フコイダンけんこう日記

フコイダン健康堂スタッフがフコイダン(フコダイン)のことを始め、日常生活や趣味のこと、何でも配信していきます♪

リモートワークであちこち痛い!?

2020-10-23 10:40:28 | 健康、美容

リモートワークが定着してきた企業もあるようですね。


感染だけではなく、通勤ラッシュを避けられる、

家族と一緒の時間が作れる、

といったメリットもあるようですが、デメリットも多いようです。

中でも「腰痛」「肩こり」といった体の痛みが出ている人が多いみたいですね。

原因は「運動不足」「悪い姿勢のまま長時間過ごす」といったことのよう。

リモートワークはパソコンを使うことが多いので、眼精疲労もその原因のひとつかもしれませんね。

そこで、在宅ワークの人におすすめしたい体操がコレ。

<首こり解消法>
壁を背にしてまっすぐに立ち、壁に背中をつけます。
つかない場合は、タオルなどを背中と壁の間にいれてもOKです。

そのまま顎をひき、2秒キープ。

これを1日10セットほど繰り返します。

<腕上げ>

両腕を左右に肩の高さまで上げます。

そのまま頭上に手を伸ばしたままゆっくり上げて手のひら同士をあわせます。

また肩の高さまでもどします。

これを30回ほど繰り返します。

<スクワット>

おなじみのスクワットですが、ポイントは足の付け根をおりまげ、

お尻を引く感じで行うこと。

ひざがまえに出ると腰をいためる可能性があるので

ひざが出ないようにします。

 

そのほか、柔軟体操も毎日取り入れたいですね。

毎日少しずつの運動で肩こり腰痛を防ぎましょう♪

コメント

天気痛ってなに!?

2020-10-12 15:03:20 | 健康、美容

「天気痛」という言葉ご存じですか?

季節の変わり目などに頭痛やめまいなどがおきる症状を言うそうです。

原因は湿度、温度、気圧が大きく変わることによって

耳の奥にある「内耳(ないじ)」という部分が反応して、

自律神経が乱れることによるもの。

この「内耳の反応」が敏感な人は

急な気温の変化や気圧の差で体が対応しきれなくなり、

「内耳」から痛みをつくる神経や脳の奥になる脳幹に伝達がいき、

頭痛、めまい、耳鳴り、だるさ、などがおこされるそうです。

 

天気通になってしまったら、耳をもんだりひっぱったり、折り曲げたり、

といったことが症状改善に効果的だそうですよ♪

 

最近、朝晩の気温差がはげしいですねっ。

風邪などひかないように気をつけましょう♪

 

コメント

第5のがん治療!?

2020-10-01 14:16:29 | 健康、美容

がんの治療といえば、「手術」「放射線」「抗がん剤」「免疫治療薬」ですが、

「第5のがん治療 光免疫療法」が世界にさきがけて日本で実用化されるそうです。

 

楽天の子会社で「楽天メディカルジャパン」という会社が、

9月25日に厚生労働省の承認を取得したそうです。

薬の名前は「アキャルックス」というもので、

手術でとることが不可能な「局所進行または局所再発の頭頚部がん」を

対象にする、ということでした。

 

今、多く行われているがん三大療法「手術」「抗がん剤」「放射線治療」は

どうしてもがんのできている場所以外も傷めたり、体力を弱らせたりしますが、

この「光免疫療法」というのは、特殊な化学物質をがん細胞に集結させて

その物質に光をあてることでがん細胞を壊死させる、というまったく新しい方法だそうです。

 

実際には「再発頭頸部がん」のみが対象だそうですし、

専門の機器とトレーニングされた医師が必要だとのことで

日本各地に広まるのはまだまだ先のようですが、

副作用のないがん治療の選択肢が増えることは喜ばしいことですね。

コメント

アジア全体で抗がん剤開発

2020-09-24 14:02:19 | 健康、美容

先日のニュースで、

「アジア全体で抗がん剤開発」という記事が出ていました。

日本がん研究センターが日本だけではなく、

タイやマレーシアなどの東南アジア5か国を中心に

アジア全体で抗がん剤の開発をすすめる、というものです。

この取り組みでは、各国のがんセンターなどとネットワークを作って治療。

子宮頸がんなどのアジアに多いといわれている癌の治療薬開発や肉腫、脳しゅようといった

患者さんが少ない「希少がん」の治療薬開発につなげるそうです。

 

これからの時代は、国境を越えて医療も進化していきそうですね。

 

抗がん剤は副作用が強かったり、

思ったほどの効果が得られなかったり、

というデメリットもありますので

そちらも改善するといいですね。

 

コメント

大豆製品ですい臓がんリスク!?

2020-09-16 10:05:57 | 健康、美容

今日のダイアモンドオンラインの記事で、

「豆腐など『大豆食品』で膵臓がんリスク上昇?」

というものが出ていました。

 

大豆食品といえば、乳がんのリスクを下げるとか、

身体にいいとか、良質なたんぱく源といわれて人気ですよね。

 

ですが、国立がん研究センターの「多目的コホート研究」というもので、

膵臓がんに関しては発症リスクを高める可能性がある、というデータが報告されたそうです。

 

報告では、1995年と1998年に食事に関するアンケートをおこなって回答した9万人超のうち、

577人がすい臓がんを発症したそうで、

①総大豆食品

②納豆、みそなどの発酵した大豆食品

③豆腐、油揚げ、豆乳といった非発酵性大豆食品

の量を計算して比較したそうです。

 

一番摂取量が少ない人たちから一番多い人たちを4グループにわけて

膵臓がんの発症リスクを比較したところ、

摂取量が多いほどすい臓がんのリスクが上昇して、

一番少ないグループと一番多いグループでは1.48倍の差があったそうです。

 

ちなみに、②の発酵性大豆食品の摂取量と発症リスクとの関連は認められなかったそうですよ。

製品でいうと、豆腐の摂取量が多いほど、リスクが上昇したそうです。

 

ただ、欧米の先行研究では、豆類にはすい臓がんを予防する効果が報告されているらしく、

今回の研究が一度のアンケート調査からの摂取量を推計していること、

追跡調査している間の「食の変化」を反映していないこと、から

大豆食品=すい臓がんのリスクが高くなる、

と単純に考える必要ななさそうです。

 

いずれにしても、一つの食品をずっと食べ続けるより、

いろんな種類をバランスよく食べる、

ということが大切なようですね♪

 

 

コメント