ウォーク更家の散歩 (東海道、中山道、日光街道、奥州街道)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~akamine/
中山道を歩く(完全踏破の一人旅)

染井の桜 (ソメイヨシノ発祥の地)2014.3.31

2014-03-31 21:03:05 | Weblog

(写真は染井の桜)
本日(31日)は、昨日の悪天候が嘘の様に晴れ、
桜も満開、絶好のお花見日和となりました。

JR山手線の駒込駅(北口)で降りると、駅の脇に、
染井吉野桜記念公園があります。
”ソメイヨシノ(染井吉野)”は、ここ駒込が
発祥の地ということで、この公園内に写真の
「染井吉野桜発祥之里」の碑が建っています。



上の写真の碑に描かれた浮世絵の説明文によると、
江戸時代には、 駒込のこの辺りは染井村と呼ばれ、
植木の一大生産地だったそうです。
浮世絵は、植木屋・伊東伊兵衛の庭で、大勢の人
がつつじの花を眺めている様子を描いています。
ソメイヨシノ(染井吉野)は、江戸時代に、ここ
染井村の植木職人によって誕生、売り出された
ので、その名前にソメイの文字が付けられたそう
です。
染井村の「吉野桜」は、本家である吉野(奈良)
の桜と区別するために「染井吉野」と名付けた
そうです。

先日、とあるテレビ番組(林先生の言葉塾)で、
「ソメイヨシノ(染井吉野)」の起源を次の様に
説明していました。
それによると、
”当初は「染井桜」で売りだしたのですが、全く
売れません。
そこで、超有名銘柄である「吉野桜」に
あやかって、「染井吉野桜」として売り出し
たら爆発的に売れました。
これが、日本における「産地偽造」のはじまり
だそうです。”
(これは、林先生が、冗談半分で、面白おかしく
 説明したのでしょうが・・・)
幕末に来日したイギリス人・植物学者のロバート
・フォーチュンは、染井村について下記の様に
書いています。
「この村は、全体が多くの苗樹園で網羅され、
それらを連絡する一直線の道が、一マイル
(1.6キロ)以上も続いていて、鉢植えや
路地植えのいずれも、数千の植物がよく管理
されている。
私は世界のどこへ行っても、こんなに大規模に
売り物の植物を栽培しているのを見たことが
ない。」
通りの入口が少し分かりにくいですが、駒込駅
から染井通りに入り、この通り沿いに、江戸
時代の染井村の面影を残すポイントを見物し
ながら、染井通りの終点の染井霊園まで歩き
ます。

染井通りを少し右に入ると、写真の「門と蔵の
ある広場」がありました。



案内板によると、この門は近くにあった津藩
・藤堂家の下屋敷の裏門を移築したものだ
そうです。


藤堂家の門の前を進むと、駒込小学校があり、
校門前を左折、ソメイヨシノ桜のアーチの中を
歩いて行くと、下の写真の西福寺と染井稲荷
神社がありました。




西福寺の案内板によると、ここに将軍徳川吉宗の
お抱えの植木職だった伊藤伊兵衛の墓があるそう
です。

津藩・藤堂家に植木職として勤めていた染井村の
伊藤伊兵衛は、徳川吉宗から江戸城内の植木の
管理をも任されていたほどの植木師だったそうです。

染井通りに戻り、東京スイミングセンターを過ぎ
ると、染井霊園です。


ソメイヨシノザクラ満開の染井霊園には、写真の
案内板にある様に多くの著名人が眠っています。



(二葉亭四迷の墓、本名:長谷川辰之助)

(岡倉天心の墓)

(高村家の墓:高村光太郎と妻智恵子、高村光雲)


駒込駅へ向かう帰り道に、六義園の前を通ると、
「枝垂れ桜満開」の看板が!



入ってみます。(300円)



写真の様に、枝垂れ桜は、完全に満開で、どちら
かというと、少し散り始めています。



枝垂れ桜は、夜間ライトアップもしていますヨ。


吹上茶屋の抹茶セット(500円)で一休みします。


帰り道に、駒込駅のホームに立って初めて気付き
ました。


そうか、駒込(染井村)は、江戸時代に日本最大
の植木の産地だったことを示すために、ホームの
前の植木が綺麗に刈られているんだ!

コメント (6)

JR九州・後藤寺線「世界記憶遺産」 2014.3.18

2014-03-19 00:08:25 | Weblog

(写真は、昔の「手掘り」の採炭現場のジオラマ)
実家の熊本で急用が発生したため、先週の3月
13日(木)から、昨日・18日(火)迄、帰省
して来ました。
実家の熊本から帰京する際に、航空便の都合で、
熊本から福岡空港へ向かいました。
飛行機の待ち時間を利用して、鉄道ファンの私は、
以前から乗りたいと思っていたJR九州・後藤寺線
に乗って来ました。
また、後藤寺線の終点近くの博物館には、「世界
記憶遺産」の絵画が展示されていますので、
こちらも楽しみです。

JR博多駅から筑豊線に乗り、新飯塚駅で、後藤寺
線に乗り換えます。
後藤寺線は、新飯塚駅が始発で、終点の田川
後藤寺駅まで、ワンマン・1両で、僅か20分の
短い路線です。(博多駅から後藤寺駅まで910円)





(田川後藤寺駅)



また、田川後藤寺駅は、ピンク色でカラフルな
平成筑豊鉄道の始発駅でもあります。
博多駅→ (JR筑豊線)→新飯塚駅→(JR後藤寺線)
→ 田川後藤寺駅→ (西鉄バス)→ 石炭記念
公園口


バス停・石炭記念公園口から徒歩5分の「田川市
石炭歴史博物館」(210円)に入ると、明治から
昭和初期に炭鉱で栄えた田川市の炭鉱遺跡が
見学出来ます。(月曜休館)

博物館に入ると、パワフルでレトロな”炭鉱の町”
へタイムスリップします!!


ホントに、当時の炭鉱町の活気ある懐かしい
雰囲気が伝わってきますよ!


私も、台所に立つお母さんの人形の姿に、子供の
頃の母の姿を思い出しました。

炭鉱住宅の間取りが再現され、当時の暮らしを
見ることが出来ます。


以下は、昔の採炭現場の「手掘り」のジオラマの
写真です。



今日の日本の繁栄、我々があるのは、この人達の
ご苦労のお陰だと思いますね。
女や子供も重労働を強いられた過酷な作業現場
です!

(近代的な採炭現場のジオラマ「機械採炭」)


(地下深部の石炭を採掘するための竪坑の巻き上げ機)


(竪坑の動力用として設置された蒸気機関の排煙用
煙突:高さ45メートルのレンガ造り「二本煙突」)

(炭鉱夫の像) 

(三井 田川伊田抗 模型)


上の写真は、土産物屋の「石炭ソフトクリーム」
です。黒い色は竹炭でしょうか。(300円)
店員さんが、口の周りが黒くなるかも知れません
が、水で洗うと直ぐに落ちますよ、と説明して
くれます。石炭ソフトは、見かけに寄らず美味し
かったですよ!

また、ここの博物館には、世界記憶遺産の「山本
作兵衛」の絵画が展示されています!
平成23年に、山本作兵衛コレクションが日本最初
のユネスコ世界記憶遺産に登録されました。
昨年、藤原道長の「御堂関白記(国宝)」と、
支倉常長の「慶長遣欧使節関係資料(国宝)」が
登録されたので、国内では、現在、3点になりました。
海外では、有名なイギリスのマガナカルタ等の他、
最近ニュースになったオランダのアンネの日記等
が世界記憶遺産に登録されています。

山本作兵衛は、明治25年に福岡飯塚市に生まれ、
7歳から63歳まで炭坑で働きました。
昭和30年代、筑豊のヤマの灯が次々と消えてゆく
中、筑豊炭田の記憶を後世に残そうと、1,000枚
を超える炭鉱記録画の制作を行ったそうです。

自らの体験のもと、筑豊の炭鉱の仕事、それを
取り巻く生活、社会情勢などを詳細に描いた
墨絵と水彩画です。

絵の余白に書き込まれた解説文により、筑豊の
ヤマの情景が蘇ります。
丹念に書き込まれた絵の記憶力の確かさに驚き
ますし、力強い筆運びに、何としても記録に
して残したい、という執念にも似たものを
感じました。

絵画は撮影禁止のため、上の写真は、開館30周年
記念の「世界記憶遺産展」パンプレット(800円)
を撮影したものです。


博物館の帰りは、西鉄の特急バス(1,450円)で、
福岡空港の近くの繁華街まで戻ります。
石炭記念公園口→ (西鉄バス:ノンストップ) →
天神バスセンター→(地下鉄)→福岡空港
コメント (8)

逗子の浄楽寺 2014.3.12

2014-03-18 05:28:39 | Weblog

(写真は、運慶作の毘沙門天像)

関西に住む友人が上京し、「運慶作の五体の
仏像」を観たいというので、一緒に、逗子
(横須賀市)の浄楽寺へ行って来ました。
(拝観には、事前予約が必要)


(JR逗子駅)

JR横須賀線の逗子駅で降りて、長井・大楠芦名口
方面行きの京急バスで約40分、「浄楽寺」バス停
で下車します。



浄楽寺の境内には、近代郵便の創始者である前島
密の墓もあるそうです。

浄楽寺は、1189年に、鎌倉幕府創設初期の有力者
である侍所・別当の和田義盛が建立したそうです。
和田義盛は、源頼朝の挙兵に従った武将です。
頼朝亡き後は、御家人の権力争いで北条義時と
対立し、由比ヶ浜の和田合戦で討ち死にしました。
浄楽寺の阿弥陀三尊像・不動明王像・毘沙門天像
は、運慶の真作として確認されています。
しかも、運慶作と確認されたのは、昭和34年と、
比較的最近だそうです。

鎌倉にも運慶作と伝わる仏像が数多くありますが、
運慶の真作として確認されているものはありません。
毘沙門天像の胎内にあった銘札から、運慶が義盛
と夫人のために造立したことが判明しています。
運慶作の仏像は、男性的で力強く、身にまとう
衣の”ひだ”も、まるで水が渦を巻く様に深い
のが特徴だそうです。

浄楽寺の本堂の右手を奥に進むと、本堂の裏手に
五体の仏像の収蔵庫がありました。
高床でコンクリート造りの収蔵庫の扉には、
厳重に鍵が掛けられていました。
住職さんに鍵を開けてもらい、色々と質問し
ながら、「運慶作の五体の仏像」をゆったりと
拝観します。(拝観料 100円)
(お寺のパンフレットによると、毎年3/3、10/19
の2回のみ開帳されるみたいです。)

写真撮影は禁止なので、以下の写真は、お寺で
売っている絵葉書の写真です。
以下の3枚の写真は、いずれもヒノキ造りの
阿弥陀三尊像で、上から、阿弥陀如来、観音
菩薩、勢至菩薩の順です。






阿弥陀如来は、近くで観ると、想像よりも大きく
迫力があり、優しいお顔をしていらっしゃいます。
以下の2枚の写真の不動明王と毘沙門天は、全身
が写実的で実在感があり、ポーズは躍動感があり、
形相はすごい迫力で、玉眼(水晶の目)が凄みを
増しています。

(不動明王像)


(毘沙門天像)
運慶は奈良の仏師なのに、何故、逗子に運慶作の
仏像があるのか、というのが大きな歴史上の問題
です。
上の写真の毘沙門天像の、はち切れんばかりの
リアルな肉体から、現在は、運慶が東国に来て、
初めて見た東国武将を彫刻したのではないか、
と言われています。
毘沙門天と言えば、戦国武将の上杉謙信は、自ら
を毘沙門天の生まれ変わりと考えていました。
これは、毘沙門天が北方の守護神であるため、
自分の国(越後)は京都から見て北の方角にある
ので、朝廷に対して、都の北をお守りします、
という気持ちがあったからだ、と言われています。
逗子の浄楽寺から、いったん、横須賀へ戻ります。
横須賀へ戻ったついでに、「戦艦三笠」と
「横須賀軍港めぐり」に寄り道してから、横浜へ
帰ります。

「戦艦三笠」(500円)



(副砲の操砲風景)
戦艦三笠は、日露戦争中、東郷平八郎が指揮した
連合艦隊の旗艦であり、明治38年、日本海海戦に
おいて、ロシアのバルチック艦隊38隻を撃滅しました。
「YOKOSUKA軍港めぐり」(1,200円)

横須賀ダイエーの脇に「YOKOSUKA軍港
めぐり」の汐入船乗り場があります。

一時間毎の出航で、結構人気のクルーズみたい
なので、休日は予約してから行った方が良さそう
です。

横須賀港と田浦港を、45分で遊覧します。

米軍や海上自衛隊の空母、潜水艦、イージス艦
などを真近に見ることが出来ます!
各艦の1隻毎の説明、湾岸の米軍、自衛隊、
研究所、工場などの説明も面白いです。
艦船に書かれている数字の意味等、ガイドの
おじさんの分かり易く、よどみの無い説明は、
なかなかのものです!

(空母ジョージワシントン)

(潜水艦)
コメント (8)

散歩の寄り道(その27:大江戸温泉 物語)2014.3.11

2014-03-11 23:55:17 | Weblog

(写真は、フィッシュ・セラピー)
お台場界隈をウォーキングした後、ひと汗流そう
と、大江戸温泉(平日料金:1,980円、土日祝:
2,180円)に立ち寄ります。
大江戸温泉物語は、ゆりかもめ「テレコム
センター」駅から徒歩2分です。
東京テレポート駅などからの無料巡回シャトル
バスもあります。
また、車でのアクセスも便利です。
大江戸温泉の入口横に「綱吉の湯」があります。



ここは、何と!ペット専用の温泉施設。”大江戸”に、”犬”に、”綱吉”か、なるほどね!

下の写真は、大江戸温泉の全景と入口です。



受付を済ませて、奥のカウウンターで、自分の
好きな浴衣と帯を選び、ロッカールームへ。
浴衣に着替えてから、そのまま「火の見櫓広場」へ向います。
この広場は、真ん中に建つ火の見やぐらを囲む
ようにたくさんのお店があります。

江戸の町を思わせる雰囲気で、皆さん、浴衣の
ままで食事やゲームをしているので、賑やかな
夏祭りの様です!



居酒屋、和食処、甘味屋、蕎麦屋、ラーメン屋
など、食事処が充実しています。

中央にテーブルがあり、好きなものをセルフ
サービスで食べる方式です。
和風の小物の店や、縁日コーナー、ゲーム
コーナーなども並んでいて、若いカップルが、
色々な遊びに興じています。









また、リクライニングチェアが並ぶレストルーム
や、畳敷きの大広間もあり、長時間くつろぐこと
もできます。
外国人向けの観光ルートにもなっているらしく、
中国や韓国の人々も多く見かけます。
全体的に、平均年齢層は非常に若い感じで、特に
若い女性が多く、賑やかで活気があります。

次に、この火の見櫓広場から、露天の足湯へ向います。

足湯は、浴衣着用のため、若い女性のグループや
カップルなどが仲良く足を浸しています。
足湯の奥にある小屋には、「フィッシュ・
セラピー・コーナー」がありました!

膝くらいの深さの足湯に、体長5~6センチの
「ドクターフィッシュ」が元気よく泳いでいます。
ドクターフィッシュは、37℃の温水で泳ぎ、皮膚
の「古い角質」を食べて、肌を綺麗にしてくれる
そうです。
コイの仲間で、トルコに生息しているらしいです。
さっそく、膝上まで浴衣をまくって、足湯の
ふちに腰かけて足を入れてみます。
痛みは全くなくて、軽くつつかれる感じで、気持いい~!

良く見ると、魚達の多くは、周囲の若い女性の
面々の足よりも、私の足をめがけて集まり群がります。
私のかかとは、「古い角質」がたっぷりなのでしょうか?
何か、恥ずかしいな~・・・
15分で、1,575円と少し高いですが、でも、
貴重な体験なので、ここは行く価値があると思います。
露天の足湯のフィッシュ・セラピーから、建物の
中へ戻り、再び火の見櫓広場を通り、温泉の
大浴場へ向かいます。
また、大浴場には、別料金で岩盤浴などもあります。

大江戸温泉は、近隣には観光スポットや大型商業
施設も多数あるので、これらの見学を絡めた
プランを練った方がよいと思います。
コメント (8)

散歩の寄り道 (その26:築地場内 市場 ) 2014.3.11

2014-03-10 23:13:05 | Weblog

(写真は、築地場内市場の「ターレ」)

皆さんは、築地の場外市場には、行ったことが
あると思いますが、場内市場へは、どうでしょうか?
大江戸線・築地市場駅のA1出口から徒歩1分と
交通至便なんですよ。
場内市場の正門は、築地市場駅からすぐで、朝日
新聞社と国立がんセンターの信号の前にあります。

少し気おくれするかも知れませんが、大丈夫!
激しくトラックが出入りしている、その正門の
写真の左手の、守衛さんがいる赤い矢印のところ
から、遠慮なく入って行きます。



正門を入ったら、左手に食堂が並ぶ「魚がし横町」
を目指します。

しかし、その途中は、歩ける通路は狭く、水や
氷で濡れています。

そして、下の写真の「ターレ」と呼ばれる運搬車
が、人混みや、お店の間の細い道を、猛烈な
スピードで、縦横無尽に走り回っています。

ターレは、車の様なエンジン音があまりしない
ので、後ろから来ていても、全然気づかない事
があります・・・
”最近、場内での交通事故が増えています!”と、
アナウンスも流れています。
そう、十分な注意が必要です。
写真を撮る時は、邪魔にならない様に、前後左右
を十分に確認して、くれぐれも、轢かれないよう
にご注意ください。

場内市場へは、中国、韓国、欧米の人達も大勢
来ています。
私の前の職場の同僚は、出社前に、わざわざ、
ここへ朝食を食べに来ていました!

「魚がし横町」の営業時間は下の写真の様に、早朝
からです。


昼食時間は混雑するので、遅くともお昼前までに
行った方が無難だと思います。









場内の有名な寿司店は、長蛇の列です・・・



下の写真の「鮨文」(すしぶん)へ。

カウンターのみの10席くらいの狭い店内です。
せっかくなので、3,675円の「おまかせコース」を注文します。

店内は写真撮影は禁止だったので、代わりに
お店のメニューの写真を載せました。
10貫+巻物3個+自家製卵焼き+しじみの味噌汁
のセットです。
最初に、白子のポン酢の軍艦巻きが出て来ました。
たっぷりのねっとりした白子が、ポン酢とよく
合ってます。
その後のウニも新鮮そのもの!
崩れるくらい白子もウニも山盛りなので、この
軍艦巻きは、手で持って食べて下さいと言われました。
大トロ等のその他の寿司も、ネタが抜群!絶品
でした。
さすが場内!

下の写真の場内の出口から場外へ向かいます。


下の写真はチェーン店「すしざんまい」の本店
です。


毎年、大間の本マグロの初セリで、数千万円の
市場最高値で落札するのは、ここの社長です。
そして、この店で解体ショーを行うので有名に
なりました。
次の写真は、テリー伊藤の兄さんが経営している
玉子焼き屋です。

ご存知の様に、「場内」 は豊洲へ移転してしまう
のですが、写真の看板によると、「場外」 の店は
このまま残るらしいです。

ちなみに、場内市場は、日曜・祝日のお休みに
加えて、水曜がお休みになる事が多いので、
お出かけの際は、お気を付けください。
コメント (12)

大倉山・観梅会 2014.3.8

2014-03-08 15:59:13 | Weblog

(写真は、大倉山の満開の”枝垂れ梅”)
本日(8日)、外出のついでに、大倉山駅で
途中下車して、観梅会へ行って来ました。

大倉山は、オシャレなエルム通り商店街で有名
です。
東急・大倉山駅の改札の前の急な坂道を5分ほど
上るともう大倉山公園の梅林で、三渓園と違って
交通至便です。

先ず、大倉山記念館を覗いてみます。(入場無料)

大倉山記念館は、大倉洋紙店の社長だった大倉
邦彦が建てた精神文化研究所だったそうで、
東急・大倉山駅の駅名も、この大倉邦彦の名に
よるものらしいです。



梅林への通路は、タコ焼き、焼きそば等の露天商
が出ていて、完全にお祭りムードです。



晴天にも恵まれ、大倉山公園の梅林は、花見の
大勢の人たちでごった返していました。





着物を着た高木学園高校の女生徒が、”野だて”
をして、抹茶を振る舞ってくれます。
(お菓付きで300円)



梅を観ながら、野だてで抹茶を頂くなんて、
なんとも風情がありますね。

ステージでは、子供達が八木節を踊っていました。


梅林の梅を使用した梅酒の試飲(無料)・販売も
やっています。


シートを敷いての梅見の宴会があちらこちらに
見られ、まるで、桜のお花見のような風景です。


三渓園で覚えた緑萼(りょくがく)梅が、
ここでも観られました。




1番の人気スポット”枝垂れ(しだれ)梅”は、
満開で圧巻です!




大勢の人がカメラを構え、順番待ちです。


(大倉山公園から武蔵小杉の高層マンション群を望む)
コメント (6)

三渓園・観梅会 2014.3.4

2014-03-05 08:29:03 | Weblog

(写真は三渓園の梅)

昨日(3月4日)は、少し寒かったですが、晴天と
梅の便りにつられて、横浜の三渓園(入園料
500円)の観梅会へ行ってきました。
観梅会は、2月15日から3月9日までで、土日
には猿回しなどの催し物もやっています。
梅見は毎年、近場の三渓園か大倉山へ行きますが、
時には、湯河原や水戸へも足を伸ばします。
三渓園は、製糸業で儲け、一代で大富豪となった
原三渓が、横浜・本牧の広大な敷地(175,000㎡)
に造った日本庭園です。

庭園には、京都や鎌倉などから移築した重要
文化財の建物が多数点在し、落ち着いた景観の
横浜市民憩いの場です。

昨日は、平日ということもあり、梅の季節に
しては、園内は比較的ゆったりしていました。
正門から入ると、正面に大きな池が広がり、奥に
三重の塔が見えます。



三渓園へは、何度も行っていますが、全体を
廻ると2時間以上かかり大変なので、1度で
全体を廻ったことはありません。
広い園内には、カメラ片手に梅の花を撮る人々が
のんびりと散策していました。

高齢者グループ、女性同士、カップルが多いです。

ウメの花は全体としては5分咲き位でしょうか。



上の写真の「初音茶屋」では、お客に無料で
温かな麦茶を提供していました。
囲炉裏にあたりながら、香ばしい麦茶を飲むと
体も温まります。

上の写真は、南門手前の中国原産の緑萼梅
(りょくがくばい)です。
花弁の付け根のガクの部分が緑色なので、「緑
萼(がく)梅」というそうです。

(臨春閣)


(旧東慶寺仏殿)

(旧燈明寺三重塔)

上の写真は、千利休が刺客に襲われたとき、体を
かわしたので流れた刀が当ったという「身代りの
灯籠」だそうです。



(鶴翔閣)

(展望台からの眺め)


園内の梅を一通り観て廻ったあとで、お茶に
します。
三渓園記念館の抹茶にするか、池のそばの茶屋の
甘酒・みたらし団子にするか、迷いましたが、
写真の抹茶にしました。(500円)


三渓園は、アクセスの便が悪いのが難点です。

横浜駅・東口のバスターミナルの2番乗場から
バスで40分もかかります。
「桜道」か「本牧三渓園前」で降りて、徒歩5分
ですが、降りた後も少し分かりにくいです。

JR根岸線・根岸駅、地下鉄・横浜中華街駅からも
バスがありますが一長一短です。
その点では、車の方が便利ですが、土日は駐車場
が満杯の可能性大です。

桜の時期はライトアップもあるみたいですよ。(3月29日~4月6日)
コメント (10)