ウォーク更家の散歩 (東海道、中山道、日光街道、奥州街道)

http://www7b.biglobe.ne.jp/~akamine/
中山道を歩く(完全踏破の一人旅)

総武線に沿って(その6) 4km

2006-11-30 23:14:22 | Weblog
(写真は海浜幕張駅前からの風景)

総武線に沿ってウォーキングを続けます。(6日目)

津田沼 ⇒ 幕張本郷 ⇒ 幕張  

ふ~っ!千葉は遠いな~!

予定だと今夜は千葉駅に着く予定なのですが、
何せ、昨夜は完全に道に迷ってしまうし・・・
でも、狭くて廃棄ガスもひどい14号沿いに
歩く気もしないし・・・

という訳で、今夜も懲りずに住宅街を歩きます。

今夜の地図の全体感を頭に入れていなかったせいか、
幕張本郷駅を過ぎた辺りから、又、方向感がおかしくなり、
2夜連続の”ギブアップ!”、前途、多難!

仕方なく、いったん、住宅街の屋根の上に
かすかに見える幕張メッセの高層ビル群を目指します。
幕張駅とは、方向違いで大回りになりますが、
海浜幕張経由で幕張駅というルートで、仕方ありません。

写真の海浜幕張駅に着きました。

これだけ大きなオフィスビル街なのに
飲み屋街らしきものが見当たりません。
この辺のサラリーマンは、仕事帰りの
一杯をやらないのでしょうか?
皆さん、我が家へ直行?

う~ん?不思議、謎だ?眠れない!



 
コメント (4)

総武線に沿って(その5) 7km

2006-11-29 00:46:03 | Weblog
(写真は、やっと、たどり着いたJR津田沼駅)

総武線に沿ってウォーキングを続けます。(5日目)

西船橋 ⇒ 船橋 ⇒ 東船橋 ⇒ 津田沼

・千葉街道(14号線)
  このあたりの14号は狭く、車も渋滞していて、
  廃棄ガスもひどいので、14号沿いに並行して
  裏道の住宅街を歩きます。

  この辺りの住宅街の道は、曲がりくねっていて、
  いくら歩いても、なかなか真っ直ぐな道に出ません・・・

  行けども、行けども、真っ暗な住宅街・・・
  ”ここはどこ?私は誰?”、やがて、”ギブアップ!”

  仕方なく、取り敢えず、磁石を頼りに、
  ひたすら東の方向へ歩きます・・・

  やがて、寂しい畑に出てしまいました・・・

  でも、畑の向こうに、かすかに
  「ユザワヤ」のネオンが見えます・・・
 多分、あそこが津田沼駅でしょう。

  その「ユザワヤ」のネオンを目指して
  畑の中を歩いてゆくと、やがて、住宅街に・・・

  住宅地の向こうから、サラリーマン風の人達が、
  ゾロゾロと歩いて来ます。
  この人の流れを逆に行けば、多分、津田沼駅に、
  たどり着くでしょう。

  ⇒ 正解!、やっと、津田沼駅にたどり着きました。
    やれやれ・・・船橋周辺のウォーキングは、
    Aクラスの技術を要します。
    未だ、修業が足りんな~!
コメント (4)

総武線に沿って(その4) 6km

2006-11-27 22:03:47 | Weblog
(写真は法華経寺:左は大銀杏の木)

総武線に沿ってウォーキングを続けます。(4日目)

市川 ⇒ 本八幡 ⇒ 下総中山 ⇒ 西船橋

・法華経寺
  下総中山駅の案内板につられて、
  駅から法華経寺まで、歩いてみました。

  全く想像しなかった程に広い境内で、
  大きな銀杏の木が色付き見事です。
  すっかり、秋ですな~!

  広い境内の中に、五重塔、本堂、寺院、山門など
  が配置されており、散策には最適です。

  競馬場のイメージしか無かったこの駅に(失礼)、
  こんな立派なお寺があるとは思わず感動!

  お寺の案内板を見ると、鎌倉時代からの
  由緒あるお寺みたいで、昔はこの下総の国の
  中心だったのかも知れませんね。

  立派な赤い山門を入ると、茶店・土産物屋が
  並び、なかなか良い雰囲気ですよ。
コメント (5)

総武線に沿って(その3) 6km

2006-11-24 00:17:23 | Weblog
(写真は江戸川を渡る総武線:市川橋から撮影)

総武線に沿って、仕事帰りのウォーキングを
続けます。(3日目)

平井 ⇒ 新小岩 ⇒ 小岩 ⇒ 市川

・荒川、江戸川を渡る総武線
  総武線は平井を過ぎると荒川を渡り、
  更に、小岩を過ぎると江戸川を渡りますが、
  鉄道ファンの私は、その壮大な光景に
  思わず感動してしまいます。

  何せ、電車の長さが、この広い川幅と
  同じ位の長さがあるために、電車が
  鉄橋の端から端まで掛かってしまいます。

  普段、東京駅で見ている15輌編成の
  電車の15輌の長さを、川を渡る光景で
  ホントに実感して、感動してしまいます。

  だって、私の田舎では、せいぜい6輌編成
  くらいで、それも、1時間に1本程度しか
  無いですものね。

  その15輌編成の電車が、数分間隔で、
  次々に、満員の人を乗せて川を渡る光景に、
  田舎者の私は、首都圏の懐の深さに感動です!

  そう言えば、子供の頃、田舎で、
  これに負けない位の長さの貨物列車を
  よく見たのですが、あのJR貨物列車は、
  何処へいってしまったのでしょうかね。

・蔵前橋通
  総武線に沿ってウォーキングするため、
  総武線とほぼ並行して走る蔵前橋通り沿いに
  歩き続けます。



  
コメント (5)

総武線に沿って(その2) 7km

2006-11-23 08:41:24 | Weblog
(写真は亀戸天神)

総武線に沿ってウォーキングを続けます。(2日目)

両国 ⇒ 錦糸町 ⇒ 亀戸 ⇒ 平井

・亀戸天神
  夜7時、写真の様に散歩する人が一人も
居ません。
  
・亀戸中央商店街
  人通りもまばらで、シャッターの
  閉まっている店も多いです。
  金曜の夜8時なのに、東京の中心の
  下町の商店街にも、空洞化の波が
  押し寄せているのでしょうか?
  
・亀戸緑道
  亀戸駅から南へ向かって散歩道が伸びていたので、
  終点のダイエーまで往復してみました。
  案内板を見ると、都電が廃止された際、
  その跡地を散歩道にしたそうです。
  跡地を道路にしないで、散歩道にしたのは、
  素晴らしいですよね!
  途中に、トイレもあり、寒い日には、
  ホントに助かります!
  
コメント (7)   トラックバック (1)

総武線に沿って(その1) 4km

2006-11-22 00:11:46 | Weblog
(写真は両国駅の手前から、隅田川を渡る総武線を撮影)

いや~!今週の日曜の夜の
NHKの現代スペシャル、見ました?

そう、メタポリック症候群の予防という
テーマで、毎晩、1万歩を歩くお父さん達!

いやー、刺激を受けましたね~!
特に、北海道に単身赴任のお父さんが、
夜に一人でウォーキングする姿には、
感動しましたね。

という訳で、私も負けずに、
総武線沿いに、東京駅から千葉駅迄、
仕事帰りに歩くことにしました。

ざっと40キロといった感じでしょうか?
よ~し、頑張るぞ!
 
東京 ⇒ 神田 ⇒ 秋葉原 
⇒ 浅草橋 ⇒ 両国 

両国駅周辺の「ポパイ」という店で、
ビールを一杯!これからの新しい旅の
スタートです。

この店は、世界の40種類のビールが
飲めるのが売りなんですが、特に、
エールビールが、私のお薦めです。
コメント (5)

雨の日の散歩道 2km

2006-11-16 22:52:25 | Weblog
皆さんは、雨の日のウォーキングは、
どうしていますか?
⇒中止に決まってるんじゃないの?

そうですね、そういう人が大部分だと思いますが、
医者から、必ず毎日、1万歩は歩く様にと
言われている私としては、そういう訳にはいきません。

という訳で、東京駅を出発点として、
雨の日の散歩道のご紹介です。
(写真は、11/11の雨の東京駅)

東京駅・日本橋口の地下道をスタートして、
地下鉄大手町駅から日比谷通りの下の
延々と続く地下道を、二重橋前駅、
日比谷駅と歩きます。

更に、晴海通りの下の地下道を
銀座駅まで歩いてゴールです。

全体として殺風景な散歩道ではありますので、
途中で、オアゾ、丸ビル、有楽町マリオン
などを覗きながら歩けば、約1時間の
雨に濡れない立派な散歩道となります。

それにしても、東京は色々な種類の
案内本/地図が山ほど出版されているのに、
なぜ「地下道案内」は、
1冊も無いのでしょうかね?
出版したら売れると思いません?

コメント (5)

散歩の道具(その4:散歩案内の本)

2006-11-07 22:42:05 | Weblog
これからウォーキングを始める人のための
散歩ナビとしては、写真の本の様な、
散歩コース案内が良いと思います。

写真の「横浜散歩・新発見32コース」(昭文社)を
全部歩いてみましたが、なかなかマニアツクな
散歩道があったりして、結構、楽しめました。

例えば「保土ヶ谷~南太田」2時間半のコースでは、
「犬の写真」付きで「ここでは玄関先の犬が吠えるので
ビックリしないようにしましょう」とある場所の
前を通ったら、本当に、いきなり、写真の通りの
犬に吠えられて、思わず笑い出してしまいました。

また、「この道は民家の間の私道なので、あまり
キョロキョロしないで、家の人に挨拶しましょう」
とあり、「おいおい、人の家の庭を勝手に
散歩道に指定するなよ」という感じで、
マイナーでマニアックな部分が多く楽しめます。

横浜以外にも出ている様ですので、
皆さん家のお近くの版を手に入れて
散歩されることをお薦めしますよ。
コメント (5)