疲弊しました。

色んな現場で色んな人に出会い、大切な人がどんどん増えたけれど

大切な人を亡くした一年でもありました。

 

父にお迎えが来そうです。

もういつどうなるかわかりません。

昔、100歳まで生きると約束しました。

父が尊敬する土屋文明先生が99歳で亡くなったので、土屋先生より長生きすると言いました。

中学生だった私は、ずっとそれを信じていました。

あと14年もあるのに、まだ信じています。

 

高齢者の運転で沢山の事故が起きています。

役所の人や、ケアマネージャーの人や、色んな人が車を運転してはダメだと言います。

言っている事はわかるのです。

でも、田舎だと車がないとお買い物にも行けない。

病院にも行けない。

行政が決めた諸々は、家族の付き添いがないと使えないのだから。

 

父が事故に遭って、大阪に連れて来て、病院から老人保健施設に移り、

目が見えなくなってしまって、大阪に連れて来たことが良かったのかどうか、常に考えて来ました。

老健でもう面倒見れないと言われ、また病院に入って、どんどん弱まって来ました。

 

どうしたらいいのかわかりませんでした。

延命治療はしないと決めていたけど、父が本当はどうしたいのかわからない。

主治医の先生に「どうしますか?」と言われても決めきれない。

何かをやめることは父が生きることを諦めてしまうことになる。

でもどんどん弱まっていき、苦しそうな父を見ていると、自分の判断が間違っているのではないかと。

 

話しかけると毎回毎回返事をしてくれるのに。

だから点滴をやめるとかの判断ができない。

 

身体中、浮腫んできて本当に苦しそうなのに、点滴をやめたら、死ぬのを待っているしかない。

決断が出来ません。

 

もう、点滴をしても苦しそうなのに、無理に点滴をし続けるのも正しいのかどうなのか。

 

あんなに苦労してきたのに、子どもだって孫だってたくさんいるのに、幸せなまま見送れると思っていたのに、

このまま、病院で、一人ぼっちで、苦しいままで人生の幕が引かれるなんて。

 

どうしたらいいんだろう。どうしたら。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春生のこと

2017-08-08 01:38:52 | 日記

春生は大竹野正典さんの二番目の子で長男坊。

2002年ラフレシア演劇祭に参加していた、くじら企画の「夜、ナク、鳥」を観に行った時に初めて出会った。

お母さんそっくりな顔で、友達の藤井くんと一生懸命にお手伝いしていた春生。

家族みんなでムーンライダーズのライヴで東京に来た時は、友達に会いに行き遅れて、仕方がないのでチケットを預かって、到着するのを会場の入り口で待っていたら、急ぎもせずにフランクフルトを頬張りながら歩いて来た春生。

何考えてるんだかさっぱりわからなかった春生。

その時はまだ宇宙人みたいだった。

大阪に引っ越す前に何度か来た時は、既に大竹野さん家が定宿になっていて、来るたびに飲んで、居候生活の半年間は、春生と毎日のように飲んで、やたら話した。

時にはお姉ちゃんのさとや、従兄弟のひろくん、藤井くんなんかも一緒に。

 

居候の朝は小寿枝さんの

「春生ー!春生ー!!」

の声で目が醒める。

この家では何かあると、小寿枝さんが春生のせいと決めつけて、朝から春生を呼びつけるのだが、当の春生はまだ夢の中で、起きてもこないし、もちろん返事もない。

小寿枝さんは何度も呼んでいるけど、そのうち出勤時間が近づいて諦めて会社に出かけていく。

春生は、そのうち起きて来て、ご飯を作って食べて出かけていく。

愛猫の小雪ちゃんとテテとテンに挨拶して出かけていく。

 

春生は相変わらずよくわからない子だったけど、とても優しい子で、実はとても賢い子だった。

たくさんのことを考えていた。

 

大竹野さんが旅立った時も、春生はずっと耐えていた。

 

第一次反抗期の旗揚げ公演は春生の作、演出、出演で、藤井くんとコトリ会議の山本くんの三人芝居だった。

春生はまだ何かに耐えていた。

でも、表現することで、何か一つ解決したような感じで、目の中に少しだけ光が戻って来たような気がした。

 

今回、久しぶりに第一次反抗期をやると聞いた。

観たいような、観たくないような複雑な気持ちと、旗揚げ公演の時には制作だったので相談もない寂しさもあった。

タイトルは「せめてもの賛歌」

 

春生はどんな賛歌を書いたんだろう。

そして誰のための賛歌なんだろう?

 

想いはぐるぐる回る。

 

観に行こうかどうか迷っていた時期に制作補佐の晴佳ちゃんから受付のお手伝いを頼まれた。

珍しく三日間空いていた。

制作チーフでもなく、炊き出しもしない現場なんて久しぶりだ。

気楽に三日間過ごした。

 

実は怖くて台本も読まないようにしてたし、観るのも千穐楽に変えてもらってたから、春生が何を書いたのかまだわからなかった。

 

うだるような暑さの中、上演中も外の受付にいると、所々セリフが漏れ聞こえて来る。

耽美くん、めっちゃ丁寧にセリフ言ってるなー、とか

一幸さん、私が観て来た渋い一幸さんではないキャラやなー、とか

小室は相変わらずすげーなー、とか

春生はなんだかハッチャケてんなー、とか思いながら、でもあんまり内容を聞かないようにしてた。

それでも耳に飛び込んで来たべべちゃんのセリフを聞いて、衝撃を覚えた。

春生、すげー頑張って書いたんだなと思った。

 

千穐楽は、客席で観ていた。

 

小室のセリフが胸に刺さる。

ところどころ、大竹野さんの芝居を思い出す。

これを観ている小寿枝さんやさとのことを想う。

そして春生のことを想う。

大竹野さんはなんでいないんだろうと想う。

 

べべちゃんの最後の長ゼリが始まる。

もう涙が止まらなかった。

終わってからも、ひとしきり事務所で泣いた。

 

大入袋を配り終わった春生が、最後の挨拶を始めた。

春生の言葉が、突き刺さる。

ずっと言えなかったことを春生が言ってくれたような気がした。

 

弟のような春生はいつしか、よくわからない宇宙人から、素晴らしい演劇人に成長していた。

 

春生、芝居続けようね。

春生、芝居続けて行こうね。

そしてまた劇場で大竹野さんに会おうね。

公演、お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

津あけぼの座が好きなのだー!

2017-06-09 18:05:11 | 演劇

やっと、相方の公演を津あけぼの座で開催する。

津あけぼの座に出会って、地方の演劇というものの力を改めて考えさせられた。

東京から大阪に来た時は『なぜ?』という疑問符をつけられ珍しがられたが、

自分には自分の理由があって大阪に来たのだ。

でも、少し慣れてくると、東京と大阪のスピードの違い、仕事内容の違い(演劇に関係する仕事ね)に、

大阪というのは地方都市の一つなんだと感じることが多くなった。

けれど、来たくてきた場所で、肌に合う、というか、水に合ったと言うべきか、

大阪は私にとって大切な場所には変わりないのだが、

ごくごくたまに、疑問符が出て来ることもあるのだ。

でも、その疑問符は、ここに出会って、自分がそれに対して何をすべきかを知ったのだった。

 

津あけぼの座に初めて訪れたのは、劇団野の上の津公演。

昔からの友人である山田百次の劇団の公演だった。

津の公演を知った時、大阪の人たちに、野の上の作品を観せたい!と

無理やり大阪公演を企画し来てもらった。

そしてその流れで半ば脅して(笑)津にも連れて来てもらったのだ。

 

初めて会う、油田さん、山中さん、後に友人の奥様となる三重文化会館の香菜ちゃん、そしてその上司である松浦さん。

それぞれがとても素敵な方達で、いっぺんにファンになってしまった。

彼らに共通しているところは、嘘がない、ということ。

本当のこと(辛辣な意見も時にはある)を、笑顔で話す人たち。

なんと心地良かったことか。

 

他地方から来た劇団に対する受け入れ方や、作品に対しての厳しく、そして優しい目。

居心地がいいとはまさにこれだ!と思わせてくれる。

こちらの一方的な要求に、無理なものは無理と言い、可能な限りのことをして下さった。

終演後、開催される、お客様との交流会も、いつまでも続いて欲しいと思えるような素敵な時間だった。

 

その後、年に二回は津に来る機会を頂き、毎回顔見知りが増えていく。

そして、油田さん、山中さんはいつも笑っている。

香菜ちゃんは、こんな事にも心遣いが!とびっくりするくらい働いている。

松浦さんは酔っ払って寝ている→ちゃんとお仕事されてますけどね(笑)

山中さん率いる現場サイドのスタッフも、行くたびに新しい顔が増え、そしてやっぱりみんないい人達なのだ。

 

相方である白木原がここ数年創っている作品を、この居心地のいい劇場でやりたい!

この作品を、津の方々の目で観てもらい、さらにいい作品にして行きたい!

そして、油田さんと山中さんに、この作品を育ててもらいたい!

そんな気持ちがどんどん強くなって、映像を観て頂き、会うたびにやりたいと言い続けた。

 

昨年末だったか、油田さんから「そろそろ白木原さんの作品をやりましょうか」とお電話を頂いた。

やっと、津あけぼの座で、この作品をお観せする事が出来る!

もう、ワクワクするしかない。

結局、足りない事だらけの甘え放題で、今日のこの日を迎えてしまったけれど

明日明後日の公演、本当に一人でも多くの方に観て欲しいと心から思うのです。

 

来るたびに、好きになって、

また来たいと思える

津あけぼの座。

 

もっと色んな劇団が津あけぼの座でやって欲しい。

この居心地の良さを知って欲しい。

そして、大阪にこういう劇場がもっともっと増えるといいな。

と切に願う。

 

誤解しないで頂きたいのだけど

私が役者として初めて大阪に来た時の劇場のウイングフィールドや

大阪以外の劇団を呼び続けていて、劇場独自の企画も多いin→dependent thatreや

大阪にもいい劇場はあるんだよ。

もちろん、そのほかにもね。

 

最後のシーンの音楽が流れて来た。

場当たりが終わって楽屋に戻って来た相方は

「なんか、演りやすいわ〜」と一言。

ふふふ、そう、津あけぼの座はとてもいい劇場なのですよ。

 

明日、明後日はそんな大好きな大好きな津あけぼの座でお待ちしております!

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月8日(木)のつぶやき

2017-06-09 05:08:50 | つぶやき
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月7日(水)のつぶやき

2017-06-08 05:09:39 | つぶやき
コメント
この記事をはてなブックマークに追加